エルゼビア・ニュースレター:2014年4月16日号

目 次

1. ホームページが新しくなりました
 2. Scopusの参考文献拡充プロジェクトを発表
 3. Reaxysバージョンアップ情報(2014年4月新機能)
 4. ScienceDirect電子ジャーナル新タイトル情報(2014年第1四半期)
 5. レファレンスワーク新刊:Encyclopedia of Food Safety(食品安全科学百科事典)
 6. Book情報
  -Comprehensive Organic Synthesis, 2ed.(有機合成全書 第2版)
  -Encyclopedia of Toxicology, 3rd Edition(毒物学百科事典 第3版)
 7. 出版倫理に関するファクトシートの日本語版pdfを公開
 8. Pathway Studioを利用した解析事例のご紹介
 9. オンラインセミナーの録音版公開
  -「Scopus」に見るビックデータの将来像
  -Librarians & altmetrics
10. Free Articleのご紹介

------------------------------------
1. ホームページが新しくなりました
------------------------------------
3月5日よりホームページを本社サイト内に移行し、新しくなりました。内容も
一新し日本語など言語を選択することができるようになりました。
ブックマークとして追加されていた方はお手数ですが更新をお願いします。

詳しくはこちらから
→  http://www.elsevier.com/jp

------------------------------------
2.  Scopusの参考文献拡充プロジェクトを発表
------------------------------------
Scopusの参考文献拡充プロジェクトを発表しました。現在は1996年以降の
参考文献を搭載していますが、このプロジェクトにより1970年まで遡って
搭載されます。Scopusに1995年以前の参考文献を追加して学術コンテンツの
深さを増すことにより、被引用情報の精度がさらに高くなり、ユーザーは
研究活動期間をより長期的にとらえることができ、書誌情報や研究の歴史的な
トレンド分析をより大規模に行うことが可能となります。さらに、
1995年以前に論文を発表した研究者の著者情報や研究成果の指標の
ひとつであるh-index(h指数)をより正確に把握できるようになります。

プレスリリース(日本語)
→ http://www.elsevier.com/jp/press-releases/2014/20140327

プレスリリース(英語)
→ http://www.elsevier.com/about/press-releases/science-and-technology/elsevier-announces-launch-of-program-to-include-cited-references-for-archival-content-in-scopus

------------------------------------
3.  Reaxysバージョンアップ情報(2014年4月新機能)
------------------------------------
Reaxysが2014年4月にバージョンアップし、以下の機能強化が行われました。

・インターフェースの改良
・Ask Reaxysによる文脈検索機能の搭載
・Reaxys Treeによるタクソノミー表示とナビゲーション機能
・Formula Builderによる分子式入力の簡易化

スクリーンショットを含む詳細はこちらから
→ http://www.elsevier.com/jp/online-tools/reaxys/documents/Reaxys_update201404.pdf

------------------------------------
4.  ScienceDirect電子ジャーナル新タイトル情報(2014年第1四半期)
------------------------------------
2014年第1四半期の電子ジャーナルの新タイトル、タイトル名変更や、
2014年の中止・移動タイトルについての情報はこちらからご確認いただけます。

詳しくはこちらから
→  http://japan.elsevier.com/products/sd/index.html#newtitles

------------------------------------
5.  レファレンスワーク新刊:Encyclopedia of Food Safety(食品安全科学百科事典)
------------------------------------
食の安全性についての歴史や基礎科学から食品技術の最新情報までカバーし、
約280章で構成されています。食品媒介疾患、食品の潜在的リスクと管理、食品
添加物、間接食品添加物情報など重要なトピックを網羅しており、関連分野の
専門家はもちろん、栄養学、食品科学、環境学などを含め食の安全や管理に携わ
るすべての研究機関、政府機関、非政府機関、企業に信頼のおける情報を提供す
る優れたレファレンスです。
 
ScienceDirect上の詳細はこちらから(英語)
→ http://www.sciencedirect.com/science/referenceworks/9780123786135
 
※オンライン版の価格はご所属機関・ユーザ数によって異なります。
 詳しくはお問い合わせください。

------------------------------------
6.  Book情報
------------------------------------
「Comprehensive Organic Synthesis, 2ed.(有機合成全書 第2版)」
前版より大幅に改訂・更新され、有機合成研究についての最新かつ包括的な
情報が約216章にわたって提供されています。結合、酸化・還元などの分析
から、コンビナトリアル化学、新しい技術・工業化学、グリーンケミストリー
等の重要な成長分野まで広くカバー、さらに約1万のスキームや画像が収録
されています。有機合成学の専門家だけでなく、有機合成を必要とする全て
の化学者・研究者、また初学者にとっても、価値ある不可欠な情報源として
必携の書となるでしょう。
 
