2016年9月27日 《ニュース》:2016 Reaxys PhD Prize Winners発表

<ニュース>

2016 Reaxys PhD Prize受賞者3名を発表。

日本の大学からは東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻
姜 志亨(カン・ジヒョン)さんが受賞されました。

2016/09/27  

 

IMG_0264.JPG 

本年8月にノミネートされた10名のセミファイナリストは、9月23日にイギリス、ロンドンで開催された2016 Reaxys PhD Prize Symposiumにて15分間の口頭でのプレゼンテーションを行う資格を与えられ、この口頭でのプレゼンテーションでは、研究の独創性、革新性、関連性、および方法論の厳格さに基づいてReaxysアドバイザリーボードならびにPrizeコーディネーターいによって厳格な審査が行われ、3名の受賞者が選定されました。

2016 Reaxys PhD Prizeの受賞者は、以下の3名の皆様となります。 おめでとうございました。

東京大学大学院工学系研究科  化学生命工学専攻
相田研究室  姜 志亨(カン・ジヒョン)さん
発表タイトル:A rational strategy for the realization of chain-growth supramolecular polymerization published

Pascal Ellerbrock from the Trauner group, Ludwig-Maximilian University of Munich
ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン Trauner研究室  Pascal Ellerbrockさん
発表タイトル: Biomimetic Synthesis of Dibefurin and Epicolactone
                                                                                                                                                                      
Jamie Hicks from the Jones group, Monash University
モナシュ大学 Jones研究室  Jamie Hicksさん
発表タイトル:Utilising Extremely Bulky Amide Ligands to Stabilise Highly Reactive Two-Coordinate 
 Transition Metal Complexes bearing Mixed Metal-Metal Bonds

                                                                                                                                                                             

Reaxysについて
Reaxysは、構造/特性/反応データ、実験手順、および論文の提供を通じて、化学の研究・開発を支援するデータベースです。早期創薬開発、教育、材料選定、および合成計画の支援を目的として設計されており、インハウスデータと外部データの円滑な分析を実現するためのデータのエクスポートと統合などの機能が搭載されています。必要とされているデータを提供するReaxysは、化学者の生産性向上に貢献します。 www.elsevier.com/reaxys

ReaxysはRELX IntellectualProperties SAの商標であり、ライセンスに基づいて使用されます。

#            #            #

<関連ページ>

2016年8月5日 《プレスリリース》: (日本語)
  エルゼビア、ロンドン開催のシンポジウムで研究成果を発表する Reaxys(R) PhD Prizeファイナリスト10名を決定

2016 Reaxys PhD Prize - 45 Finalists (英語)

2017 Reaxys PhD Prize 事前申込みサイト(英語)


<本ニュースに関するお問い合わせ>

エルゼビア・ジャパン株式会社 
リサーチソリューションズ マーケティングマネージャー 駒村(コマムラ)
Tel: +81 3 (5561) 5034 / jp.pr@elsevier.com