2013年1月31日:エルゼビア、金沢大学との研究活動分析プロジェクトでSciValRを活用

エルゼビア、金沢大学との研究活動分析プロジェクトでSciVal®を活用

エルゼビア、金沢大学との研究活動分析プロジェクトでSciVal®を活用
― 産学連携活性化と外部資金獲得強化に向けてURAの研究戦略立案を支援 ―

科学・技術・医学分野の学術出版および情報サービス企業大手のエルゼビア社(本社:オランダ、アムステルダム)は、2013年1月31日、金沢大学の先端科学・イノベーション機構とエルゼビアによる共同プロジェクトを終了したと発表しました。エルゼビアの研究マネジメント支援サービスSciValR(サイバル)を活用して金沢大学の研究活動の分析を行い、研究戦略立案に有効な知見を得ました。本プロジェクトは「産学連携推進のための学内シーズ探索」「外部資金獲得のための学内リソースとベンチマーク分析」からなり、2012年の10月から12月の三か月間で実施しました。プロジェクトの成果物は同機構のリサーチ・アドミニストレーション(URA)室で戦略立案の基礎データとして活用されます。

「金沢大学は早くからURAの重要性に着目し、専門員を配置して国内初の全国的研究会を開催してきました。URAにとって、客観的なデータの収集と分析は研究支援の第一歩です。そこでSciVal Spotlight(サイバル・スポットライト)とSciVal Experts(サイバル・エキスパート)のデータを元に、学内の識者のフィードバックを得て、企業と学内シーズとのマッチングおよび外部資金獲得のためのデータ分析を行いました。シーズ分析では学内の研究業績から予想外の産学連携プロジェクトの構想が立ち上がり、また外部資金分析では他の研究機関とのベンチマーク(比較)から金沢大学のとるべき戦略の方向性が分かりました。URA業務のベースとしてこのデータと分析手法を活用し、その他の研究戦略も展開していきたいと思っています」と金沢大学先端科学・イノベーション機構長の山崎光悦副学長は述べています。

エルゼビアの大学研究部門担当バイス・プレジデントのNiels Weertman(ニールズ・ヴェールトマン)は、「金沢大学のURA支援プロジェクトに携わり、弊社の研究者情報システムSciVal Expertsをはじめとした研究マネジメント支援サービスを通じてサポートできたことを大変うれしく思います。引き続き金沢大学の研究戦略のさらなる高度化と効率化を支援していく所存です」と述べています。

プロジェクトの抜粋は以下のとおりです(補足資料別添)。
プロジェクトの目的:

テーマA:産学連携推進のためのマッチングリスト作成
方法:

今後の活用の方向性:

テーマB:外部資金獲得のためのデータ分析
方法:

分析により得られた知見:
大型研究費獲得の可能性の高い研究者を特定する研究業績指標として国内ネットワーク指数と高被引用文献数を検討した結果、

注意:本分析では限られたデータソースとサンプル数から研究戦略に対する示唆を得た。より確度の高い戦略立案には、さらなる追加検証が必要。

# # #

補足資料プレスリリースEnglishプレスリリースpdf補足資料pdf

# # #

【金沢大学について】
金沢大学は、1862年(文久2年)に設置された加賀藩種痘所を源流として150年の歴史を持つ日本の国立大学です。石川県金沢市を中心に3学域16学類5研究科の学生1万人が学んでおり、北陸地域を代表する高等教育機関として「地域と世界に開かれた教育重視の研究大学」の確立を目指しています。2008年に金沢大学URAが主体となって初めて開催したリサーチ・アドミニストレーション研究会は年々規模を拡大しており、第4回の2012年には78機関から203人が参加するなど、活発な議論の場となっています。(http://www.kanazawa-u.ac.jp/)。金沢大学のSciVal Expertsはこちら(http://www.experts.scival.com/kanazawa/)。

【SciVal®(サイバル)について】
SciValは研究マネジメントを支援するエルゼビアのサービスの総称です。研究の強みを可視化するSpotlight(スポットライト)、研究者情報システムExperts(エキスパート)、海外の競争的資金情報を提供するFunding(ファンディング)、研究業績のベンチマーキングを可能にするStrata(ストラータ)などのツールを組み合わせることにより、機関内の研究業績を把握して研究戦略の策定を支援し、業績の内外発信力を高め、研究活動の円滑な拡大をサポートします。SciValの元データは、2004年にエルゼビアが提供を開始した世界最大級の抄録・引用文献データベースScopusR(スコーパス)です。SciValの詳細はこちら(http://www.info.scival.com/)。 Scopusの詳細はこちら(http://www.info.scopus.com/)。

【エルゼビアについて】
エルゼビア(http://www.elsevier.com/)は、科学・技術・医学関連情報の製品およびサービスを専門とする、世界有数の学術出版社です。科学・医療コミュニティーとグローバルに連携してThe Lancet (www.thelancet.com)やCell (www.cell.com) を含む2,000 誌以上のジャーナル、MosbyやSaundersの百科事典を含む20,000点を超える書籍を刊行しています。電子製品としては、ScienceDirect (www.sciencedirect.com)、Scopus (www.scopus.com)、Reaxys (www.reaxys.com)、ClinicalKey (www.clinicalkey.com) 、Mosby's Nursing Suite (www. confidenceconnected.com) などを提供し、科学と医療の専門家の生産性向上をサポートしています。また、SciVal suite (www.scival.com) やMEDai's Pinpoint Review (www.medai.com)は、研究・医療機関における、コスト効率の良い運営やよりよい成果の実現を支援します。

エルゼビアはオランダのアムステルダムに本社を置き、社員7,000 名を抱えるグローバル企業です。エルゼビアは、世界でもトップクラスの出版社かつ情報プロバイダーのリード・エルゼビア・グループ(Reed Elsevier Group PLC)の傘下企業で、Reed Elsevier PLC とReed Elsevier NVによって共同保有されています。リード・エルゼビア・グループのティッカーシンボル(証券コード)は、REN(Euronext Amsterdam)、REL(ロンドン証券取引所)、RUK およびENL(ニューヨーク証券取引所)です。

【お問い合わせ】
エルゼビア・ジャパン株式会社 サイエンス&テクノロジー マーケティング 神田
Tel.: 03-5561-5034(代表) 03-5561-5069(直通)
Email: n.kanda@elsevier.com