PharmaPendium: ご活用場面

資料請求login_button

who uses pharmapendium

医薬品の研究開発の場で、PharmaPendiumはどのように活用されているのでしょうか。前臨床から臨床、申請、市販後調査までの様々なステップにおける意思決定の場で、PharmaPendiumが果たす役割について研究者にインタビューを行いました。

hr

いざというときには

「急ぎの用件のときは、私は迷わず最初にPharmaPendiumを検索します」

この大手製薬会社のメディカルディレクターは、PharmaPendiumが研究において会社の貴重な時間を節約していることに言及しています。また、社内情報チーム責任者の1人は、情報収集でまず初めに使うツールがPharmaPendiumである理由について語ります。 続きはこちら(英語)

hr

ワークフローの合理化と上市までの時間短縮

「普通なら2~3週間かかる作業が、PharmaPendiumを一度利用するだけで終わります」

大手皮膚科学関連会社は、PharmaPendiumによって研究時間を大幅に短縮することに成功しています。プロダクトマネージャーと情報マネージャーが、PharmaPendiumと薬物動態モジュールの機能と、ワークフローに携わる全員に対するメリットについて語ります。 続きはこちら(英語)

hr

インテリジェンスモデル

「PharmaPendiumを利用して、薬事規制当局の審査資料、添付文書、副作用、薬物動態データを検索しています」

ノバルティス社の上級エキスパートモデラーであるChris Penland氏は、エルゼビアのScienceDirectとPharmaPendiumを活用し、競争上の優位を維持しています。 続きはこちら(英語)

hr

情報に基づく優れた意思決定について

「PharmaPendiumのおかげで、他では得られない情報を見つけることができます」

承認当局のホームページには豊富な情報がありますが、この大手製薬会社の上級スペシャリストは、重要な決断をするときにはPharmaPendiumで必要な情報を探します。彼女はPharmaPendiumが時間を節約し、彼女自身にもチームにも進行中のプロジェクトに対する自信を与えてくれると語っています。 続きはこちら(英語)

hr

承認された登録薬剤に関する情報の管理システム

「PharmaPendiumには、科学文献に発表されていない情報が数多く収録されています」

この大手製薬会社のサイエンティフィックスペシャリストは、PharmaPendiumの明確に分類されたデータが創薬に極めて重要であると語ります。彼は、創薬ワークフローのさまざまな側面に触れつつ、日常作業におけるPharmaPendiumの活用方法を紹介しています。 続きはこちら(英語)