エルゼビア・ニュースレター:企業向け

このニュースレターは、ScienceDirect、Scopusをはじめとする、エルゼビアの出版物・電子製品をご利用の企業の皆様に配信しています。

2017年4月19日号

■□■ 目 次 ■□■

1. ScienceDirect:電子ジャーナル新タイトル情報

2. Scopus:バージョンアップ情報

3. 新しいジャーナル評価指標「CiteScore」がブックシリーズにもたらす効果

4. Reaxys:New Reaxys検索例の紹介

5. お客様の声・事例紹介
  ◆PharmaPendium:皮膚病に特化した大手製薬企業編
  ◆Scopus:医療機器メーカー編

6. イベント情報:第10回ジェンダーサミットのご案内

------------------------------------
1. ScienceDirect:電子ジャーナル新タイトル情報
------------------------------------
2017年第1四半期(2016年11月17日~2017年3月2日)の電子ジャーナルの
新タイトル、タイトル名変更についての情報をまとめました。

→ http://www.elsevier.com/jp/online-tools/sciencedirect/journals
→ http://www.elsevier.com/jp/online-tools/sciencedirect/journals/titles-alert-2017q1

コーポレートエディションのタイトルリストはこちら
→ http://info.sciencedirect.com/techsupport/journals/corpedcoll.htm

ScienceDirect(サイエンスダイレクト)についてはこちら
→ http://jp.elsevier.com/online-tools/sciencedirect

------------------------------------
2. Scopus:バージョンアップ情報
------------------------------------
2017年3月30日(木)にScopus(スコーパス)のバージョンアップが行われ、
以下の変更および機能強化が行われました。

・論文の根拠となる研究データが外部のデータリポジトリに存在する場合に、
 研究データへのリンクが抄録ページの [Related Research Data] 欄に
 表示されるようになりました。Data Literature Interlinking(DLI)
 サービスおよびScholixとの協力によるものです。

・論文のAcknowledgements(謝辞)のフルテキストを検索できるようになり
 ました。詳細検索の検索式 FUND-ALL(検索語) で検索できます。

Scopusでは、謝辞のフルテキストの索引付けを2008年まで遡って行ってい
 ます。謝辞のフルテキストは、抄録ページの [助成金テキスト] 欄(英語
 ユーザーインターフェースでは [Funding Text] 欄)で確認できます。

・CiteScore(サイトスコア)値の算出根拠となる論文リストを確認できる
 ようになりました。CiteScore2015の場合、割り算の分母となる「2012~
 2014年に出版された論文数」と分子となる「2012~2014年に出版された
 論文が2015年に引用された回数」の両方の論文リストを確認できます。
 論文リストをCSVファイルとしてエクスポートすることも可能です。

・ScopusとSciVal(サイバル)の両方をご利用いただいているお客様の場合に、
 検索結果ページのエクスポートのメニューに [SciVal] の選択肢が表示され
 るようになりました。自分で定義した論文リスト(Publication Set)を
 SciValにインポートし、分析を行う手順が容易になりました。

画面を含む詳細情報はScopus Blog(英語)をご覧ください。
→ https://blog.scopus.com/posts/new-on-scopus-link-to-datasets-search-funding-acknowledgements-and-find-more-citescore

------------------------------------
3. 新しいジャーナル評価指標「CiteScore」がブックシリーズにもたらす効果
------------------------------------
2016年12月、Scopusのデータに基づいた新しいジャーナル評価指標CiteScore
がリリースされました。
CiteScoreは、あるジャーナルに出版された論文が平均でどれくらい引用された
かを示すもので、ブックシリーズに収録される論文もこの指標の対象となります。
エルゼビアはMethods in Enzymologyなど著名なブックシリーズを多数刊行して
おり、各分野の半数である31シリーズがCiteScoreのランキング上位25%に位置
していることから、引用が多い論文が収録されていることがわかります。
ブックシリーズは、ジャーナル論文と比べ、特定の手法を論じたもの、レビュー
したものなどが多く、長期間引用される傾向がみられます。それにより、確立
された知見を得るための貴重な情報源であることが示唆されます。

オリジナル記事(英文)はこちら
→ https://onlinebooksconnect.elsevier.com/articles/citescore-and-elseviers-book-series

