ERIコミュニティーニュース:2016年vol4

■□■ 目 次 ■□■

1. 研究力を測る指標(分野別・大学機能別)の抽出と大学の研究力の可視
 化に関する基礎的研究について
2. THE社世界大学ランキング2016-2017において書籍の分析結果を追加と発表
3. researchmap-Pure連携開始
4. IRセミナー(大阪大学・エルゼビア共催)開催報告
5. 日経テクノロジーオンライン社主催セミナーのご案内 10/5(水)東京
6. 日仏シンポジウム 深層学習と人工知能 10月12日(水)東京
7. Scopus APIに関するウェビナーの録音版(英語)

----------------------------------
1. 研究力を測る指標(分野別・大学機能別)の抽出と大学の研究力の可視
 化に関する基礎的研究について
----------------------------------

文部科学省の科学技術・学術審議会の学術分科会(2016年5月31日開催)
において、「学術研究の研究力・活動状況を測る指標の在り方について」が
審議されました。その結果、日本全国の大学等で科学計量学やIR
(Institutional Research)等にかかわる自然科学研究機構の小泉周特任
教授を中心とする研究チームが、人文社会系から理工系、生物系を含む
分野別、また大学の機能・特徴別に研究力を可視化し、客観的に
「見える化」する手法の開発を行うことを目的とした調査研究をすることに
なりました。

この調査研究には、Elsevier社が論文指標データ分析などにおいて協力を行
います。10月頃にキックオフシンポジウムの開催が予定されています。

本調査研究についての詳細はこちら
→ http://runetwork.jp/activity/detail.php?id=22

----------------------------------
2. THE社世界大学ランキング2016-2017において書籍の分析結果を追加と発表
----------------------------------
Times Higher Education社(以下THE社)の世界大学ランキングの2016-2017
において、書籍(Books)の分析結果を含めるとTHE社が発表しました。
THE社世界大学ランキングには、2015-2016版からScopusがソースデータとして
用いられています。この追加によって、書籍での研究成果を発表することの
多い人文科学・社会科学分野の研究成果を反映し、より公平に評価すること
が意図されています。

Times Higher Education社発表記事
→ https://www.timeshighereducation.com/news/books-be-included-world-university-rankings-analysis-first-time

カレントアウェアネスニュース
「Times Higher Education社、世界大学ランキング2016-2017において書籍の
分析結果を追加すると発表:人文科学分野の研究成果の反映を意図」
→ http://current.ndl.go.jp/node/32380

----------------------------------
3. researchmap-Pure連携開始
----------------------------------

Pure 5.6 releaseにて、researchmap-Pureの連携機能がリリースされました。
researchmap IDをエルゼビアが提供する研究者プロファイリングツールPure
に登録すると、Pureに自動蓄積している自機関の名寄せ済み研究業績データ
をresearchmapへ送信することが可能になります。PureはORCIDへの連携も可
能です。

Pureについてはこちら
→ http://jp.elsevier.com/online-tools/eri/pure
Pureの最新情報はこちら
→ https://www.elsevier.com/solutions/pure/releases

----------------------------------
4. IRセミナー(大阪大学・エルゼビア共催)開催報告
----------------------------------
7月28日(木)、大阪大学経営企画オフィスとエルゼビアとの共催により
「IRセミナー」を開催いたしました。日米におけるIR(Institutional Research)
事例などが紹介され、運用面での課題や新しいアイディアについて活発な質
問がされました。

プログラム・講師情報はこちら
→ https://www.elsevier.com/solutions/pure/promo/japan-pure-day

----------------------------------
5. 日経テクノロジーオンライン主催セミナーのご案内 10/5(水)東京
----------------------------------
10月5日(水)、日経テクノロジーオンライン主催、エルゼビア・ジャパン
協賛の特別セミナーを開催します。研究開発戦略の策定や学術情報の新たな
活用法についての講演がされます。

