2016年12月9日 《抄訳プレスリリース》: エルゼビア、学術ジャーナルの品質を評価するScopusの新評価指標を無料で提供開始

エルゼビア、学術ジャーナルの品質を評価するScopusの新評価指標を無料で提供開始

《抄訳リリース》

2016年12月8日 アムステルダム発 - 科学・技術・医学関連情報の製品およびサービスの世界有数のプロバイダーであるエルゼビアは、本日、査読文献を収録する世界最大の抄録・引用文献データベースScopusCiteScore(TM)の評価指標群を追加したことを発表しました。これにより、学術コミュニティは5,000を超える出版社のジャーナルの包括的な評価指標に無料でアクセスすることが可能になります。この新しい評価指標群は、論文をどこに出版すべきか、どのジャーナルを購読すべきか、ジャーナルの編集方針をいつ調整すべきか等の意思決定の質を向上させます。

CiteScoreの評価指標群はさまざまな指標で構成され、評価指標のバスケットの一部となることにより、1つの指標だけでは難しいジャーナルの品質についてのバランスの取れた視点を提供します。評価指標のバスケットには、毎年のCiteScore値、毎月更新されるCiteScoreトラッカー、CiteScoreランク、CiteScore四分位、CiteScoreパーセンタイルが含まれます。さらには、SNIP(Source Normalized Impact per Paper)とSJR(SCImago Journal Rank)の評価指標も含まれます。これらの評価指標をScopusに統合することによって引用パフォーマンスについての洞察が得られるジャーナルの数は22,200誌を超えますが、これは現在ジャーナル評価指標のデファクトスタンダードとして使用されているインパクトファクターを持つジャーナルの数の2倍に相当します。

「CiteScoreの評価指標群は、Scopusに収録されているすべてのジャーナルを網羅するシンプルで検証可能なジャーナル評価指標を導入してほしいという、著者やエディターからの圧倒的な要求に応えるために開発されました」と、エルゼビアのジャーナル担当マネージングディレクターであるフィリップ・テアヘーゲン(Philippe Terheggen)は述べています。「我々は、著者がどこに論文を出版すべきかを決める場面、図書館員がジャーナル所蔵を管理する場面、エディターがジャーナルの開発を行う場面において、CiteScoreの評価指標群の価値を見いだしてくれるであろうと信じています。このような意思決定は複数の指標に基づいて行われるべきであるため、エルゼビアは、ジャーナルの引用パフォーマンスを全体的に概観できる一連の評価指標を提供します」

いくつかの出版社が、そのジャーナルの評価指標のレビューに関与してきました。Emerald Publishing社のビジネス・経営・経済分野のジャーナルの責任者であるサイモン・リナカー氏(Simon Linacre)は、次のようにコメントしています。「新しいCiteScore値および関連する各種指標は、研究者が現在利用できるデータの範囲を、従来よりもはるかに深く、かつ幅広いものにしてくれます。特に、社会・応用科学分野の著者は、その研究成果の学術的な影響をより深く理解することで、この評価指標の恩恵を受けることになるはずです」

CiteScoreの評価指標群は、算出の根拠となるScopusのデータにワンクリックで簡単にアクセスできるため、透明性が確保されます。また、CiteScoreの一部の指標は毎月更新されるため、ジャーナルの引用パフォーマンスをタイムリーに追跡することが可能になります。さらには、CiteScoreの評価指標群は、誰でも無料でアクセス可能で、Scopusに収録されているすべての定期刊行物(会議録を含む)で利用できます。

【参考サイト】

[Scopusについて]

Scopus(スコーパス)は、エルゼビアが提供する世界最大級の抄録・引用文献データベースです。全分野(科学・技術・医学・社会科学・人文科学)、世界5,000社以上の出版社の22,200誌以上のジャーナル、5,200万件以上の文献を収録しています。1800年代からの抄録に加えて、1996年以降の論文は参考文献も収録しています。新たに書籍の搭載も開始しました。豊富なデータ量と使いやすさにより、文献検索から評価分析や教育ツールまで、さまざまな用途で活用されています。

[エルゼビアについて]

エルゼビアは、オランダ・アムステルダムに本社を置き、世界24カ国に7,000人以上の従業員を擁し、科学・医療・技術関連情報の製品およびサービスの提供を専門とする世界有数の企業です。

各分野の専門家の能力を最大限に引出すため、迅速によりよい判断や最適なケアを提供しています。人類の知的領域や進歩の限界を押し広げる画期的な世紀の大発見をサポートするなど、多岐にわたり信頼できるコンテンツや最先端のテクノロジーを配信し、イノベーションを推進しています。また、ウェブを中心にした電子ソリューション(ScienceDirectScopusElsevier Research IntelligenceClinicalKeyなど)に加え、The LancetCell などを含む2,500誌以上のジャーナルや代表的なレファレンスワーク(大型参考図書)を含めた35,000点を超える書籍を刊行しています。

エルゼビアは、さまざまな業界の専門家と企業に情報と分析サービスを提供する世界でもトップクラスの情報プロバイダーであるRELX Groupの傘下企業です。詳しくは以下のホームページをご参照ください。

http://www.elsevier.com (英語サイト) / http://www.elsevier.com/jp (日本語サイト)

#            #            #

報道からのお問い合わせ(広報窓口)

Elsevier (アジア太平洋担当)
コーポレートリレーションズ アジア太平洋地区担当 ディレクター Jason Chan (ジェイソン チャン)

Tel: +65 9177 8358 / j.chan@elsevier.com

本プレスリリースの日本国内におけるお問い合わせ:
エルゼビア・ジャパン株式会社
リサーチソリューションズ マーケティングマネージャー 駒村(コマムラ)

Tel: +81 3 (5561) 5034 / jp.pr@elsevier.com

# # #

プレスリリースEnglishプレスリリース日本語pdf

# # #