エルゼビア・ニュースレター:企業向け

このニュースレターは、ScienceDirect、Scopusをはじめとする、エルゼビアの出版物・電子製品をご利用の企業の皆様に配信しています。

2017年10月18日号

■□■ 目 次 ■□■

1. ヘルプデスクお問い合わせ先変更のお知らせ

2. Scopusを活用した研究開発動向分析:VALUENEX株式会社
     「学術文献による感性工学および関連研究の動向」

3. 2018年冊子体ジャーナル価格表

4. 2018年ScienceDirectジャーナルタイトル変更情報

5. Lancetから「The Lancet Child & Adolescent Health」を創刊

6. Reaxys:新バージョンへのリダイレクト開始について

7. お客様の声・事例紹介
     Reaxys:接着剤企業の課題解決事例

8. Webinarのご案内(録音版)
     「PharmaPendiumを用いた薬物相互作用の予測」
     「Embaseを用いたメディカルデバイスの臨床評価および市販後調査情報の収集」

9. Knovel:アップデート情報

10. ブック新刊案内
     ◆Comprehensive Composite Materials II(生体材料学全書Ⅱ)
     ◆Comprehensive Membrane Science and Engineering, 2e.

11. イベント情報
     ◆開催報告:ライフサイエンス ソリューションセミナー
     ◆開催報告:CBI学会2017年大会
     ◆第35回メディシナルケミストリーシンポジウム
     ◆2017特許・情報フェア&コンファレンス

------------------------------------
1.  ヘルプデスクお問い合わせ先変更のお知らせ
------------------------------------
2017年11月1日(水)より、ヘルプデスクのお問合せ先が変更になります。
E-Mailでのお問い合わせが廃止となり、Support Centerの各製品毎のお問合せ
フォーム(web)からご質問事項をご入力いただき、お問い合わせいただくようになります。
尚、この変更に伴うお問い合わせ先電話番号の変更はありません。

<現在>
Email: jpinfo@elsevier.com (10月31日にてサポート終了)
電話: 03-5561-5035

<新しい連絡先>
お問合せフォーム:
各製品のSupport Center(英語) https://service.elsevier.com/app/answers/detail/a_id/17532/
各製品のリンクをクリックいただくとお問合せフォームまたはFAQが表示されます。
FAQの場合、EmailまたはContact Usをクリックいただくとお問合せフォームが表示されます。
*日本語のお問い合わせフォームをご用意している製品もございます。
該当製品の「日本語お問合せフォーム」をクリックしてください。

電話: 03-5561-5035(従来通り)

------------------------------------
2.  Scopusを活用した研究開発動向分析:VALUENEX株式会社
     「学術文献による感性工学および関連研究の動向」
------------------------------------
-感性や感情をエンジニアリングする-
「学術文献による感性工学および関連研究の動向」

近年、製品のライフサイクルが短くなってきているといわれます。
顧客志向やライフスタイルの変化によるニーズの減少や低価格化、代替え品の
登場など様々な要因が挙げられる中、製品に新たな付加価値を与えるひとつの
切り口が、感性ではないかと考えられています。

感性工学は日本発かつ比較的新しい学術領域であり、感性工学および関連し得る研究の
全体像がどうなっているか、まだどのようなプレイヤーがどのような研究を行っているかを
把握することが、製品開発やサービスに感性工学的アプローチを取り入れるうえでは重要
であると考えられます。今回、学際的な文献収録と横断的な検索が可能なScopus(スコーパス)
を用い、感性工学ならびにそれに類する研究を広く収集し、分析に活用いただきました。

詳しいレポートはこちら(PDF)
→ https://valuenex.com/wp/wp-content/uploads/kansei20171017.pdf

Scopusについてはこちら
→ http://jp.elsevier.com/online-tools/scopus
 
------------------------------------
3. 2018年冊子体ジャーナル価格表
------------------------------------
2018年冊子体ジャーナル価格表を公開しました。下記ページからExcelファイルで
ダウンロードできます。

→ http://www.elsevier.com/books-and-journals/journal-pricing/print-price-list

------------------------------------
4.  2018年ScienceDirectジャーナルタイトル変更情報
-----------------------------------
2018年のScienceDirect(サイエンスダイレクト)ご契約の更新手続きをスムーズに
行っていただくために、2018年のジャーナルタイトルの変更情報をまとめた専用
ページを用意しました。

