20180822

■□■ 目 次 ■□■

1. 日経バイオテク主催セミナー「創薬R&Dにおける新たな試み」のご案内

2. NISTEPがScopusデータを利用した調査研究報告を公開

3. Scopus:アップデート情報

4. Reaxys:機能強化のお知らせ(2018年7月2日リリース)

5. Engineering Villageが2018 CODiE AWARD を受賞

6. Geofacetsに米国石油地質学者協会(AAPG)のコンテンツを追加

7. ブック新刊情報:レファレンスワーク最新刊のご案内
  Encyclopedia of Reproduction, 2e.(生殖百科事典第2版)

8. Reaxysインタビュー記事:岐阜薬科大学 佐治木弘尚教授
  「教育・研究機関におけるReaxysの活用事例」

------------------------------------
1. 日経バイオテク主催セミナー「創薬R&Dにおける新たな試み」のご案内
------------------------------------
創薬R&Dの置かれた状況はここ10数年で劇的な変化を遂げています。増え続ける
情報をうまく活用することが1つの重要な要素の一つとなり、情報の意思決定に
おける比重も高まっています。

大手製薬企業R&D Chairman of R&Dは、
“There will be times when our research projects fail, but we cannot fail for reasons
we could have predicted. We should fail for reasons we cannot predict.”
と言っており、予測できたことによる失敗は許されないとエルゼビアとの
インタビューで答えています。革新的な医薬品を創出することが難しくなる中、
日本の各製薬会社でも様々な試みが行われています。

本セミナーでは『これからの研究開発に役立つヒント』を提供します。
テーマは「創薬R&Dにおける新たな試み」です。

セミナー概要はこちら
https://www.nikkeibp.co.jp/seminar/atcl/med/180921/

セミナー参加者特典として、
エルゼビアのプロフェッショナルサービスチームに直接相談できるコーナーを
設置します。また、ライフサイエンス分野に役立つデータベースをお試しいただける
ブースも用意しています。当セミナー限定ですので、是非ご参加ください。

日時:2018年9月21日(金)13:00~17:00 (12:30開場)
会場:日経BP社本社5Fセミナールーム
http://corporate.nikkeibp.co.jp/information/corporate/map.shtml
参加料:18,000円/1名(税込み) 
*定員になり次第、締め切りますのでお早目にお申込み下さい。

申込みはこちら
→ https://www.nikkeibp.co.jp/seminar/atcl/med/180921/

----------------------------------
2. NISTEPがScopusデータを利用した調査研究報告を公開
----------------------------------
2018年5月8日、文部科学省科学技術・学術政策研究所(NISTEP)から調査研究
報告「研究発表空白期間がアカデミア昇進に与える影響分析~研究者の属性に
関するイベントヒストリー分析~」(第2調査研究グループ 主任研究官藤原綾乃)
が公開されました。本報告書は、researchmapによる研究者属性およびScopusの
収録論文データを用いて、研究発表の空白期間およびその時期が教授昇進に
与える影響についてイベントヒストリー分析を用いた実証分析です。

下記NISTEPホームページから報告の詳細をダウンロードできます。
→ http://www.nistep.go.jp/archives/36699

------------------------------------
3. Scopus:アップデート情報
------------------------------------
〇バージョンアップ情報
2018年6月29日にScopus(スコーパス)のバージョンアップがあり、以下の変更および
機能強化を行いました。
・検索結果の分析ページのデザインを変更し出版年以外の分析のプレビューを表示
・検索結果ページのDataSearchリンクがMendeley Dataリンクに変更

スクリーンショットを含む詳細情報
→ http://jp.elsevier.com/online-tools/scopus/users

〇Impactstoryと提携し、論文レベルのOpen Access表示を強化
Scopusは、Impactstoryと提携し、論文レベルのOpen Access表示を強化する
予定であることを発表しました。Impactstoryは、研究成果をよりオープン
にするための各種オンラインツールを作成している非営利団体です。

Scopusは現在、CrossRefの情報に基づいて論文レベルのOpen Access情報を
表示していますが、ImpactstoryのUnpaywallデータベースを使用することに
より、Open Access表示を持つ論文数は700万件以上に大幅に強化される予定
です。実装は2018年8月から開始し、11月に完了予定です。