ScienceDirect上の詳細はこちらから(英語)
→ http://www.sciencedirect.com/science/referenceworks/9780080977430

「Encyclopedia of Toxicology, 3rd Edition(毒物学百科事典 第3版)」
9年ぶりの改訂版。Nanotoxicology, Epigenetics, Bioinformatics, POPs,
計算毒物学や問題視されている化学物質など重要なトピックスが最新の情報
に更新されています。さらに、典型的な科学的事実と共に、新しい技術に
よる潜在的な健康や環境への影響、そして世界的レベルの法律や規制の問題に
よる社会的影響に言及した新しい章が追加されました。毒物学、薬学等の研究者
はもちろん、製薬企業、毒物管理センター、環境分析コンサルタント、そして
法律家や規制の専門家の方々に有用なレファレンスとしてお薦めいたします。

 
詳しいコンテンツはこちらから(英語)
→ http://store.elsevier.com/9780123864543

※オンライン版の価格はご所属機関・ユーザ数によって異なります。
 詳しくはお問い合わせください。

 
------------------------------------
7.  出版倫理に関するファクトシートの日本語版pdfを公開
------------------------------------
出版倫理に関して研究者が不正行為を避けるための行動と背景を説明した
ファクトシートの日本語版ができました。「研究捏造」「剽窃/盗用」
「二重投稿」「サラミ式出版」「オーサーシップ」「利益相反」の6種類、
各A4一ページにまとまっています。

PDFのダウンロードはこちらから
→ http://www.elsevier.com/jp/early-career-researchers/

------------------------------------
8.  Pathway Studioを利用した解析事例のご紹介
------------------------------------
出展論文
"Microarray analysis of gene expression alteration in human middle ear epithelial cells induced by micro particl"
Song JJ et al., Int J Pediatr Otorhinolaryngol. 2013 Oct;77(10):1760-4.

この研究ではPM2.5等で知られる微小粒子状物質(particulate matter :PM)
による中耳への影響を報告しています。24時間PMに暴露したヒト中耳細胞でマイ
クロアレイを行ったところ、PMを入れる前の中耳細胞に比べ、611遺伝子で変動
があることが確認されました。その611遺伝子をPathway Studioを用いて解析を
行った結果、活性酸素生成やアポトーシス、細胞分化、炎症反応などに関連する
パスウェイを見出すことができ、中耳炎発症における大気汚染物質の影響を示唆
する結果になっています。

論文詳細はこちらから。(英語)
→  http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0165587613003984

※ScienceDirect(フルテキスト)にアクセスするためには購読が必要になります。

PathwayStudioの詳細はこちらから
→  http://www.elsevier.com/jp/online-tools/pathway-studio

------------------------------------
9. オンラインセミナーの録音版公開
------------------------------------
★「Scopus」に見るビックデータの将来像
3月19日(水)企業向け無料日本語オンラインセミナーを開催しました。
オンラインのためセミナー会場に足を運ぶ必要がなくPCで参加できるため
非常に好評をいただきました。当日の資料及び録画を限定公開していますので、
ぜひご覧ください。

→ http://youtu.be/rZiEYYuUGpc

★Librarians & altmetrics: Tools, tips and use cases
2月20日(木)深夜に開催された下記オンラインセミナーの録音版が公開されました。
Speakers: Kristi Holmes, Jenny Delasalle, Mike Taylor

詳しくはこちらから(英語)
→ http://libraryconnect.elsevier.com/library-connect-webinars?commid=96059

※閲覧にはメールアドレスの登録が必要です。

----------------------------------
10. Free Articleのご紹介
----------------------------------
今回は、関連する分野の中から最近の動向や話題等2本のFree Articleを
ご紹介します。

★Life Science Solutions articles
「ツイートのコンテンツマイニングのためのプラクティカルアプローチ」
3億以上のツイートが日々Twitterに書き込まれ、人気のあるソーシャル
メディアのプラットフォームはリサーチャーにとって豊富なデータを提供
しています。しかし、これらのちょっとしたメッセージから役に立つ情報
を収集できるようにするにはリサーチャーはまずどのように効果的に分析
するかを理解しなければなりません。

続きはこちらから(英語)
→ http://dmtrk.net/t/1VV1-263ZX-ES6OKY-XL7CK-1/c.aspx

★Chemicals articles
「伝導性ポリマーのコンポジットとブレンドのトレンド」
伝導性ポリマーは非常に多くのアプリケーションや分野に有用なため、
科学者から大きな注目を集めています。
特に、Intrinsically conducting polymers (ICPs)は幅広い可能性があり、
より詳細な研究によると、ナノスケールのデバイスに幅広く応用が期待さ
れています。

続きはこちらから(英語)
→ http://dmtrk.net/t/1VV1-263ZX-ES6OKX-XG0CF-1/c.aspx