2012年のプレスリリース

一覧にもどる

2012年11月22日:エルゼビア、研究開発費の投資対効果を明確にするプロジェクトFundRefに参加

エルゼビアは、 2012年11月22日、FundRef(ファンドレフ)への参加を発表しました。FundRefは学術出版社と助成団体が共同で行うパイロットプロジェクトで、CrossRef(クロスレフ)が運営母体です。本プロジェクトの目的は研究発表論文の助成金情報を収集・公開する標準的なシステムを開発することです。・・・続きはタイトルをクリック

プレスリリースEnglishプレスリリースpdf

2012年11月13日:エルゼビア、若手研究者向けにScienceDirectの無償アクセスプログラムを提供

エルゼビアは、 2012年11月13日、博士後研究員(ポスドク)向けの無償アクセスプログラム(Postdoc Free Access Program)の提供を開始すると発表しました。若手研究者が一つの研究ポジションを離れて次のポジションが得られるまでの期間にScienceDirect上の最新の論文にアクセスできる環境を提供する新しい取り組みです。・・・続きはタイトルをクリック

プレスリリースEnglishプレスリリースpdf

2012年9月10日:エルゼビア、大学の研究活動分析プロジェクトにSciValRを活用

エルゼビアは、 2012年9月10日、慶應義塾大学理工学部の大西公平教授とエルゼビアによる共同プロジェクトを開始したと発表しました。エルゼビアの研究マネジメント支援サービスSciVal®(サイバル)を活用し、慶應義塾大学理工学部の研究活動の多角的な分析により、将来的な研究方針の策定および研究体制の強化を目指すものです。・・・続きはタイトルをクリック

プレスリリースEnglishプレスリリースpdf

2012年8月1日:エルゼビア・ジャパン、Pathway StudioRの販売およびサポートを開始

エルゼビアは、 2011年12月、Ariadne Genomics(アリアドネ ゲノミクス)の合併を発表しましたが、2012年8月1日より同社の製品Pathway Studio®(パスウェイ スタジオ)の販売およびサポートをエルゼビア・ジャパンにおいても開始いたします。Pathway Studio®は、創薬・医学・生物学研究者向けのパスウェイ解析およびテキストマイニングツールです。自然言語処理アルゴリズムも搭載しており、ユーザー様ご自身での情報収集も可能です。・・・続きはタイトルをクリック

プレスリリースEnglish(2011年12月発表内容)プレスリリースpdf

2012年6月19日:2012 Reaxys PhD Prize(Reaxys若手研究者賞)受賞者を発表!

Reaxys®(リアクシス)は、2012 Reaxys PhD Prize(Reaxys若手研究者賞)の受賞者を発表しました。この賞は、有機化学・有機金属化学・無機化学における革新的で独創的な研究を表彰することにより、世界をリードする若手化学研究者を称えるものです。・・・続きはタイトルをクリック

Reaxys PhD Prize特設サイトプレスリリースEnglish

2012年3月5日:京都大学依田高典研究室によるSciVerse Scopusを使用した大学研究開発力の調査が完了

エルゼビアは、2012年3月5日、京都大学大学院経済学研究科依田高典(いだたかのり)教授による、同社の学術ナビゲーションサービスSciVerse Scopus(サイバース・スコーパス)を使用した大学研究開発力の分析が完了したと発表しました。 依田研究室は、文部科学省の21世紀COEプログラムの研究成果を定量的に評価することを目的として分析を開始しました。8分野を対象に研究成果の促進効果を調査した結果、量または質の観点から、5分野において当該プログラムが研究成果の促進をもたらしたという結論に至りました。・・・続きはタイトルをクリック

プレスリリースEnglishプレスリリースpdf補足資料pdf

2012年2月10日:医薬品の標的探索と検証のワークフローを効率化するTargetInsights?の提供開始

エルゼビアは、2012年2月9日、TargetInsights™(ターゲットインサイト)の提供開始を発表しました。このツールにより、学術論文に発表された最新の生物学の知見を検索・モニターし、キャッチアップすることが可能となります。また、このツールは広範な情報をカバーし、独自の文脈付けを行うことにより、医薬品の生物学的標的を特定、優先付け、検証する過程の加速とリスク低減を支援します。・・・続きはタイトルをクリック

プレスリリースEnglishプレスリリースpdf補足資料pdf