この提携に関するElsevier Connect記事(英語)はこちら
→ https://www.elsevier.com/connect/elsevier-impactstory-agreement-will-make-open-access-articles-easier-to-find-on-scopus

Impactstoryについてはこちら
→ https://impactstory.org/

------------------------------------
4. Reaxys:機能強化のお知らせ(2018年7月2日リリース)
------------------------------------
7月2日にReaxys(リアクシス)のバージョンアップがあり、以下の機能強化を行いました。
検索パフォーマンスも向上しています。

・ChemDrawJSの実装
 MarvinJSに加え、ChemDrawを構造式・反応式エディタとして使用可能

・Auto-suggest機能の実装
 トップページでQuick Search(テキスト検索)の検索語候補を表示

・プレビュー画面の改良
 反応、化合物および文献・特許毎にアイコン実装、視認性が向上

・収録件数ページの記載内容強化
 週次で更新されるデータコンテンツの詳細について記載を細分化

詳しくはこちら
→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0008/265787/Reaxys_update_201807.pdf

Reaxysインターフェースへのアクセスはこちら
→ https://www.reaxys.com/

------------------------------------
5. Engineering Villageが2018 CODiE AWARD を受賞
------------------------------------
工学系研究者とエンジニアのためのプラットフォームEngineering Village
(エンジニアリングビレッジ)が、ソフトウェア開発において優れた製品やサービスに対して
ソフトウェア情報産業協会(SIIA)から与えられるCODiE AWARDSにおいて
「Best Content Search, Discovery & Analytics Solution」を受賞しました。

CODiE AWARDSの詳細(英語)
→ http://www.siia.net/codie/2018-Winners-Finalists/2018-Winners/Details/nID/222

Engineering Villageについてはこちら
→ http://jp.elsevier.com/online-tools/engineering-village

------------------------------------
6. Geofacetsに米国石油地質学者協会(AAPG)のコンテンツを追加
------------------------------------
資源開発の事前調査に必要な地質図や論文を検索することを可能にする
データベースGeofacets(ジオファセッツ)で、米国石油地質学会(AAPG)のコンテンツが
利用可能になったと発表されました。このコンテンツの追加により、現在100以上の
出版物から約180万の地図、図、表を提供しているGeofacetsのポートフォリオが
大幅に強化されます。

プレスリリース(英語)
→ https://www.elsevier.com/about/press-releases/science-and-technology/elsevier-and-the-american-association-of-petroleum-geologists-aapg-collaborate-to-improve-productivity-for-global-oil-and-gas-exploration-teams

Geofacetsについてはこちら
→ http://jp.elsevier.com/online-tools/geofacets

------------------------------------
7. ブック新刊情報:レファレンスワーク最新刊のご案内
  Encyclopedia of Reproduction, 2e.(生殖百科事典第2版)
------------------------------------
生物学、生物医学の重要な一分野である生殖に関する詳細なレファレンスです。
胚形成、妊娠、分娩、思春期などの発生生物学から、ヒトによくみられる
前立腺がんや乳がんなどの疾患、クローン技術や幹細胞、臨床での生殖医療や
ゲノム科学の最新情報も提供し、基礎から臨床まで広範囲をカバーしています。

収録内容、価格等の詳細はこちら
日本語→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0007/265669/2018-4_EncReproduction2-E_180309.pdf
英語→ https://www.sciencedirect.com/science/referenceworks/9780128151457

※オンライン版の価格は所属機関やユーザー数により異なります。

------------------------------------
8. Reaxysインタビュー記事:岐阜薬科大学 佐治木弘尚教授
  「教育・研究機関におけるReaxysの活用事例」
------------------------------------
触媒開発、合成研究、ならびに論文執筆時にReaxysをご活用いただいている
岐阜薬科大学の佐治木弘尚教授とその研究グループに、研究概要やReaxysの
活用方法ならびに便利な点をインタビューしました。化合物の実測物性値・
スペクトルデータや、反応情報を迅速に得る目的でReaxysをご利用いただいて
います。

インタビュー記事はこちら
→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0008/265778/RX_Prof_Sajiki_GifuPharmaUni_JP.pdf

Reaxysの製品概要はこちら
→ http://jp.elsevier.com/online-tools/reaxys