Reaxys: 製品概要

Demo - Reaxys: Chemical DatabaseLogin - Reaxys: Chemical Database

Reaxysの主な特長

特長1:  最適な合成法の検討

  • 約4,300万件の反応情報から目的化合物の合成法を素早く調べることができます。
  • 条件違いの反応も列記されるため、比較検討が容易です。
  • 質の高い情報源から収録しているため、ノイズの少ない検索結果が得られます。

Reaxys: Chemical Database

  • 比較が容易な結果表示: 条件の違いの反応が並べて表示されるため、複数の合成・精製条件の詳細も容易に比較可能です。
  • フィルタ機能: 構造式、収率、試薬・触媒、溶媒、書誌情報(ジャーナル名他)などによる充実したフィルタ(絞り込み)機能を備えています。
  • 特許由来データ: 特許および一部の論文の実施例・実験項も同一画面上にてワンクリックで参照可能です。

Reaxys: Chemical Database

特長2:  合成ルート立案の効率化

  • 様々な文献由来の反応を組み合わせて逆合成的にルートを検討可能。受託合成の見積もり作成などにも有用です。
  • 市販化合物の有無も表示されるため、出発化合物の入手可能性も素早く確認できます。
  • 複数の合成ルート候補を自動生成するAutoplan機能もあります。

Reaxys: Chemical Database

  • 合成スキームの全体像を見ながら別ルートも検討
  • 複数のルートを同時に表示して比較検討
  • PDFやWord等、多様な形式で出力可能

Reaxys: Chemical Database

特長3:  豊富な実測物性値・同定情報

  • 関連文献から集めた豊富な実測物性値やNMRなどの各種同定情報を一覧で表示。原薬を参照しなくても実測物性値の概要が得られます。
  • 代表値だけでなく報告のあった値を列挙しているため、精度の高い情報を迅速に入手できます。

Reaxys: Chemical Database

  • 実測物性値データを素早く取得
  • 欲しいデータが確実に載っている文献を素早く発見

Reaxys: Chemical Database

特長4:   検索結果を可視化するためのAnalysis View機能

  • 触媒と溶媒、溶媒と収率、分子量と沸点など、検索結果の2つの要素の分布と関連性を可視化し、傾向を考察することができる機能です。

Reaxys: Chemical Database

Reaxys: Chemical Database

特長5:  必要な情報だけをまとめるReport機能

  • 複数の検索結果画面から特定の情報のみを選択し、Report画面に集約することが可能です。
  • 集約した情報を整理し、出力したりメール送信したりすることもできます。

Reaxys: Chemical Database

Reaxys: Chemical Database

Reaxys® and the Reaxys® trademark are owned and protected by Reed Elsevier Properties SA. All rights reserved.