Reaxys Newsletter 2013年6月号外

reaxys_header2013

Reaxys PhD Prize(Reaxys若手研究者賞)2013年のファイナリスト45名を発表

2013finalists.jpg

今回で4年目を迎えたReaxys PhD Prizeは、若手研究者向けの国際的な賞として徐々に拡大し、世界60か国から580名を超える応募をいただきました。

日本の大学出身のファイナリストは以下の方々です(五十音順、応募当時の所属):

  • 石田洋平さん(首都大学東京)
  • 大石俊輔さん(名古屋大学)
  • 白水美佳さん(米カリフォルニア大学バークレー校)
  • 竹内勝彦さん(筑波大学)
  • 千葉浩亮さん(京都大学)
  • 平井健二さん(京都大学)
  • 藤田大士さん(東京大学)

ファイナリスト全員のお名前は本メール下部をご覧ください。プレスリリース英語版日本語訳

ファイナリストに選出されると:

ファイナリストにはReaxys Inspiring Chemistry Conference (スイス、グリンデルワルト、2013年9月22日-24日)併設のReaxys PhD Prize シンポジウムやポスターセッションでの発表の機会が与えられます。また、参加登録費や渡航費の補助があります。

さらに受賞者3名に選ばれると:

受賞者3名は6月半ばに発表される予定で、賞金2000米ドルおよび上記Reaxys PhD Prize シンポジウムでの発表の機会が与えられます。

受賞者3名はReaxys PhD Prize委員会より選出されます:
Professor A. G. M. Barrett, Imperial College London,
Professor Dr M. Jansen, Max Planck Institute, Stuttgart,
Professor E. Nakamura, University of Tokyo,
Professor G. Parkin, Columbia University, New York
Professor B. M. Trost, Stanford University,
Professor H. N. C. Wong, Chinese University of Hong Kong

Reaxys PhD Prize特設サイト

最新情報はグローバルサイトに公開されます。
過去の受賞者情報など(日本語)はこちらlogo_2013phdprize.jpg

Reaxys Prize Clubとは?

Reaxys Prize Clubは、Reaxys PhD Prize の受賞者とファイナリストから構成される、世界各国の優秀な若手研究者のコミュニティです。今年のファイナリストもReaxys Prize Clubのメンバーとして登録され、様々な特典を利用することができるようになります。logo_prizeclub.jpg

2013 Reaxys PhD Prizeファイナリスト一覧

580名あまりの精鋭から選ばれたファイナリスト45名のお名前です(所属は応募当時):

Sergey Adonin, Nikolaev Institute of Inorganic Chemistry
Christopher M. Bates, University of Texas
Parijat Borah, Nanyang Technological University
Andrew Cairns, University of Oxford
Christopher Caputo, University of Toronto
Pradip Chakraborty, University of Geneva
Hiroaki Chiba, Kyoto University
Daniel Cohen, Northwestern University
Laurent Debien, Ecole Polytechnique, Paris
Martin Donakowski, Northwestern University
Fabian Ehret, University of Stuttgart
Albert Fahrenbach, Northwestern University
Daishi Fujita, University of Tokyo
Ke Gao, Nanyang Technological University
Max Hansmann, University of Heidelberg
Chuan He, Wuhan University
Johannes Heppekausen, TU Dortmund
Kenji Hirai, Kyoto University
Yohei Ishida, Tokyo Metropolitan University
Andreas Kaiser, University of Stuttgart
Tzu-Pin Lin, Texas A&M University
Wei Lv, Tianjin University
Emma McInturff, University of Texas
Bill Morandi, ETH Zürich
Shunsuke Oishi, Nagoya University
Sebastian Pike, University of Oxford
Xin Qian, Ecole Polytechnique, Paris
Daniel Robbins, University of Illinois
Dragos Rosca, University of East Anglia
Ramya Sambasivan, Rice University
Santanu Sarkar, University of California, Riverside
Sebastian Schmidt, Karlsruhe Institute of Technology
Mette Schmøkel, Aarhus University
Mika Shiramizu, University of California, Berkeley
Katsuhiko Takeuchi, University of Tsukuba
Gaël Ung, University of California, San Diego
Kevin Williamson, University of Wisconsin-Madison
Gene Wong, University of Wisconsin-Madison
Yuzhou Wu, University of Ulm
Xu Xue, University of South Florida
Xiaoyu Yang, Shanghai Institute of Organic Chemistry
Da-Gang Yu, Peking University
Rong Zeng, Zhejiang University
Gen Zhang, Lanzhou University
Shaoguang Zhang, Peking University