QUOSA: ご活用場面

demo_pricing_button

QUOSA_usecase

ファーマコビジランスと薬事の専門家に活用される文献管理ツール

● ファーマコビジランス・医薬品安全性担当者

QUOSAは、各種ツールで安全関連の文献をモニターし、製品文献データベースを作成することにより、規制適合報告に関連する論文を整理、保存します。

<QUOSA活用のメリット>有害事象の速やかな特定、幅広い文献ソースをモニター、文献のレビューと選別のプロセスを自動化、大容量のコンテンツを管理

より詳しくはこちら

● メディカルアフェアーズ・医薬情報担当者

自社製品のお問い合わせに速やかに対応するには、最新の文献に直接アクセスする必要があります。QUOSAでは、関連する文献を蓄積し簡単に検索することができます。また、Embase,ScienceDirect,PubMedなどの検索ツールからも広く情報収集を行うことができます。

<QUOSA活用のメリット>必要な文献にスピーディにアクセス、フルテキストを簡単に入手可能、依頼者との情報共有、コメント付与機能を利用し対応事例を蓄積

より詳しくはこちら

● 医療機器メーカー

学術論文の自社製品に関連する記述をモニターし、臨床評価報告、市販前承認、有害事象報告に役立てる必要があります。QUOSAがあれば、自社製品に言及するフルテキスト論文をウォッチング、ダウンロードし、そのデータを規制適合報告に利用できます。

<QUOSA活用のメリット>有害事象の速やかな特定、幅広い文献ソースをモニター、文献のレビューと選別のプロセスを自動化、大容量のコンテンツを管理

より詳しくはこちら

● 情報管理者と企業ライブラリアン

文献情報のカレントアウェアネス(速報性)を促進し、ワークフロー効率を高め、無駄を省く情報管理ソリューションが求められています。カスタマイズ可能で柔軟なQUOSAは、著作権を保護した環境内で文献へのアクセスや文献の共有を容易にし、ユーザーのニーズに対応します。

<QUOSA活用のメリット>既存の論文ライブラリを整理・有効活用、引用管理が簡単、フルテキストオーダーの簡素化、重複する論文購入を防止

より詳しくはこちら