2008年のプレスリリース

一覧にもどる

2008年10月7日:OECD(経済協力開発機構)がScopusを採用

Scopus(スコーパス)のデータがOECD(経済協力開発機構)に採用されました。政策問題に取り組む国際的な政府機関であるOECDがScopusを採用したのは、OECD加盟国における研究活動の評価のみならず、経済発展途上にある非加盟国の分析にも有効であるとの判断によるものです。・・・続きはタイトルをクリック

プレスリリースEnglishプレスリリース+OECDコメントpdf
OECDOECD東京センター

2008年7月30日:ProSPER.Net/Scopus Young Scientist Award (プロスパーネット/スコーパス若手研究者賞)を新設、 2009年3月に第一回受賞者を発表

Scopusとアジア環境大学院ネットワーク(英語名:ProSPER.Net、プロスパーネット)の連名で、アジア太平洋地域における若手研究者の研究活動を奨励する賞を新設しました。
第一回の賞は、ビジネス分野を対象に、2009年3月のProSPER.Net国際シンポジウムにて授与される予定です。・・・続きはタイトルをクリック

プレスリリースEnglishプレスリリース+賞の概要pdfProSPER.Net詳細


     主要記事掲載状況
     2008年7月31日:科学技術振興機構 情報管理Web(記事のリンク
     2008年8月6日:日経BP 産学連携事務局 先端技術事業化(記事のリンク

2008年2月7日:九州大学が経営戦略マップの策定運用にScopusを活用

Scopus(スコーパス)が、九州大学における大学改革を目的とした経営戦略マップ「QUEST-MAP(クエスト・マップ)」の策定および試行運用にあたり、大学全体としての研究活動の現状把握と中長期計画策定を行なうための客観的基礎データの一つとして活用されていることを発表しました。世界最大級の書誌・引用データベースであるScopusは、これまで研究者個人の研究活動成果を測定するツールとして主に利用されて来ましたが、今回の九州大学における取り組みは、Scopusが国立大学の経営改革を加速するためのマクロ的な基礎的データベースとしても活用しうることを示す先駆的取組みとして注目されます。・・・続きはタイトルをクリック

プレスリリースEnglishプレスリリースpdf九州大学の参考資料