エルゼビア・ニュースレター:2016年4月号

■□■ 目 次 ■□■

1.   ScienceDirect:アップデート情報
2.   『Chemistry & Biology』が『Cell Chemical Biology』にタイトル名変更
3.   Scopus:最新情報
4.   PharmaPendium:アップデート情報
5.   PathwayStudio:新モジュール情報
6.   Engineering Village:データベースCompendex最新情報
7.   Geofacets(地図情報検索ツール):アップデート情報
8.   2016年日本化学会春季大会の好評書・新刊書ご案内
9.   イベント情報
10. Tip集:被引用数のトレンドから注目すべき文献を探るには?

------------------------------------
1. ScienceDirect:アップデート情報
------------------------------------
◆電子ジャーナル新タイトル情報(2016年第1四半期)
2016年第1四半期(2015年11月21日~2016年2月17日)の
電子ジャーナルの新タイトルおよびタイトル名変更についての情報をまとめ
ましたので、ご参照ください。

→ http://www.elsevier.com/jp/online-tools/sciencedirect/journals
→ http://www.elsevier.com/jp/online-tools/sciencedirect/journals/titles-alert-2016q1

◆ScienceDirect(サイエンスダイレクト)ホームページのデザイン一新
2016年4月6日からホームページのデザインが一新され、検索を中心に置いた
シンプルなデザインとなっております。
合わせて、各種モバイル端末からも使いやすいデザインとなりました。
従来の分野別情報は画面下のリンクからアクセスして頂けます。

新機能の詳細およびサンプル画面(英文ブログ)
→ http://blog.sciencedirect.com/posts/have-you-noticed-sciencedirect-has-a-new-homepage

ScienceDirectホームページ
→ http://www.sciencedirect.com

------------------------------------
2. 『Chemistry & Biology』が『Cell Chemical Biology』にタイトル名変更
------------------------------------
Cell Pressグループの『Chemistry & Biology』のタイトルが2016年1月より
『Cell Chemical Biology』に変更されました。本誌は、化学と生物学の境界
にある最先端の研究成果を出版しています。今回の名称変更の目的は、
本誌が対象とする分野がChemical Biologyであることを明確にすることと、
本誌がCell Pressグループの一誌であることを明確にすることの2つです。

Cell Chemical Biology詳細
→ http://www.sciencedirect.com/science/journal/24519456

Cell Pressホームページ
→ http://www.cell.com/chemistry-biology/home

Cell Press誌カタログ
→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0017/264032/Cell_Press_titles.pdf

------------------------------------
3. Scopus:最新情報
------------------------------------
◆Scopus(スコーパス)では、2015年7月から収録誌一覧ページにオープン
アクセス誌の表示が出るようになりました。今回、論文リスト(検索結果ページ、
リストページ、著者プロファイルページ)ならび論文の抄録+参考文献ページに
もオープンアクセス誌の表示が出るようになりました。

オープンアクセス誌は、以下のいずれかのディレクトリに登録されているジャー
ナルを対象としています。
- Directory of Open Access Journals (DOAJ)
- Directory of Open Access Scholarly Resources (ROAD)

現時点では、購読誌の一部の論文がオープンアクセスで公開されているハイブリッ
ド誌の論文は対象外です。

この新機能の詳細およびサンプル画面(英文ブログ)
→ http://blog.scopus.com/posts/more-ways-to-discover-content-from-open-access-journals-in-scopus

◆Scopus収録コンテンツについての最新情報
Scopus収録コンテンツについての詳細(収録ソースタイプ、収録範囲、メタデータ、
収録ポリシーなど)を解説した「Scopus Content Coverage Guide」がアップデート
されましたのでご案内します。

Scopus Content Coverage Guide 2016年1月版(英語、PDF)
→ https://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0007/69451/scopus_content_coverage_guide.pdf

