ScienceDirect: ニュース

2014年9月

  • アラート管理ページのデザインが変更されました。
  • PDF一括ダウンロードのデザインが変更されました。
  • おすすめ論文のポップアップウィンドウにPDF一括ダウンロードとエクスポートが追加されました。
  • ジャーナルホームページにグラフィカルアブストラクトとハイライトが標準で表示されるようになりました。
  • 論文ページにビデオのプレビューが表示されるようになりました。
  • ジャーナル/ブックタイトルリストにeBooks(単行本)の出版年が表示されるようになりました。
  • eBooks(単行本)の目次ページにエクスポートが追加されました。
  • スクリーンショットを含む詳細情報

2014年6月

  • 検索結果、ジャーナルホームページ、論文リストが整理されました。
  • ジャーナルアラートで最新号の目次とArticles in Pressを区別して配信できるようになりました。
  • ブック関連の機能が強化されました。
  • 詳細検索画面が変更されました。
  • 論文ページがモバイルデバイス用に最適化されました。
  • Electronic Holdings Reportsがバージョンアップされました。
  • PubMedのフルテキストリンクでScienceDirectのオープンアクセス論文を区別できるようになりました。
  • スクリーンショットを含む詳細情報

2014年2月

  • 主要なページのユーザーインターフェースを整理し、必要な情報が見つけやすくなりました。
  • 検索メニューを整理しました。
  • 書誌情報のエクスポート方法が改善され、Mendeleyにも対応しました。
  • 各種のパーソナル機能が [Sign in] ボックス内にまとめられました。
  • スクリーンショットを含む詳細情報

2013年10月

  • アクセス権を示すアイコン表示に変更がありました。オープンアクセス誌およびオープンアクセス論文がオレンジ色で表示され、区別しやすくなりました。
  • スクリーンショットを含む詳細情報

2013年8月

  • オープンアクセスジャーナルおよびオープンアクセス論文の区別が容易になりました。
  • セキュリティの強化1:ユーザー名またはパスワードを忘れた場合に、パスワードのリセットを求められるようになりました。
  • セキュリティの強化2:個人プロファイルにアクセスする前に、再度ユーザー名とパスワードの入力を求められるようになりました。
  • Shibboleth(学認)によるログインページに検索機能が追加されました。
  • スクリーンショットを含む詳細情報

2012年3月

  • 外部サイトへのアクセスを制限しているお客様へのお願い
  • Google/Google Scholar からScienceDirect の論文にリンクする際に、検索キーワードがハイライトされ、さらにScienceDirectでの再検索が可能になりました。
  • スクリーンショットを含む詳細情報

2012年1月

  • 論文ページのレイアウトが変更されました(Article of the Future 第1 ステップ)。
  • 論文単位出版(Article Based Publishing)に対応するジャーナルが増えました。
  • ユーザー登録で、電子メールアドレスがユーザー名として使用されるようになりました。
  • Admin Tool から電子ブックのMARC レコードを申し込むことができるようになりました。
  • スクリーンショットを含む詳細情報

2011年11月

  • PDFフルテキストの関連論文提示機能が追加されました(大学・政府機関のお客様のみ)。
  • スクリーンショットを含む詳細情報