2009年のプレスリリース

一覧にもどる

2009年12月2日:文部科学省 科学技術政策研究所(NISTEP)がScopusデータを活用したレポートを発表

エルゼビア社は、2009年12月2日、同社の学術ナビゲーションサービスであるScopus(R)(スコーパス)のカスタムデータが、文部科学省 科学技術政策研究所(略称:NISTEP、ナイステップ)の調査研究に初めて活用されたと発表しました。・・・続きはタイトルをクリック

補足資料(NISTEPコメント)プレスリリースEnglishプレスリリースpdf補足資料pdf

2009年6月23日:エルゼビア、新製品SciVal Spotlight(サイバル・スポットライト)を発売

エルゼビア社は、戦略的な研究活動計画の策定を支援する新製品「SciVal Spotlight(サイバル・スポットライト)」を6月29日から世界同時に発売します。本製品は、大学をはじめとした研究機関を対象とした、研究活動を多角的に分析、表示するウェブベースのツールで、より多くの情報に基づいた研究活動の評価や、研究戦略の策定および実行を支援します。・・・続きはタイトルをクリック

補足資料(技術情報、画面)プレスリリースEnglishプレスリリースpdf補足資料pdf

2009年3月30日:エルゼビア、研究開発と技術革新を加速するillumin8(イルミネイト)をアジア太平洋地域で販売開始

illumin8は、企業の事業計画や研究開発部門等の調査担当者および研究者を対象に、研究開発にともなうアイデア創出や課題解決を迅速かつ効果的に支援するツールです。世界の学術文献や特許情報、ウェブページの英文からキーとなる関係性を抽出・融合し系統的に表示することにより、ビジネスのための豊富なソリューションを提供します。・・・続きはタイトルをクリック

プレスリリースEnglishプレスリリースpdf補足資料pdf

2009年1月26日:エルゼビア、化学研究開発の新ソリューションReaxys(リアクシス)を発表

Reaxysは、エルゼビアの定評ある三つの化学データベースCrossFire Beilstein(クロスファイア・バイルシュタイン)、CrossFire Gmelin(クロスファイア・グメリン)、Patent Chemistry Database(パテント・ケミストリー・データベース)を統合し、より直感的で使いやすいインターフェースや便利な機能をwebベースで提供することにより、合成化学者の研究活動の効率化をサポートします。高度な検索結果を表示する新機能の合成計画ツールにより、関連情報の効果的な収集が可能となります。・・・続きはタイトルをクリック

補足資料(Reaxys画面、CrossFire)プレスリリースEnglishプレスリリースpdf補足資料pdf

(ご参考)2/18開催のReaxys紹介セミナーレポート記事
      2009年2月20日:日経BP BTJジャーナル メールマガジン THE PRIME MAIL 第1252号 (メルマガのリンク
      2009年2月25日:化学工業日報社 CCSニュースファイル (記事のリンク