Analytical Services: 個別のレポート作成サービス

English website

研究パフォーマンスの正確な把握は、大学の成長戦略にとって必要不可欠な基礎データとなります。THE世界・アジア大学ランキング、QS世界・アジア大学ランキングでも採用されている世界標準Scopusデータに基づいて、研究大学としてのセルフ・プロデュースをサポートします。

1. 大学分析 ~自大学の競争力を知る~

解決できる課題例
・ 自大学の研究の強みを確認したい。
・ 日本/世界の中で、自大学の立ち位置を知りたい。
・ 自大学とライバル校の研究力を比較したい。

2. 教員・部局分析 ~一人一人のパフォーマンスが見える~

解決できる課題例
・ 次のスター研究者を発掘したい。
・ 新たな研究拠点を設立する際、リーダー候補者の研究業績を客観的に評価する必要がある。
・ 部局(学部、研究科、研究所)別に研究力を評価したい。
・ 自大学は〇〇分野が強いと思っているが、実際にいい論文を発表している部局がどこか、正確には分からない。
(例:工学分野の論文を発表する部局は、工学部以外にも、附置研究所などたくさんある)

3. 研究トピック分析 ~大学としてプロデュースする研究テーマを把握したい~

解決できる課題例
・ ブランディング事業のPDCAサイクルのために業績を把握したい。
・ 研究テーマごとの研究戦略をエビデンスに基づいて構築したい。
・ 自分の大学の強みを深堀したいが、分野別では粗すぎる/学際分野が把握しづらい。

4. 戦略的パートナー分析 ~あの大学には自分は何が魅力的に映るのか~

解決できる課題例
・ パートナー候補大学に対してアピールできる自大学の強みを把握したい。
・ パートナーシップの継続のためのエビデンスをつくりたい。

5. ターゲット分析 ~自分がアピールしたい相手を知る~

解決できる課題例
・ レピュテーション(知名度・評判)を上げたい。
・ 自大学・研究をすでに注目してくれている機関・チャネルを把握したい。

お問い合わせ

本サービスの詳細や見積については Tel: 03-5561-5034 Email: jp.pr@elsevier.com までお問い合わせください。