ERIコミュニティーニュース: 2015年vol2

■□■ 目 次 ■□■

1. 「第8回 研究戦略セミナー」のご案内 6月15日
2. 「第2回APAC Research Intelligence Conference」のご案内6月11-12日
3. Usage Guidebook ウェビナー録音版・資料(英語)
4. SciValとScopusの連携強化

----------------------------------
1. 「第8回 研究戦略セミナー」のご案内 6月15日
----------------------------------
日 時: 2015年6月15日(月) 13:00~18:00
会 場: 東京千代田区 三菱ビル コンファレンススクエアM+
共 催: タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)
    エルゼビア・ジャパン株式会社
協 力: ブリティッシュ・カウンシル
テーマ:研究の国際競争力を向上させる
~大学ランキングの指標からみた国際競争力とは~
THE社からBaty氏の他、文部科学省、九州大学、岡山大学、順天堂大学、
芝浦工業大学からご講演いただきます。情報収集のみならず、
ネットワーキングの場としても是非ご活用ください。みなさまのご参加を
お待ちしております。

申し込み・プログラム詳細はこちら:
→  http://www.elsevier.com/jp/events/ric-2015

----------------------------------
2. 「第2回APAC Research Intelligence Conference」のご案内6月11-12日
----------------------------------
日時:2015年6月11(木)-12日(金)
会場:中華人民共和国 上海市 Ramada Wujiaochang
主催:エルゼビア
共催:復旦大学、タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)
テーマ:世界を代表する研究大学の創生
アジア圏各国における主要な研究機関のバイス・プレジデントやリサーチ・
マネジャー、リサーチ・アドミニストレーターが集まり、「世界を代表する
研究大学の創生」をテーマに白熱した議論が展開されます。本年も世界を
代表する著名な講師陣からの講演を予定しております。加えて、タイムズ・
ハイアー・エデュケーション(THE)が2015年アジア大学ランキングの結果
をカンファレンス会期中の6月11日に発表します。

2015年のカンファレンスにおける主な議題:
・ 優れた研究成果の創生
・ 才能の育成(学生から学長へ)
・ ランキングから研究評価まで
・ グローバルマーケットにおける大学の位置づけ 
  -国際的なレピュテーション・マネジメントやブランディングについて-

申し込み・プログラム詳細はこちら:
→ http://asia.elsevier.com/asiamailings/APAC/ERI2015/

2015年アジア大学ランキングの発表についてはこちら:
→ http://www.timeshighereducation.co.uk/world-university-rankings/news/the-asia-university-rankings-2015-launch-date-announced

----------------------------------
3. Usage Guidebook ウェビナー録音版・資料(英語)
----------------------------------

研究分析ツールSciVal(サイバル)に新モジュール「Trends module」の
追加が発表されて以来、Usageについての関心が高まってきています。
価値や利用方法についてまとめたウェビナーの録音版とガイドブックPDF
資料をご用意いたしました。分析時のご参考にしてください。

ウェビナー録音版はこちら
→ http://www.elsevier.com/online-tools/research-intelligence/resource-library/resources/usage-guidebook/_recache
ガイドブック(PDF)
→ http://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0008/256175/UsageGuidebookWebinar_25Mar2015_Pub.pdf

----------------------------------
4. SciValとScopusの連携強化
----------------------------------

研究分析ツールSciVal(サイバル)と抄録引用データベースScopus(スコー
パス)の連携がさらに強化されました。SciValでは、国、機関、研究者から
論文集合までさまざまなものを対象に分析を行えますが、論文集合(Public
ation Set)をScopusから簡単に取り込む機能が追加され、より簡便になり
ました。ベンチマーク分析などに是非ご活用ください。

手順詳細はこちら
→ http://blog.scopus.com/posts/scopus-further-increases-interoperability-with-scival