エルゼビア・ニュースレター:2016年8月号

■□■ 目 次 ■□■

1.  イベント情報
  ・日経テクノロジーオンライン主催特別セミナー
  ・2016年国際航空宇宙展 

2.  ScienceDirectタイトル別バックファイルのご案内

3.  Embase:2016年版収録対象誌リスト

4.  Knovel:アップデート情報 

5.  Book新刊案内
   「Encyclopedia of Spectroscopy and Spectrometry 分光学・分光分析百科事典 第3版」
   「Comprehensive Materials Finishing マテリアル・フィニッシング全書(全3巻)」

6.  Elsevier Online Book ConnectよりBookに関する記事
   ・企業のR&D活動における書籍の重要性(3Mにおける活用事例)
   ・h-indexが書籍出版にもたらす効果

7.  第3回 Asia Pacific Research Intelligence Conference開催報告       

8.  Scopusを活用した研究開発動向分析:VALUENEX株式会社
    「水素社会に向けた研究開発動向の俯瞰」

9.  Tip集:文献をトピックごとにまとめて管理・分析するには?
     ~Scopus“リスト機能”の活用~

------------------------------------
1. イベント情報
------------------------------------
◆日経テクノロジーオンライン主催/エルゼビア・ジャパン株式会社協賛
『新事業の創造に効く 学術 情報・ビッグデータの生かし方』
~有望な研究開発テーマはこう見つける!~特別セミナー

[日時] 2016年10月5日(水) 13:00~17:00(開場12:30予定)
[場所] 東京コンファレンスセンター・品川
[プログラム] http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/seminar/16/070500193/
[参加対象] 研究開発・技術、新規事業、経営企画、事業企画等に携わる方
[参加料] 18,000円/1名(税込み)

今回、研究開発や新規事業の支援を目的として、日経テクノロジーオンライン
の協力により特別セミナーを開催する運びとなりました。
R&Dイノベーションについてより高い技術力と独創的な商品開発力の向上や、
次の事業や製品化に結びつくヒントとなる貴重なセミナーです。

[講演者]
〇「学術ビッグデータを用いたイノベーション経営の支援」
~機械学習による有望成長領域の予測~
東京大学工学系研究科教授・TMI専攻長
東京大学政策ビジョン研究センター長、総長特任補佐
坂田 一郎 様

〇 「目利き活動と学術俯瞰システムの活用」
株式会社トヨタIT開発センター
研究部 グループリーダー
那和 一成 様

〇「世界最大級の抄録・引用文献データベースScopus活用事例のご紹介」
~学術情報を活用して、過去を振り返り、現在を俯瞰し、そして未来を探る~
エルゼビア・ジャパン株式会社 カスタマーコンサルタント
井上 仁志

◆2016年国際航空宇宙展

エルゼビアは国際航空宇宙展に出展します。出展社プレゼンテーション及び
展示ブースにて、ワークフローツールKnovel(ノベル)や文献検索ツール等、
エルゼビアのソリューションのご紹介を予定しています。

〇出展者プレゼンテーション
[日時] 2016年10月12日(水)15:00~15:45
[場所] 東京ビッグサイト西展示会場内特設スペース
[定員] 50名

出展者プレゼンテーションに関するのお問い合わせにつきましては、
 jp.corporate@elsevier.com まで

〇展示ブース
[日時] 2016年10月12日(水)~15日(土)
[場所] 東京ビッグサイト西展示棟 W1-028
国際航空宇宙展についてはこちら
→ https://www.japanaerospace.jp/jp/Index

------------------------------------
2. ScienceDirectタイトル別バックファイルのご案内
------------------------------------
ScienceDirectでは、分野別バックファイルのパッケージに含まれていないタイトルの
バックファイルをタイトル別に販売しています。その多くは著名な学会から出版されて
いるタイトルです。

※ タイトル単位でご購入いただくことができます。
※ カッコ内は ( 搭載されている最初の巻 | 最初の出版年 | 論文数) です。
※ * が付いたタイトルは2016年に新たに搭載されたタイトルです。

