2016年10月6日《ニュース》:NISTEPがScopusデータを利用した報告書を公開

<ニュース>

2016 NISTEPがScopusデータを利用した報告書を公開

2016年10月6日 

10月6日、科学技術・学術政策研究所(NISTEP)から報告書「ジャーナルに注目した主要国の論文発表の特徴-オープンアクセス、出版国、使用言語の分析-」が公開されました。本報告書における調査では、ジャーナルと論文使用言語の収録範囲を考慮し、エルゼビアのScopusを使用して2004年から2012年に発表された論文を対象に分析が行われ、オープンアクセス(OA)ジャーナルから発表されている論文の特徴、及び主要国(日本、米国、ドイツ、フランス、英国、中国、韓国)の論文発表の特徴が明らかにされています。

                                                                                                                                                                       

<関連ページ>

下記NISTEPホームページにて報告書の閲覧とダウンロードができます。
 http://data.nistep.go.jp/dspace/handle/11035/3150
→ http://www.nistep.go.jp/archives/29224


<本ニュースに関するお問い合わせ>

エルゼビア・ジャパン株式会社 
リサーチソリューションズ マーケティングマネージャー 駒村(コマムラ)
Tel: +81 3 (5561) 5034 / jp.pr@elsevier.com