------------------------------------
4. PharmaPendium:アップデート情報
------------------------------------
PharmaPendium(ファーマペンディウム)は、お客様からのフィードバックを元に、
2016年2月29日に以下の機能強化を行いました。

◆ユーザーインターフェースの変更
PharmaPendium の検索インターフェースが新しくなりました。
検索機能は従来と同様で変更はありません。

・検索画面が新しくなりました
・Indicationからの検索が可能になりました
・検索結果画面のカスタマイズが可能になりました
・パラメーターの範囲が指定できるようになりました
・薬剤の関連情報(薬物動態、代謝酵素トランスポーター、Efficacyなど)を
検索結果画面から表示できるようになりました

スクリーンショットを含む詳細はこちら
→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0003/264072/PP_update_1603.pdf

◆PharmaPendiumエクスポートドキュメントについてのお知らせ
インターフェースのアップデートに伴い、データをエクスポートした際に作成
されるリンク(PharamaPendiumへのリンク)が旧インターフェース時のエクス
ポートドキュメントから新しく変更になります。

主な注意点:
2016年2月29日以前に旧インターフェースで出力したドキュメントからの全て
のリンク(https://www.pharmapendium.com/fda.doなど「.do」を含む形式の
リンク)は2016年5月31日をもって使用ができなくなります。

*旧インターフェースでエクスポート済みの今後使用予定のあるドキュメントに
つきましては、再度エクスポートをお願いします。

スクリーンショットを含む詳細はこちら
→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0004/264073/PP_Export_info_1603.pdf

PharmaPendiumについてはこちら
→ http://jp.elsevier.com/online-tools/pharmapendium

------------------------------------
5. Pathway Studio:新モジュール情報
------------------------------------
Pathway Studio(パスウェイスタジオ)の新モジュールCell Effectがリリース
されました。
Cell Effectは、『細胞-疾患』、『細胞-タンパク質』、『細胞-低分子』の関係
情報をText Miningで追加収録しておりますので、以下ような情報検索が可能に
なります。

・iPS細胞からの分化に関する情報
・各種免疫細胞と疾患の関連情報
・がん細胞を抑制する低分子情報

無償トライアルのご提供、訪問紹介もしていますので、お気軽にお問い合わせ
ください。

詳細はこちら(英語)
→ https://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0016/146500/PathwayStudio_FactSheet_CellEffects_Jan-2016.pdf

Pathway Studioについてはこちら
→ http://jp.elsevier.com/online-tools/pathway-studio

------------------------------------
6. Engineering Village:データベースCompendex最新情報 
------------------------------------
Engineering Village(エンジニアリングビレッジ)の工学系に特化した書誌情報
データベースEi Compendexに関するオンラインセミナーを開催しました。
130年以上にわたるEi Compendexの歴史、Compendexの特長であるEi Thesaurus
とインデックス機能の重要性、Compendexコンテンツ情報に加え、2016年に予定
されているコンテンツのアップデート情報についてご紹介しています。
またCompendexのコンテンツ選定基準のガイドラインや「お客様の声」も掲載して
います。

このセミナー資料を一部抜粋した日本語版をご用意しました。
ダウンロードはこちら
→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0004/264127/Compendex-Content-Overview-and-Future-Updates_201604.pdf

Engineering Villageについてはこちら
→ http://jp.elsevier.com/online-tools/engineering-village

------------------------------------
7. Geofacets(地図情報検索ツール):アップデート情報
------------------------------------
資源開発や地質学研究のためのツールGeofacets(ジオファセッツ)の収録対象誌に、
新たにSociety of Exploration Geophysicistsが発行する学術雑誌3タイトル
- Geophysics、The Leading Edge、Interpretation -が追加されました。
今回のコンテンツ追加により、Geofacetsの収録マップは600,000を超えました。
昨年のAmerican Geophysical Union発行雑誌からのマップ収録に続き、地球物理学的
情報がさらに充実することで、より研究開発のお役にたつものと思います。

