エルゼビア・ニュースレター:2014年2月19日号

目次

 1. Scopusデータを活用した研究論文に見る"Big Data"の動向
 2. ScienceDirectバージョンアップ情報(20142月新機能)
 3. Scopusバージョンアップ情報(20142月新機能)
 4. Reaxys Medicinal Chemistry2ベータトライアルのご案内
 5. ◆企業のお客様限定◆電子ブック40%OFFキャンペーンのご案内
 6. 2014年刊行レファレンスワーク一覧
 7. 2014年より定期購読モデルからオープンアクセスに移行するジャーナル
 8. Pathway Studioを利用した解析事例のご紹介
 9. 無料オンラインセミナーのお知らせ【NEW
10. イベント情報

------------------------------------
 1. Scopusデータを活用した研究論文に見る"Big Data"の動向------------------------------------

VALUENEXコンサルティング株式会社様によるレポート
「研究論文に見るビッグデータの動向」にScopus(スコーパス)のデータを使用
いただきました。

"Big Data"という言葉が注目を集める中、大量の情報をどのように活用したら
有効になり得るかVALUENEX社様が一つの切り口として、ビッグデータに係る
学術文献情報をもとにクラスター解析を行い、研究レポートを発表しています。

詳しくは、こちらから
→ http://www.so-ti.com/report/detail168.html

------------------------------------
 2.  ScienceDirectバージョンアップ情報(20142月新機能)     ------------------------------------

ScienceDirect(サイエンスダイレクト)が201422日にバージョンアップ
され、以下の変更および機能強化がありました。

今回のリリースでは、ユーザーが必要な情報を見つけやすくすることに
フォーカスを当てています。 

1. 主要なページのユーザーインターフェースを整理し、必要な情報が
  見つけやすくなりました。
  (ホームページ、タイトル一覧ページ、ジャーナルホームページ、ブックホームページ)

2. 検索メニューを整理しました。

3. 各種のパーソナル機能が[Sign in] ボックス内にまとめられました。

画面イメージを含む詳細はこちらからご覧いただけます。
→ http://japan.elsevier.com/efi/sd_release_corp_201402.pdf

------------------------------------
3.  Scopusバージョンアップ情報(20142月新機能)    ------------------------------------

Scopus(スコーパス)が201422日(日)にバージョンアップされました。
今回のリリースでは、以下の方針によって、研究者の作業を効率化することを
目指しました。 

1. 主要なページ(ホームページ、検索結果ページ、抄録+参考文献ページ、                                            著者プロファイル、所属機関プロファイル、ジャーナルホームページ)に
   新しいデザインを適用し、全体的にクリーンなユーザーインターフェースに
     なっています。

2. いくつかの機能が、マウスを合わせたとき、またはレコードを選択したときにのみ
     アクティブなるようにしました。

    画面イメージを含む詳細はこちらからご覧いただけます。
→ http://japan.elsevier.com/efi/scopus_release_corp_201402.pdf 

------------------------------------
 4.  Reaxys Medicinal Chemistry 2 ベータトライアルのご案内------------------------------------

2014年春、エルゼビアはReaxys Medicinal Chemistry 2
(リアクシス・メディシナルケミストリー 2)をリリースいたします。

本製品では、昨年リリースした創薬化学のためのデータベースReaxys Medicinal
Chemistryを、機能・コンテンツともに大幅にアップグレードいたしました。 

Reaxys Medicinal Chemistry2の特長】

・学術論文および特許から、約450万化合物、約2,000万の生物活性データを収録
IC50KipKbといった異なるパラメータで示される数値の標準化
・反応・化合物データベースReaxysをご利用の場合、統合されたインターフェース
  から両方のデータベースへのアクセスが可能

リリースに先駆け、本製品のベータ版を無料でお試しいただけるベータトライアルを
実施いたします。

参加をご希望の方は、以下のURLにあります"Join the public beta" から
ご登録ください。 

→ http://www.elsevier.com/online-tools/promo-page/reaxys/reaxys-medicinal-chemistry-public-beta

・ベータ版は201434日よりご利用いただける予定です。
 (変更の可能性もございます)
・ご利用いただける機能には一部制限がございます。  またコンテンツも製品版とは異なりますので、予めご了承ください。
・ベータ版ではReaxysと統合されたインターフェースはご利用いただけません。

 現在Reaxysをご利用の場合でも、別のusernamepasswordでのご利用となります。

------------------------------------
 5.  ◆企業のお客様限定◆電子ブック40%OFFキャンペーンのご案内------------------------------------

エルゼビアが刊行する化学系及び薬学系ベストセラーレファレンスワーク電子版が
キャンペーン価格でご購入いただけます。

2014331日までの期間限定ですので、お早目にお申込みください。 

【化学系~Comprehensive Natural Products II(天然物化学全書 II)他4種】
→ http://japan.elsevier.com/efi/MRW_2014Chem_Campgain_Corp.pdf

【薬学系~xPharm: The Comprehensive Pharmacology Reference
(エックスファーム:薬理学全書)他4種】

→ http://japan.elsevier.com/efi/MRW_2014Pharma_Campgain_Corp.pdf

 ------------------------------------
 6.  2014年刊行レファレンスワーク一覧------------------------------------