Methods in Enzymology (ScienceDirect)についてはこちら
→ http://www.sciencedirect.com/science/bookseries/00766879

CiteScoreについてはこちら
→ http://jp.elsevier.com/online-tools/scopus/citescore

Elsevier Online Book Connect(英語ニュースレター)無料購読のお申込みはこちら
→ https://communications.elsevier.com/webApp/els_doubleOptInWA?do=0&srv=els_bk_connect&sid=20&uif=0&uvis=3

------------------------------------
5. Reaxys:New Reaxys 検索例の紹介
------------------------------------
新しくなったReaxys(リアクシス)の検索例を動画(英語:約1分)で紹介して
います。New Reaxysは、お客様からのご要望やフィードバックをもとに大幅に
改良し、より直観的に使えるインターフェースになり、さらに収録コンテンツ
も拡大しました。また、構造式と文字列を組み合わせた検索もより容易にできる
ようになりました。

【New Reaxysの特長】
・より検索しやすいシンプルなインターフェース
・日本・韓国・中国・台湾を含むアジア圏特許データの追加
・新たに約15,000誌のジャーナルにおける構造式も含めた全文情報から
 インデキシングを行ったデータの収録を開始

New Reaxys検索例の動画(英語)
→ http://service.elsevier.com/app/answers/detail/a_id/14682/supporthub/reaxys/

New Reaxysについて(英語)
→ https://www.elsevier.com/promo/rd-solutions/reaxys/the-new-reaxys

------------------------------------
6. お客様の声・事例紹介
------------------------------------
◆PharmaPendium:皮膚病に特化した大手製薬企業編
『数週間かかっていた調査時間が数時間に短縮できました』
ある特定のプロジェクトにおいて、薬物動態担当者に薬剤分子についてアドバイス
をもらう際、PharmaPendium(ファーマペンディウム)を使うことにより、薬剤
分子名の検索、PKデータの抽出を1セッションで行うことができ、大幅な時間短縮
ができた事例の紹介です。

詳細は情報担当者によるインタビュー記事をご参照ください。
→ https://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0008/77948/ELS_PP-Dermatology-CS_r4_Web-Optimized.pdf

◆Scopus:医療機器メーカー編
『研究動向調査・共同研究先やKOL探索』
医療機器メーカーの病理研究者James氏は常に10以上のプロジェクトを担当して
います。多忙な業務の中で、短時間に可能性のある科学的アプローチの探索、
業界のKOLの特定といった目的などにScopusを活用しています。

詳細はJames氏のインタビュー記事をご参照ください。
→ https://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0004/263173/Elsevier-Case-Study-Scopus-Medical-Device-Company.pdf

------------------------------------
7. イベント情報:第10回ジェンダーサミットのご案内
------------------------------------
2017年3月エルゼビアは、「Gender in the Global Research Landscape (世界の
研究環境におけるジェンダー)」の最新報告書を発表しました。

このレポートは、12の国と地域、27分野における20年間にわたる調査結果を包括
的に網羅しており、世界中の政府、資金提供者、および大学に情報を提供する
ために、学術的な成果と研究への影響についてエビデンス・ベースの調査を行い、
ジェンダーの役割への理解を深めていただくことを目的に作成されました。

国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST)及び日本学術会議の共催による
「ジェンダーサミット10」は、「ジェンダーとダイバーシティ推進を通じた科学
とイノベーションの向上」を主テーマに2017年 5月25、26日の2日間、東京都
千代田区の一橋講堂で開催されます。エルゼビアもスポンサーとして協力して
いますので、ぜひご参加ください。

ジェンダーサミット10開催概要・参加お申込みはこちら
→ http://www.gender-summit10.jp/index.html

Gender in the Global Research Landscapeの詳細はこちら(英語)
→ https://www.elsevier.com/research-intelligence/campaigns/gender-17

購読方法

エルゼビア・ニュースレター(企業向け)の配信をご希望の方は、貴社名、部署名、氏名、住所、電話番号、メールアドレスをご記入の上、弊社マーケティング(jp.corporate@elsevier.com)までお送りください。

※ 大学・政府機関のお客様は、エルゼビア・ニュースレター(大学・政府機関向け)をご購読ください。

※ ミクスOnlineのメールマガジン「eX-press News」のお申し込みは、こちらから。