Pathway Studio: 製品概要

資料請求製品ログイン

パスウェイデータベース:ResNet

  • 自然言語処理アルゴリズム:MedScanおよび論文精読で収集した分子間相互作用・パスウェイデータベースです。 本データは、随時更新されお客様に情報を提供いたします。
  • ヒト・マウス・ラットに対応したMammalianデータベースもしくはArabidopsisに対応したPlantデータベースを提供
  • 360種以上のカノニカルパスウェイを収録
  • 転写制御因子、レセプター、低分子、酵素、miRNAなどの分子だけではなく、Cell Process、Treatment、Diseaseなどのマクロな現象にも対応
  • プロモーター結合、発現制御、タンパク質間結合、低分子(薬剤)作用、miRNA相互作用など10種類の相互作用メカニズムに対応(リン酸化・メチル化・アセチル化・ユビキチン化などのタンパク修飾の詳細作用も収録)
  • GeneOntologyに加え、Elsevierが独自に定義したオントロジーも収録

Pathway_Studio_About2

hr

解析機能

  • Affymetrix、Agilent、Illuminaの各種probeIDに対応したインポーターを搭載
  • EntrezGene、UniProtなど10種類以上の公的データベースのIDを認識
  • 注目する遺伝子・タンパク質・低分子などからの情報検索およびパスウェイ構築
  • ベーシックなパスウェイ構築アルゴリズムに加え、共通ターゲット分子および制御因子の探索
  • 疾患、臓器別遺伝子発現部位、細胞内局在、相互作用種、分子種、オーソログ情報を利用したパスウェイ解析
  • 引用論文数を反映し分子間相互作用情報の信頼性を可視化
  • 複数のタンパク質における共通のターゲット分子もしくは共通の発現制御因子の探索
  • 細胞内局在を反映したパスウェイのマッピング
  • 遺伝子(タンパク質)発現情報をパスウェイ上に可視化
  • NextBio Research(Illumina’s Correlation Engine)との連携
    詳細資料

Pathway_Studio_About3

hr

Pathway Studio Enterprise

イントラ環境でご利用いただけるクライアント-サーバーシステムです。一切のデータを社外へ出さない高セキュリティの環境だけではなく、下記の機能も実装されます。

  • お手持ちの論文情報を対象にしたテキストマイニング解析(MedScanの利用)
  • SOAP APIを使ったデータ抽出やワークフローへの組み込み

hr

オプションモジュール

Pathway Studioには、下記情報を追加収録するオプションデータベースもご用意いたしております。

ChemEffect

  • 2万件以上の低分子・薬剤と、薬剤相互作用や毒性パスウェイ(Toxicity Pathway)の情報が追加

DiseaseFX

  • BiomarkerやClinical Trialを始めとした4種類の相互作用と、レセプターを起点とした転写制御のシグナリングパスウェイ(Expression Signaling Target Pathway)の情報が追加

hr

ご活用場面

Pathway Studioは、製薬企業や大学・官公庁の研究者の方を中心に以下のようなシーンでご利用いただけます。

  • 分子機能情報の閲覧
  • シグナル伝達情報の確認
  • オミックス解析(例:マイクロアレイ、プロテオーム、NGS)
  • 創薬におけるターゲット分子探索
  • バイオマーカー候補の選出
  • テキストマイニングによる膨大な論文情報の解析
  • トキシコゲノミクス解析

hr

お問い合わせ

製品機能のご質問、価格のお見積り、ご利用方法などの各種ご相談は下記までお気軽にお問い合わせください。

エルゼビア・ジャパン株式会社

〒106-0044

東京都港区東麻布1-9-15 東麻布1丁目ビル4階

Tel: 03-5561-5034 (代表)、5035 (ヘルプデスク)

Email: jp.corporate@elsevier.com (契約に関するお問い合わせ)

hr