エルゼビアは、Academic PressPergamonのインプリントで数多くのレファレンスワーク
(大型参考図書)を出版しています。2014年は化学、神経科学、食品科学を中心に、
農学、地球科学、医学、薬学、材料科学、経済学などの新刊12タイトルを取り揃えました。

2014年刊行予定のレファレンスワーク新刊タイトルをまとめたリーフレットは
こちらから
→ http://japan.elsevier.com/products/sd/2014MRW.pdf

------------------------------------
 7.  2014年より定期購読モデルからオープンアクセスに移行するジャーナル------------------------------------

2014年より以下の7誌が定期購読モデルからオープンアクセスに移行します。
Physics Letters B
Nuclear Physics B2誌は、SCOAP3(高エネルギー物理学
分野のオープンアクセスプロジェクト)への参加によるオープンアクセス化、
その他のジャーナルは、著者支払モデルのオープンアクセス誌になります。 

Physics Letters B
→ http://www.sciencedirect.com/science/journal/03702693

Nuclear Physics B
→ http://www.sciencedirect.com/science/journal/05503213

Stem Cell Research
→ http://www.sciencedirect.com/science/journal/18735061

International Journal of Infectious Diseases
→ http://www.sciencedirect.com/science/journal/12019712

Developmental Cognitive Neuroscience
→ http://www.sciencedirect.com/science/journal/18789293

Epidemics
→ http://www.sciencedirect.com/science/journal/17554365

European Journal of Cancer Supplements
→ http://www.sciencedirect.com/science/journal/13596349

プレスリリース(英文)はこちらから
→ http://www.elsevier.com/about/press-releases/research-and-journals/elsevier-to-flip-seven-subscription-journals-to-open-access-in-2014

------------------------------------
 8.  Pathway Studioを利用した解析事例のご紹介------------------------------------

"Transcriptional background of beef marbling ? Novel genes implicated in intramuscular fat deposition"
 Sadkowski, T., et al. Meat Sci. 2014 Jan 4;97(1):32-41. doi: 10.1016/j.meatsci.2013.12.017.

 牛肉の霜降り(Marbling)に関与する新たな遺伝子についての報告です。
最初に3種の牛(リムーザン、ヘレフォード、ホルスタイン)からモモ肉部分を取り出し、
遺伝子の発現を比較しています。赤身肉のリムーザンでは、霜降り肉のヘレフォードや
ホルスタインと比べ、144遺伝子で顕著な発現変化が確認されました。
次に、その144遺伝子に対して、機能情報や文献情報に基づく絞り込みやPathway Studio
を用いたパスウェイ解析を行い、霜降り化に関与する遺伝子マーカー候補の9遺伝子を選択
しました(gadd45a, pias3, ccrn4lなど)。これらの遺伝子の発現パターンは、牛肉の霜降り
化と有意な相関を示しており、畜産業者にとって有用な指標になると示唆されます。

Pathway Studio(パスウェイスタジオ)には、ヒト/マウス/ラット(Mammal)または
シロイヌナズナ(Plant)のデータが搭載されています。上記の論文ではMammal
データを用いてパスウェイを予測していますが、ゲノム情報や遺伝子情報が精査
されている生物種についてはデータをカスタマイズすることが可能です
(別途ご相談ください)。

 ・論文詳細はこちらから
→ http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0309174013006724

*ScienceDirect(フルテキスト)にアクセスするためには購読が必要になります。 

PathwayStudioの詳細はこちらから
→ http://japan.elsevier.com/products/ps/

------------------------------------
 9. 無料オンラインセミナーのお知らせ【NEW】------------------------------------

Scopus」を活用したビッグデータの将来像~VALUENEX社様~

 エルゼビアでは、企業のお客様を対象とした新たなオンラインセミナーを開催します!

初回はゲストスピーカーとしてVALUENEX社様をお招きし、
最近広く話題となっているビッグデータについて、Scopusを活用して見えてくる傾向と
将来像を講義していただく予定です。

業界を超え幅広く皆様の参考となるテーマですので、ぜひご参加ください。 

【日時】2014319()15:0015:45

お申込みはこちらから
→ https://elsevierjapancorp.webex.com/elsevierjapancorp/j.php?ED=239434552&RG=1&UID=1677960037&RT=MTEjNDk%3D

------------------------------------
 10.  イベント情報
------------------------------------

2014214日(金)~15日(土)の日程で、第5回 日本安全性薬理研究会学術年会に
 出展いたしました。

PharmaPendiumの製品紹介を中心に、企業ブース出展に加え、PharmaPendiumの検索
に関するポスター発表を行いました。

ポスター発表の資料はこちらから
→  http://japan.elsevier.com/news/events/jsps2014.pdf

・国際医薬品原料・中間体展2014CPhI Japan 2014)に出展します。
 201449日(水)~11日(金)(東京ビックサイト)ブース:G-42

今年さらなる発展が予定されているReaxysを中心に、Reaxys Medicinal Chemistry
各種製品のご紹介とデモを予定しています。

詳細については別途ご案内メールを送信予定です。

お越しの際には是非お立ち寄りください。
→ http://www.cphijapan.jp/