・他の出版社からエルゼビアに移動するタイトル
・エルゼビアから他の出版社に移動するタイトル
・中止するタイトル
・オープンアクセスから購読モデルに変更されるタイトル

→ http://jp.elsevier.com/online-tools/sciencedirect/journals#2018

------------------------------------
5.  Lancetから「The Lancet Child & Adolescent Health」を創刊------------------------------------
高品質の医学ジャーナルを出版するLancetグループより、
「The Lancet Child & Adolescent Health」が創刊されました。一般小児科、思春期医学、
または児童発育の分野にわたる高品質の原著論文、レビュー、ニュース、コメントを出版します。

本タイトルは、個別タイトルとしてのご契約が必要です。機関購読価格については
担当者までお問い合わせください。

ScienceDirectホームページ
→ http://www.sciencedirect.com/science/journal/aip/23524642

Lancetホームページ
→ http://www.thelancet.com/journals/lanchi/onlinefirst

------------------------------------
6.  Reaxys:新バージョンへのリダイレクト開始について
------------------------------------
現行Reaxys(リアクシス)のご提供期限は2017年11月30日となっており、Reaxys
新バージョンへ順調に移行しています。移行措置の一環として、10月以降は現行
バージョンURLにアクセスをしても自動的に新バージョンへリダイレクトされる
機能が実装される予定です。(お客様により実装のタイミングは異なります)。
まだ新バージョンをお試しいただいていないお客様には、なるべく早い段階での
ご利用開始をお勧めいたします。

新バージョンではアジアの特許や雑誌の収載範囲が大幅に拡充され、人間工学に
基づいたインターフェースによる最短クリックでの検索結果の取得が可能になっています。
既に多くのご利用者の皆様に講習会を実施させていただき大変好評をいただいています。
現行Reaxysの登録ユーザー情報、AlertおよびHistory保存データは自動的に引き継がれます。
Alert機能も搭載され、Link-in Search機能、バッチ検索にも対応しました。
新たに試薬データベースとしてSigma-Aldrich社のデータベースへのリンクも実装され、
より使いやすくなりました。

新バージョンの使い方資料はこちら
→ http://jp.elsevier.com/online-tools/reaxys/documents/Reaxys_searchguide2017.pdf

新しいReaxysインターフェースへのアクセスはこちら
→ https://new.reaxys.com/

------------------------------------
7.  お客様の声・事例紹介
------------------------------------
Reaxys:接着剤企業の課題解決事例

「コスト削減によって我々はより高い利益を得られ、コーティング事業を異なる事業へ
拡げることができました。我々はより多くの実験にReaxysを使うつもりです」

ある接着剤企業の化学者チームは、海上掘削装置を高塩濃度のサビから防ぐコーティング剤を
開発することにより、石油ガス分野へ事業拡大を図っていました。
しかし、プロジェクトのリーダーであるJack Spacekとチームは、接着剤に関して素材が高額
であると製品化できないと分かっていました。実質的なコスト削減をしなければ、市場に出す
道はありませんでしたが、負担の大きいものの一つが、素材として必要とする化合物であった
ため、Reaxysを使うことで代わりとなり得るコーティング剤に関連した情報を検索しました。
その結果、数多くのモノマーの情報を得ることができ、コストと時間を大幅に削減することに
成功しました。

詳細はこちら(英語)
→ https://www.elsevier.com/solutions/reaxys/customer-stories/expanding-business-offerings-new-market

------------------------------------
8.  Webinarのご案内(録音版)
------------------------------------
「PharmaPendiumを用いた薬物相互作用の予測」
PharmaPendium(ファーマペンディウム)では、実験・文献データを元に薬物相互作用の
リスクを算出する『Drug-Drug Risk Interaction Calculator(DDIRC)』を新規公開しました。

本Webinarでは、DDIRCを用いてある薬物がどの既存薬と相互作用を起こしうるか、
またそのリスクはどの程度かを算出する方法を事例と共に紹介しています。
また、DDIと関連の深い『薬物動態モジュール』や『代謝酵素・トランスポーターモジュール』の
概要およびこれらのモジュールから得られるデータをDDIRCに適用した事例も併せて紹介
しています。