- American Journal of Kidney Diseases ( 1 | 1981 | 2,821 )
- American Journal of Ophthalmology ( 1 | 1918 | 31,747 )
- Chest ( 1 | 1935 | 35,762 ) *
- Cortex ( 1 | 1964 | 1,628 )
- Journal of the American Academy of Child & Adolescent Psychiatry ( 1 | 1962 | 2,977 ) *
- The Journal of the American Dental Association ( 1 | 1913 | 30,008 )
- Journal of Cataract & Refractive Surgery ( 1 1975 | 3,220 )
- Journal of Nutrition Education and Behavior ( 1 | 1969 | 5,907 )
- Journal of Pharmaceutical Sciences ( 1 | 1912 | 31,811 ) *
- Journal of Obstetric, Gynecologic & Neonatal Nursing ( 1 | 1973 | 1,672 ) *
- Journal of the American Pharmacists Association ( 1 | 1940 | 15,890 ) *
- Journal of Vascular Surgery ( 1 | 1984 | 2,327 ) *
- Mayo Clinic Proceedings ( 59 | 1984 | 3,761 )
- Medical Clinics of North America ( 21 | 1937 | 2,308 ) *
- Ophthalmology ( 85 | 1978 | 6,171 )
- Physiotherapy ( 74 | 1988 | 3,717 )
- Psychosomatics ( 1 | 1960 | 4,437 )
- Veterinary Clinics of North America: Small Animal Practice ( 1 | 1971 | 2,515 )

各タイトルの詳細はこちら(英語)
→ https://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0008/189179/TbT-BackfilesElsevier.pdf

------------------------------------
3. Embase:2016年版収録対象誌リスト
------------------------------------
Embase(エンベース)の最新収録対象誌リストが公開されました。現在はMEDLINE
未収録の2900誌を含む8500タイトル以上のジャーナルから3200万件以上のレコード
を収録しています。

リストのダウンロードはこちら
→ https://www.elsevier.com/__data/assets/excel_doc/0005/188807/Embase-journal-list-2016.xlsx

Embaseについてはこちら
→ http://jp.elsevier.com/online-tools/embase/

------------------------------------
4. Knovel:アップデート情報
------------------------------------
エンジニア向けツールKnovelに、連邦規則集及び米国連邦運輸省、連邦道路管理局
が所有するコンテンツが加わりました。

追加されたコンテンツ例
・US Department of Transportation, DOT chart 15, Hazardous Materials Markings, Labeling and Placarding Guide
・Code of Federal Regulations 2015, Title 49

これらのコンテンツと内容が重複するため、JJ Keller & Associates, Incが発行する
5タイトルをKnovelから削除いたしました。

Knovelコンテンツプロバイダーについてはこちら(英語)
→ https://www.elsevier.com/solutions/knovel-engineering-information/expertise-behind-knovel

Knovelについてはこちら(英語)
→ http://www.elsevier.com/online-tools/knovel

------------------------------------
5. Book新刊案内
------------------------------------
◆「Encyclopedia of Spectroscopy and Spectrometry 分光学・分光分析百科事典 第3版」
分光法、分光分析について、基本的な理論、技術、応用に焦点をあて、疑問をすぐ解決する
だけでなく、より深い研究にも役立つ参考図書です。150点以上のカラー図表や、5000点に
のぼる参考文献と共に、分光学のすべての側面を包括的にカバーし、質量分析法や画像
技術とその応用、基本的な原理と利用を結びつけて解説されており、薬剤関連、化学、工学、
食品科学から法医学、生体臨床医学まで、幅広い分野でご利用いただけます。

日本語による案内、価格等の詳細はこちら
→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0003/264333/2016_8_SpectroscopyandSpectrometry3_E.pdf

※オンライン版の価格はご所属機関・ユーザー数によって異なります。
※2016年12月末日までに掲載1タイトルのオンライン版を買い取りモデルで購入いただいた
場合は、定価より20%割引となります。

※2016年10月搭載予定前版の情報はこちら
→ http://www.sciencedirect.com/science/referenceworks/9780123744135

◆「Comprehensive Materials Finishing マテリアル・フィニッシング全書(全3巻)」
マテリアル・フィニッシング技術について、学際的な観点から研究をまとめた参考図書。
製品が市場に出回る直前の加工の最終段階である仕上げ加工のプロセスについては、
これまでにも多くの技術が新規開発されてきましたが、その多くは断片的にしか説明
されてきませんでした。本書は、この分野の知見を初めて包括的にまとめています。

産業界・学界での研究開発で得られた発見やケーススタディ、仕上げ加工が3つの
タイプに分類して解説されており、材料技術やポリマー・合金の産業に携わる技術者
や科学者、関連分野を学ぶ学生に役立つ情報が収録されています。

日本語による案内、価格等の詳細はこちら
→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0020/264332/2016_6_MaterialFinishing_E.pdf

※オンライン版の価格はご所属機関・ユーザー数によって異なります。
※2016年12月末日までに掲載1タイトルのオンライン版を買い取りモデルで
ご購入いただいた場合は、定価より20%割引となります。
※2016年10月搭載予定収録内容については担当者までお問い合わせください。

------------------------------------
6. Elsevier Online Book ConnectよりBookに関する記事
------------------------------------
◆企業のR&D活動における書籍の重要性(3Mにおける活用事例)
世界的化学メーカー3Mの研究者Sumita Mitraが、自身の研究開発における書籍の
重要性についてインタビューに答えています。
Sumita Mitraは1970年代後半、グラスアイオノマー技術の歯の保存修復への実用
研究に携わり、多くの特許を取得しています。この技術の新展開の基礎には、
1冊の書籍の存在があったとSumitaは振り返っています。