プレスリリース(英語)
→ https://www.elsevier.com/about/press-releases/science-and-technology/elsevier-and-society-of-exploration-geophysicists-to-enhance-subsurface-assessments-for-exploration-geoscientists-and-researchers

Geofacetsの収録対象誌全リストはこちら
→ https://www.elsevier.com/solutions/geofacets/how-geofacets-works-geologic-maps/essential-geologic-maps-and-information

------------------------------------
8. 2016年日本化学会春季大会の好評書・新刊書ご案内
------------------------------------
日本化学会 第96春季年会期間中の書籍展示でのご好評書籍および新刊書籍を
ご案内します。

【新刊書】Handbook of Polymer 第2版(ポリマーハンドブック 第2版)
【好評書】Colloidal Organization(コロイド組織)他

その他のタイトルはこちら
→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0015/264111/201604ChemMeeting_Corp.pdf

------------------------------------
9. イベント情報
------------------------------------
◆第5回 JACI/GSC シンポジウム
[日時] 2016年6月3日(金)
[場所] ANAクラウンプラザホテル神戸
[詳細URL] http://www.jaci.or.jp/gscn/page_02.html

Reaxys(リアクシス)をはじめSceienceDirectやScopus、ライフサイエンス・
ソリューションの紹介をしますので、ぜひお立ち寄り下さい。

◆Reaxys Prize Club シンポジウム in Japan 2016講演資料公開のご案内
3月24日~27日に開催されました日本化学会第96春季年会期間中にエルゼビア主催の
「Reaxys Prize Club シンポジウムin Japan 2016」を開催しました。
シンポジウムにてご講演頂いた講師の皆様の発表資料を、弊社ウェブサイトに公開
しています。

1) 基調講演:合成化学から電子材料へ ~有機半導体の合成化学~
  国立研究開発法人理化学研究所 瀧宮 和男 先生

2) ポストリチウム二次電池の開発 ~マグネシウム二次電池の創製に向けて~
  国立研究開発法人 産業技術総合研究所 マセセ・タイタス・ニャムワロ 先生

3) 非晶質ニッケルナノ粒子触媒による還元的炭素
-炭素結合形成反応; 塩の副生を伴わない卑金属粒子の還元的調製法
北海道大学大学院 工学研究院応用化学部門 百合野 大雅 先生

4) Near-IR Squaraine Dye–Loaded Gated Periodic Mesoporous Organosilica for
Photo-Oxidation of Phenol in a Microfluidic Continuous-Flow Device
東京大学大学院 理学研究科化学専攻 理学部化学科 ボーラ パリジヤト 先生

詳細はこちら
→ http://jp.elsevier.com/events/reaxys-symposium-2016

◆著者向けワークショップ開催報告・資料公開のご案内
Reaxys Prize Clubシンポジウム in Japan 2016において、著者向けワークショップを
実施しました。ワークショップでは弊社パブリッシャーの観点からみた採用される
学術論文を書く上で重要な10の秘訣について講演をしました。
講演資料(英文)を公開しましたのでご案内します。

・演題:Ten tips to get your scientific paper accepted for publication
・講演者:Mr. Jan Willem Wijnen, PhD. Executive Publisher Chemistry, Elsevier

詳細はこちら
→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0019/264106/05_Elsevier_JanWillem_presentation.pdf

------------------------------------
10. Tip集:被引用数のトレンドから注目すべき文献を探るには?
~Scopusの“引用分析”の活用~
------------------------------------
Scopusには“特定の研究テーマ”や“特定の著者”の文献の被引用数のトレンドが
一目でわかる“引用分析”の機能があります。この機能を活用すれば「どの論文が
いつごろ多く引用されているか」などの視点から、注目文献を探ることができます。
さらに、自己引用または書籍からの引用の除外もできますので、第三者からの引用
のみを確認することも可能です。

詳細はこちら
→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0005/264128/Tips_Scopus_201604.pdf

Scopusについてはこちら
→ http://jp.elsevier.com/online-tools/scopus