録音版の視聴はこちら
→ https://attendee.gotowebinar.com/recording/3260524052647231746

セミナー資料のダウンロードはこちら
→ http://supportcontent.elsevier.com/Support%20Hub/Pharmapendium/Documents/7474-PharmaPendium_DDI%20webinar%20Oct3%202017.pdf


「Embaseを用いたメディカルデバイスの臨床評価および市販後調査情報の収集」
欧州では今年5月に新しい医療機器規制(MDR)が発表され、これに伴って欧州臨床評価
ガイダンス(MEDDEV 2.7/1)が改訂されました。このWebinarではMDR/MEDDEVで求め
られている評価報告書(CER)や市販後調査(PMCF, PSUR)について概説し、またこれらに
必要な文献収集をEmbase(エンベース)に搭載されたPICO(ピコサーチ)やDevice Searchを
用いて効果的に行う方法や、当局へのレポートに有用な検索式・検索結果のダウンロードや
アラートの設定などについてケーススタディを交えて解説しています。

録音版の視聴はこちら
→ https://attendee.gotowebinar.com/recording/5306999965339708161

セミナー資料のダウンロードはこちら
→ http://supportcontent.elsevier.com/RightNow%20Next%20Gen/Embase/Finding%20the%20right%20Medical%20Device%20information%20in%20Embase_Webinar_Sep%202017.pdf

------------------------------------
9.  Knovel:アップデート情報
------------------------------------
エンジニア向けワークフローツールKnovel(ノベル)のインターフェースが変わり以下の
機能強化が行われました。今回の機能強化によって、より早い検索ができ、より精度の
高い情報を入手できるようになりました。

・インターフェース全般の刷新
・“engineering concepts”を利用した検索結果の絞り込み機能の追加
・最近の検索履歴の”My Knovel”への自動保存が可能
・PDF viewerの変更とコメント機能の追加

変更に関する概要はこちら(英語)
→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0007/265489/ELS_ACAD_EP_KN_FS_NEW-KNOVEL_HR-SPREADS.pdf

Knovelのホームページ(英語)
→ https://www.elsevier.com/solutions/knovel-engineering-information

------------------------------------
10.  ブック新刊案内
------------------------------------
◆Comprehensive Composite Materials II(生体材料学全書Ⅱ)
2000年刊行の前版以降の研究応用技術の進歩を網羅しています。複合材料による
性能強化と一般理論からはじまり、ポリマー、金属、セラミックおよび炭素による複合材料の
基礎、製造と応用例までを各複合材料の違いを明確に整理しながら、丁寧に解説。
新素材を用いた事例や気候変動や自然環境への対策強化、再生可能資源からの
母材利用など、現代社会で重要な複合材料の技術を多数紹介しています。

収録内容、価格等の詳細はこちら
日本語→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0017/265301/2017-7_CompCompositeMaterial2-E_170807.pdf
英語→   http://www.sciencedirect.com/science/referenceworks/9780081005347

◆Comprehensive Membrane Science and Engineering, 2e.
膜工学に関する情報がまとめられた参考書の改訂版。膜技術の進歩は著しく、水のほか、
二酸化炭素や水素等のガス分離など産業への応用範囲も広く見られます。
生産プロセス、環境プロセスなどあらゆるプロセスで必要な膜について、ポリマーを材料と
した膜の開発と応用展開、膜コンデンサー、結晶膜、膜乳化といった膜技術の最新情報を
幅広く網羅しています。化学、化学工学、物質科学、物理学、生物学、食品科学などの分野で
膜にかかわる研究従事者、膜プロセスにかかわる技術者にも有用な書です。

収録内容、価格等の詳細はこちら
日本語→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0016/265300/2017-6_CompMembraneSci-and-Eng2-E_170807.pdf
英語→   http://www.sciencedirect.com/science/referenceworks/9780444637963

[その他タイトル]
・Encyclopedia of Sustainable Technologies(サステイナブル・テクノロジー百科事典)
日本語→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0005/265298/2017-4_EncSustainableTech-E_170807.pdf
英語→   http://www.sciencedirect.com/science/referenceworks/9780128047927