詳細はこちら(英語)
→ https://onlinebooksconnect.elsevier.com/articles/researcher-story-sumita-mitra?utm_campaign=Online%20Books%20Connect%202016%20-%20monthly&utm_campaignPK=163224313&utm_term=OP19028&utm_content=237394444&utm_source=20&BID=714290507&utm_medium=email&SIS_ID=0

◆h-indexが書籍出版にもたらす効果
h-indexは論文数と被引用数を用いて、研究者の執筆論文数とその研究に対する
インパクトを計る指標です。このh-indexが書籍執筆にどのように関係するのかに
ついて、エルゼビアの書籍編集者が紹介します。
書籍はジャーナル論文の根幹を成す確立された理論を提供するエビデンスとして、
その研究分野において一定の評価を得ている研究者が執筆することが重要です。
エルゼビアでは、その書籍出版における優れた著者の確保に、h-indexを指標の
一つとして取り入れています。さらにピアレビューを行うことで、質の高い
コンテンツを提供しつづけています。

詳細はこちら(英語)
→ https://onlinebooksconnect.elsevier.com/articles/considering-the-h-index-for-book-authors?utm_campaign=Online%20Books%20Connect%202016%20-%20monthly&utm_campaignPK=163224313&utm_term=OP19028&utm_content=237394444&utm_source=20&BID=714290507&utm_medium=email&SIS_ID=0

Elsevier Online Book Connect(ニュースレター)無料購読のお申込みはこちら
→ https://communications.elsevier.com/webApp/els_doubleOptInWA?do=0&srv=els_bk_connect&sid=20&uif=0&uvis=3

------------------------------------
7.  第3回 Asia Pacific Research Intelligence Conference開催報告       
------------------------------------
6月8-9日、「Maximizing Impact-Collaboration across Disciplines, Sectors and Borders」を
メインテーマにした国際会議を慶應義塾大学と共催にて開催しました。10ヶ国の92大学・
政府機関・企業から170名以上が参加し、学際協力、国際協力や産学協力によって研究
成果のインパクトを最大化する方法についての最新情報の交換、活発な議論が行われ
ました。来年はチュラーロンコーン大学(バンコク、タイ)
 http://www.chula.ac.th/en/
にて開催予定です。

会場の様子と5つのケーススタディ(京都大学、大阪大学、香港理工大学、南洋理工
大学、チュラーロンコーン大学)の動画はこちら
→ https://www.youtube.com/playlist?list=PLO_aItZ7W088gCAvZRoo752IqAaMyqENf

プログラムはこちら
→ https://www.elsevier.com/research-intelligence/promo/tokyo2016/agenda

慶應義塾大学サイトはこちら
→ https://www.keio.ac.jp/ja/news/2016/6/15/27-17765/index.html(日本語)
→ https://www.keio.ac.jp/en/news/2016/Jun/24/48-17845/index.html (英語)
→ https://www.facebook.com/media/set/?set=a.987366278006089.1073742099.207649589311099 (Facebook)

------------------------------------
8. Scopusを活用した研究開発動向分析:VALUENEX株式会社
     「水素社会に向けた研究開発動向の俯瞰」
------------------------------------
水素は燃焼しても水しか排出しないクリーンなエネルギー源として注目されています。
とくに近年では家庭用燃料電池や燃料電池自動車などの登場により、その注目度は
ますます高まってきています。水素社会の実現に向けた3つの要素のうちの一つである
水素製造に着目し、その研究開発動向を学術文献をリソースとして分析、水素製造に
関連する論文の収集にエルゼビアのデータベースであるScopus(スコーパス)を利用
していただきレポートしていただきました。

詳しいレポートはこちら(PDF)
→ http://www.valuenex.com/upload/report/20160816.pdf

Scopusについてはこちら
→ http://www.elsevier.com/jp/scopus

------------------------------------
9.  Tip集:文献をトピックごとにまとめて管理・分析するには?
~Scopus“リスト機能”の活用~           
------------------------------------
Scopusには興味のある文献をトピックごとにまとめて管理・分析するために便利な
“リスト機能”があります。この機能を活用すれば、被引用数上位の文献のみをリスト
として保存すること等ができます。“検索結果の分析”と合わせて活用すれば、
被引用数上位の文献に絞った分析を行うことができます。
今回は「被引用数上位100文献」と「ヒットした総文献」の研究機関・国ランキングの
分析・比較の例を紹介します。

詳細はこちら
→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0005/264353/Tips_Scopus_201608.pdf

Scopusについてはこちら
→ http://jp.elsevier.com/online-tools/scopus