・テーマ:「新事業の創造に効く 学術 情報・ビッグデータの生かし方」
 ~有望な研究開発テーマはこう見つける!~
・日程:2016年10月5日(水)13:00~17:00(開場12:30予定)
・場所:東京コンファレンスセンター・品川(東京・品川)
・受講料:18,000円(税込)
・講演者
 - 東京大学工学系研究科教授・TMI専攻長 東京大学政策ビジョン研究
  センター長、総長特任補佐 坂田 一郎氏
 - トヨタIT開発センター 研究部 グループリーダー 那和 一成氏
 - エルゼビア・ジャパン(株) カスタマーコンサルタント 井上 仁志

プログラム・お申込みはこちら
→ http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/seminar/16/070500193/

----------------------------------
6. 日仏シンポジウム 深層学習と人工知能 10月12日(水)東京
----------------------------------
10月12日(水)、日仏シンポジウムを開催します。本シンポジウムは、フラ
ンスのマニュエル・ヴァルス首相と安倍晋三総理大臣が2015年にイノベー
ション分野に大きな影響をもたらすテーマに重点を置き官民連携を促進する
ことを目的に立ち上げた「日仏イノベーション年」の一環として開催します。
招待制となっておりますので、下記よりお申し込みください。

・共催:フランス大使館科学技術部、東京大学政策ビジョン研究センター、
 フランス原子力・代替エネルギー庁技術研究ユニット、
 エルゼビア・ジャパン
・日程:2016年10月12日(水)9:00~20:30(開場8:30予定)
・場所:東京大学(本郷キャンパス)小柴ホール
・使用言語:英語(通訳なし)
・登壇者
 - 内閣府総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)有識者議員、
  原山 優子氏
 - 東京大学執行役・副学長、渡部 俊也氏
 - エルゼビア、リサーチプロダクト担当マネージングディレクター、
  オリビエ・デュモン氏
 - Preferred Network、創業者 - 取締役副社長、岡野原 大輔氏
 - 国立研究開発法人 産業技術総合研究所、人工知能研究センター、
  地理情報科学研究チーム長、中村 良介氏
 - 早稲田大学基幹理工学部表現工学科教授、尾形 哲也氏
 - 東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻 消費インテリ
  ジェンス寄付講座 共同代表・特任准教授、松尾 豊氏
  など
・技術アドバイザー
 - 東京大学工学系研究科教授・TMI専攻長 東京大学政策ビジョン研究
  センター長、総長特任補佐 坂田 一郎氏
 - フランス原子力・代替エネルギー庁技術研究ユニット
  マーク・デュラントン氏
・参加対象者:深層学習と人工知能に関係ある方々

詳細・お申込みはこちら
→ http://jp.elsevier.com/events/deep-learning-and-a.i.-2016
  9月16日(金)までに、お名前、ご所属、ご連絡先を明記の上、
  ルデイービーヌ・アラニヤ(l.allagnat@elsevier.com)までメールにて
  お申し込みください。 (参加費無料)

----------------------------------
7. Scopus APIに関するウェビナーの録音版(英語)
----------------------------------

Scopusは、Scopusのデータをみなさまのウェブサービスやアプリケーション
に統合するための各種のAPIを提供しています。たとえば、Scopus APIを使
用することによって以下のようなことが可能になります。
・自機関に所属する研究者による論文の情報をまとめて取得する
・論文の被引用数をウェブページに表示する

7月21日に、Scopus APIに関するウェビナーが行われました。Scopus APIの
利用に関心がある方は、ぜひご覧ください。
(このウェビナーはBrightTALKを使用して配信されています。ウェビナーを
ご覧いただくためには、BrightTALKへのユーザー登録が必要です。)

「What types of APIs does Scopus offer and how can you benefit?」
→ http://blog.scopus.com/webinars

Scopus APIは、ユーザー登録すればだれでも無料で利用することができます。
Scopus APIの使用事例、技術仕様、実装方法のサンプルは、エルゼビア開発
者向けサイトでご覧いただくことができます。
→ http://dev.elsevier.com