エルゼビア・ニュースレター:2011年6月30日号

目次

  1. 新しい「Article of the Future」のプロトタイプを公開
  2. SciVerse ScienceDirectのジャーナルにGoogle Mapsの機能を導入
  3. 「Apps for Library Idea Challenge」コンテストの審査員を発表
  4. SciVerse Scopus Author Feedback Wizardを導入
  5. SciVerse Scopus基本検索ガイド(2011年7月版)
  6. Reaxysをバージョンアップ(6月18日)
  7. 2011 Reaxys PhD Prize(Reaxys若手研究者賞)の受賞者を発表
  8. ライブラリ・コネクト・ニュースレター Vol.9 No.2
     『Marketing the Library(図書館マーケティング)』
  9. イベント出展情報
    • 日本トキシコロジー学会学術年会
    • プロセス化学国際シンポジウム

-----------------------------
1. 新しい「Article of the Future」のプロトタイプを公開
-----------------------------

エルゼビアは、新しい「Article of the Future」のプロトタイプを公開し
ました。これは、2009年にCell Pressジャーナルで提案された最初の
「Article of the Future」に改良を加えたもので、7つの分野のプロトタイ
プが発表されています。各論文は3つのフレームで構成されており、中央に
PDF版の読みやすさを踏襲した論文本体、左側にナビゲーションのための論
文アウトライン、右側にアプリケーションや分野に特有なツールが提供され
ています。読みやすさ(readability)、発見性(discoverability)、拡張
性(extensibility)を追及しています。

プロトタイプと特長はこちらから。
http://www.articleofthefuture.com

プレスリリース(英語)はこちらから。
http://www.elsevier.com/wps/find/authored_newsitem.cws_home/companynews05_01979

-----------------------------
2. SciVerse ScienceDirectのジャーナルにGoogle Mapsの機能を導入
-----------------------------

SciVerse ScienceDirectのジャーナル論文にGoogle Mapsの機能を組み込む
ことが可能になりました。「Article of the Future」プロジェクトの1つと
して開発されました。現在下記の7誌が対応していますが、今年後半には適
応可能なすべてのジャーナルが対応する予定です。著者が地図情報を論文に
含めたい場合、オンライン投稿システムに本文、イメージファイルなどと並
んで、地図情報をXMLの一種であるKMLで記述してアップロードします。

サンプルはこちらから。

プレスリリース(英文)はこちらから。
http://www.elsevier.com/wps/find/authored_newsitem.cws_home/companynews05_01970

-----------------------------
3. 「Apps for Library Idea Challenge」コンテストの審査員を発表
-----------------------------

フルテキストデータベースSciVerse ScienceDirect、書誌・引用データベー
スSciVerse Scopus向けのアプリケーションのアイデアを募集する
「Apps for Library Idea Challenge」コンテストの審査員が発表されまし
た。CNIのClifford Lynch氏をはじめとする錚々たる10名が選ばれています。

Code4Lib 2011 Conference Chair

コンテストの優秀賞2名には、750ユーロ(1,000米ドル相当)の賞金が贈ら
れるほか、エルゼビアの図書館情報学のジャーナルおよびライブラリ・コネ
クト・ニュースレターで紹介されます。応募締め切りは9月2日。最終結果は
11月に発表されます。

コンテストの詳細および応募方法はこちらから。
http://www.appsforlibrary.com/
http://japan.elsevier.com/products/sciverse/#apps_for_library

-----------------------------
4. SciVerse Scopus Author Feedback Wizardを導入
-----------------------------

SciVerse Scopusの著者プロファイル情報の修正リクエストの方法が簡単に
なりました。著者プロファイルに示される氏名表記や、論文の過不足のリク
エストを、画面のウィザードに従って操作するだけで簡単に本社ヘルプデス
クにリクエストすることができます。

操作方法をまとめた日本語ガイドはこちらから。
http://japan.elsevier.com/scopussupport/scopus_author_feedback_wizard.pdf

-----------------------------
5. SciVerse Scopus基本検索ガイド(2011年7月版)
-----------------------------

SciVerse Scopusの基本検索ガイド(2種類)を作成しました。

-----------------------------
6. Reaxysをバージョンアップ(6月18日)
-----------------------------

6月18日にReaxysのバージョンアップが実施され、更に使いやすくなりました。
主な新機能や変更点は以下の通りです。

詳細は、ReaxysのQueryページ下部のAbout Reaxysのリンクからご参照ください。

-----------------------------
7. 2011 Reaxys PhD Prize(Reaxys若手研究者賞)の受賞者を発表
-----------------------------

有機化学、有機金属化学、無機化学の博士課程または博士号取得後12ヶ月以
内の若手研究者の方々を対象とした 2011 Reaxys Ph.D. Prize(Reaxys若手
研究者賞)の受賞者が発表されました。世界中から300を超えるご応募をい
ただき、このたび厳正なる審査の結果、3名の受賞者とファイナリストが決
定いたしました。

日本からは京都大学の岩崎真之様(現岡山大学理学部化学科助教)がファイ
ナリストに選出されました。

受賞者3名とファイナリストのみなさまには、9月5日~8日にタイ・バンコク
で開催される14th Asian Chemical Congress 2011の
Reaxys PhD Prize Symposiumで研究内容の招待発表していただくことになっ
ています。

受賞者3名とファイナリストのプロファイルはこちらから。
http://prize.reaxys.com/

プレスリリース(英文)はこちらから。
http://www.elsevier.com/wps/find/authored_newsitem.cws_home/companynews05_01995

-----------------------------
8. ライブラリ・コネクト・ニュースレター Vol.9 No.2
-----------------------------

ライブラリ・コネクト・ニュースレター最新号の英語版と日本語版ができま
した。本号のテーマは『Marketing the Library(図書館マーケティング)』
です。さまざまな記事を通して、図書館の利用と価値を向上させる取り組み
を紹介しています。

これまでは印刷版をお送りしていましたが、今後は弊社ウェブサイトにて
ご提供してまいります。以下のURLよりバックナンバーも含めてご覧いただけます。

ライブラリ・コネクト・ニュースレターはこちらから。
http://japan.elsevier.com/news/lc/

-----------------------------
9. イベント出展情報
-----------------------------

以下のイベントにブースを出展します。各種製品デモを行っておりますので、
お越しの際は是非お立ち寄りください。
詳細はこちら: http://japan.elsevier.com/news/events/index.html

7月11日(月)~13日(水) (会場:パシフィコ横浜)

8月11日(木)~12日(金) (会場:国立京都国際会館)

また、先日6月7日に出展しました第13回化学電池材料研究会ミーティングでお配りした
ScopusとReaxysの資料を下記に掲載していますので、是非ご覧ください。
Scopus: 「graphen」というキーワードでの検索結果
Reaxys: FePO4イオンを含む電池材料の合成法および実測物性値の検索
http://japan.elsevier.com/news/events/chembattery2011/ChemBattery.pdf