エルゼビア・ニュースレター:2013年10月24日号

目次

  1. Scopusデータを活用した研究開発動向分析

    - 学術文献に見るトランスレーショナルリサーチの研究開発トレンド

  2. PharmaPendiumの薬物動態データを使用した口頭発表

    - 日本たばこ産業株式会社 佐山様

  3. ニュースリリース

    - Sanofi社がQuosaを導入

  4. ScienceDirectバージョンアップ情報(2013年8月新機能)
  5. ScienceDirect新クイックレファレンスガイドのご案内
  6. ScienceDirect 2014年電子ジャーナル各種タイトル情報
  7. 2014年冊子体ジャーナル価格表を発表
  8. オープンアクセス誌 新タイトル情報(2013年第3四半期)
  9. Reaxysの検索テクニック活用例
  10. Pathway Studioを利用した解析事例のご紹介
  11. イベント情報

    - ダイアローグ社主催セミナー出展のご案内
    『疾患および創薬研究をサポートするバイオインフォマティクス・ツール
    のご紹介』
    - エルゼビアライブラリーワークショップ開催

-----------------------------
1. Scopusデータを活用した研究開発動向分析
    - 学術文献に見るトランスレーショナルリサーチの研究開発トレンド
-----------------------------

株式会社創知様によるレポート「-学術文献に見るトランスレーショナル
リサーチの研究開発トレンド-大量文書情報を活用した研究開発動向分析」
にScopusのデータを使用頂きました。

1990年より現在までのトレンドの移り変わりや、クラスター解析による研究
領域分析、研究開発の発展可能性領域抽出などが報告されています。

レポートはこちらから
http://www.so-ti.com/report/detail150.html

-----------------------------
2. PharmaPendiumの薬物動態データを使用した口頭発表
    - 日本たばこ産業株式会社 佐山様
-----------------------------

10月11日(金)に日本薬物動態学会第28回年会にて、日本たばこ産業株式会社
医薬総合研究所 薬物動態研究所 佐山裕行様により弊社PharmaPendiumの
薬物動態データを使用した口頭発表が行われました。

発表タイトル:
慢性腎疾患におけるトランスレーショナルリサーチ -Top-down アプローチ
に基づいた生理学的モデルの有用性-
○佐山 裕行1、小村 弘1、小粥 基弘1、岩城 正宏2
1日本たばこ産業株式会社 医薬総合研究所 薬物動態研究所
2近畿大学薬学部医療薬学科

日本薬物動態学会第28回年会トップページ
http://www.jssx.org/nenkai28/program.php

-----------------------------
3. ニュースリリース
    - Sanofi社がQuosaを導入
-----------------------------

Sanofi社がPharmacovigilance(医薬品安全性・副作用調査)部門にて副作用・
有害事象のモニタリングを効率的に運用するために、論文・特許などの文献
管理システムであるElsevierのQuosaを導入しました。

Quosaは自社の医薬品に関する文献をデータベースなどから収集し、バーチャ
ルライブラリー内で共有するためのシステムです。保存された文献には、コ
メントや重要度などを付与することも可能で、製薬会社の薬事、学術部門な
どを中心に活用されています。

-----------------------------
4. ScienceDirectバージョンアップ情報(2013年8月新機能)
-----------------------------

ScienceDirectが2013年8月25日にバージョンアップされ、以下の変更および
機能強化がありました。

スクリーンショットを含む詳細情報はこちらから
http://japan.elsevier.com/sdsupport/sd_release_201308.pdf

-----------------------------
5. ScienceDirect新クイックレファレンスガイドのご案内
-----------------------------

2013年8月までのバージョンアップの内容を反映した、ScienceDirectクイッ
クレファレンスガイドの新版(2013年9月版)を作成いたしました。

PDF版は、日本語ホームページ「利用者向け使い方ガイド」のページからご
利用いただけます。
http://japan.elsevier.com/sdsupport/index.html#user_guides

-----------------------------
6. ScienceDirect 2014年電子ジャーナル各種タイトル情報
-----------------------------

英語情報サイトのUp-to-date Journal Title Informationのページに2014年
の各種タイトルリストが掲載されています。
http://info.sciencedirect.com/content/journals/titles/

利用頻度が高いタイトルリスト(現在発行中のタイトル、無料公開タイトル、
タイトル変更、発行中止タイトル等)については、日本語ホームページにも
リンク集を用意いたしましたので、ご活用ください。
http://japan.elsevier.com/products/sd/index.html#titles

-----------------------------
7. 2014年冊子体ジャーナル価格表を発表
-----------------------------

2014年冊子体ジャーナル価格表が発表されています。本社ホームページから
Excelファイルでダウンロードできます。

http://www.elsevier.com/journal-pricing/subscription-price-list-for-librarians-and-agents

-----------------------------
8. オープンアクセス誌 新タイトル情報(2013年第3四半期)
-----------------------------

エルゼビアでは、40タイトル以上の著者支払いモデルのオープンアクセス誌
(ゴールドOA誌)を発行しています。2013年第3四半期に新たに出版を開始
したオープンアクセス誌をご紹介いたします。

エルゼビアの著者支払いモデルのオープンアクセス誌の一覧はこちらから
http://www.elsevier.com/about/open-access/open-access-journals

-----------------------------
9. Reaxysの検索テクニック活用例
-----------------------------

Reaxysの検索テクニック活用例をサポートページに掲載いたしました。検索
例と活用したテクニックを合わせてご紹介しています。Reaxysをより使いこ
なしていただくために、是非ご覧ください。検索事例は随時更新予定です。

詳しくはこちらから
http://japan.elsevier.com/reaxyssupport/index.html#advanced

-----------------------------
10. Pathway Studioを利用した解析事例のご紹介
-----------------------------

-----------------------------
11. イベント情報
     - ダイアローグ社主催セミナー出展のご案内
       『疾患および創薬研究をサポートするバイオインフォマティクス・ツール
       のご紹介』
     - エルゼビアライブラリーワークショップ開催
-----------------------------