・Comprehensive Geographic Information Systems(地理情報システム全書)
日本語→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0006/265299/2017-5_CompGeoInfoSystem-E_170807.pdf
英語→   http://www.sciencedirect.com/science/referenceworks/9780128047934

※オンライン版の価格は所属機関タイプとユーザー数によって異なります。

Elsevier Online Book Connect(無料)の購読申込みはこちら
→ https://onlinebooksconnect.elsevier.com/

------------------------------------
11. イベント情報
------------------------------------
◆開催報告:ライフサイエンス ソリューションセミナー
2017年9月5・7日ライフサイエンス ソリューションセミナーを開催しました。
本セミナーで講演した資料を公開しています。新しいReaxysやカスタマイズソリューション
Professional Servicesについて紹介しています。

New Reaxys講演資料
→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0003/265413/Reaxys_the_foundation_jp.pdf

Professional Services資料
→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0004/265414/20170824-ELS-Corp-RD-Professional-Services-Overview-Version-2.0-FINAL.pdf

◆開催報告:CBI学会2017年大会
CBI学会2017年大会にて出展ならびにポスター発表を行いました。
ポスター発表詳細は担当よりご案内できますので、ご興味のある方は、弊社まで
お問い合わせください。

演題:
On/off targets based toxicity prediction analysis and verification

要旨:
低分子が作用する(親和性のある)タンパク質『群』をベースにした毒性/活性予測は、
実用的な事例は少なく、特に創薬研究で用いられている商用データベースを使ったものは
多くはない。本発表では、低血糖以外の重度な副作用が少ないとされるフェニルアラニン
誘導体 (グリニド系)に着目し、これらが作用するタンパク質『群』を対象にして解析を行った。
また、その解析結果とFDA/EMAで報告されている毒性情報の比較検証も実施した。

◆第35回メディシナルケミストリーシンポジウム
2017年10月25、26日ポスター及び企業展示に出展します。
Reaxys Medicinal Chemistry(リアクシス・メディシナルケミストリー)を用いたOff Target検証、
QSARモデル構築および選択性検証事例と題しましてポスター発表を行いますので、
ぜひお立ち寄りください。

ポスター番号:2P-017
[日時]オーラルプレゼンテーション:2017年10月26日 11:00頃
企業展示会ブースNo.9:2017年10月25日 12:00~18:00、26日 10:00~15:00

[会場]名古屋大学豊田講堂

◆2017特許・情報フェア&コンファレンス
エルゼビアはグループ会社であるレクシスネクシス・ジャパンのブースにて
世界最大級の抄録・引用データベース「Scopus(スコーパス)」をご紹介します。
広範囲な収録と名寄せされた著者名・機関名により、技術動向調査、先行技術調査、
KOL探索、競合分析、共同研究先探索等の目的で主に知的財産部門、研究戦略部門で
活用されています。

展示ブースでは、レキシスネクシスの知的財産に関わるオンライン製品群をご覧に
なることができ、特に簡単に素早く日本を含む世界107ヶ国の特許検索ができる
オンライン製品TotalPatent Oneという研究開発推進のリサーチに最適なソリューションの
紹介が予定されています。

レクシスネクシス知財製品ウェブサイト
→ http://jp.lexisnexisip.com/

[日時] 2017年 11月 8日(水)~10日(金) 10:00~18:00(最終日17:00終了)
[会場] 東京・北の丸公園 科学技術館 7号館
[入場料] 無料

公式ウェブサイト:http://www.pifc.jp/2017/
※上記ウェブサイトより無料入場券をダウンロード頂けます

Scopusについてはこちら
→ http://jp.elsevier.com/online-tools/scopus

購読方法

エルゼビア・ニュースレター(企業向け)の配信をご希望の方は、貴社名、部署名、氏名、住所、電話番号、メールアドレスをご記入の上、弊社マーケティング(jp.corporate@elsevier.com)までお送りください。

※ 大学・政府機関のお客様は、エルゼビア・ニュースレター(大学・政府機関向け)をご購読ください。

※ ミクスOnlineのメールマガジン「eX-press News」のお申し込みは、こちらから。