Reaxys Newsletter 2013年6月号

reaxys_header2013

Reaxysが6/8(土)に新インターフェースに完全移行、
新画面に対応したクイックレファレンスガイドも完成

従来からの構造式検索に加え、Autoplan機能やAnalysis View、コンテンツを拡大したキーワード検索などReaxysでは今年4月に大幅なアップデートを行いました。ユーザーの皆様からのご意見を取り入れ、さらに使いやすくなったReaxysをぜひご活用ください。

6月8日より切り替わる新画面の検索モードに対応したフローで再構成した新クイックレファレンスガイドが完成しました。講習会で別資料となっていた描画ソフトや無機化合物の検索も統合しています。今までのReaxys基本検索ガイドに代わり、今後はこのクイックレファレンスガイドをご利用ください。

>> 新クイックレファレンスガイド(2013年5月版、大学・政府機関向け、20ページ)

Reaxys活用事例公開: 
『薬学図書館』掲載、教育ツールとしてのReaxys

『薬学図書館』58巻1号に掲載された、大阪大学廣瀬敬治先生の投稿論文「教育に情報ツールを活用する-教育ツールとしてのReaxys-」が公開され、オンラインで読むことができます。大阪大学機関リポジトリOUKAの下記リンクからご覧ください。化学情報データベースの歴史と活用方法を楽しく概観いただけます。

>> http://hdl.handle.net/11094/24930

書誌情報:
廣瀬敬治.教育に情報ツールを活用する―教育ツールとしてのReaxys―.
薬学図書館 58(1),62-72,2013

Reaxys Prize Club研究室紹介2: 大阪大学神戸研究室

第二回は、大阪大学大学院 工学研究科 触媒合成化学領域(神戸研究室)です。2010年Reaxys PhD Prizeファイナリストの岩﨑孝紀(いわさきたかのり)先生にご紹介いただきました250_128_lab2.png

Reaxys Prize Club研究室紹介3: 東京医科歯科大学細谷研究室

第三回は、東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生命有機化学分野(細谷研究室)です。同じく2010年Reaxys PhD Prizeファイナリストの隅田 有人(すみだゆうと)先生にご紹介いただきました215_150_lab3.png

Reaxys Prize Club* レポート:Prize Club交流で実現した メンバーによる訪問講演

東京医科歯科大学の生体材料工学研究所が主催している若手研究者セミナーの模様を、同研究室助教の隅田有人先生と160_118_sumida_miyamura.jpg講演者のお一人である東京大学特任助教の宮村浩之先生にレポートしていただきました。

東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 助教 隅田 有人(すみだゆうと)先生
東京大学大学院 理学系研究科 特任助教 宮村 浩之(みやむらひろゆき)先生

東京医科歯科大学 生体材料工学研究所は、先進医療を支える科学技術の最先端研究拠点として、様々な領域に関する基礎から応用までの研究を行っている研究所です。研究所に有機化学系のラボが少ないことから、関連の深い講演が少なく、有機化学系の研究室の学生にとっては、自分たちの分野における他大学の先生の講演を聴く機会があまりない状況でした。そこで、有機化学系の研究室で協力し合い、2012年から「若手研究者セミナー」と称して、勢いのある若手の先生方に講演に来て頂いています。7回目となる今回は、、、つづきはこちら

*Reaxys Prize Clubは、Reaxys PhD Prize の受賞者とファイナリストから構成される、世界各国の優秀な若手研究者のコミュニティです。