2015年12月14日 《ニュース》:サイエンス・リンケージの計量経済学的解明に、Scopusが寄与

<ニュース>

生命科学分野のスター研究者におけるサイエンス・リンケージの

計量経済学的分析にScopusが寄与

 
2015年12月14日、京都大学大学院経済学研究科 依田 高典教授と文部科学省科学技術・学術政策研究所 福澤 尚美 研究員 の研究グループは、大学の優れた研究成果が学術界でどのように評価され、特許化やライセンシングを通じて、産業界でどのように応用されるかといった学術の研究成果と産業の研究開発のつながり(サイエンス・リンケージ)の計量経済学的な解明を行いました。そしてこの研究成果は、国際学術雑誌「Scientometrics」誌に掲載されました。

この研究において、エルゼビアのScopusをご使用いただき、論文数、引用数のデータを作成しました。総被引用数が多い順でトップ 100名の研究者の抽出を行い、「大学の研究開発力の実態調査」というテーマで、サイエンス・リンケージ関係の調査を実施しました。
本研究成果の詳細については、京都大学の研究成果公開ウェブ頁をご参照ください。

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/151214_1.html

#            #            #

本ニュースに関するお問い合わせ

エルゼビア・ジャパン株式会社
リサーチソリューションズ リサーチマネジメント リージョナルディレクター(日本・韓国・台湾地域統括) 福﨑 (フクサキ)
リサーチソリューションズ マーケティングマネージャー 駒村(コマムラ)
Tel: +81 3 (5561) 5034 / jp.pr@elsevier.com