ERIコミュニティーニュース:2014年vol1

■□■ 目 次 ■□■

1. 創刊のご挨拶
2. 第4回URAシンポジウム/第6回RA研究会 セッションのご報告と講演資料
3. SciValバージョンアップウェビナー(英語)のお知らせ(10/14)
4. 世界の学術機関の最新動向をお届けする小冊子AEB最新号 『経済成長を促進』

----------------------------------
1. 創刊のご挨拶
----------------------------------

みなさま、こんにちは。研究戦略に携わる方たちのコミュニティが形成され
大きくひろがりをみせている昨今、情報はますます重要な武器となってきて
います。そんなみなさまのお役に少しでもお役に立てればと、この度、
「エルゼビア研究マネジメント支援ニュースレター」を創刊いたしました。
本ニュースレターでは、研究戦略・マネジメントに関わるトレンドや、
トピックス等を不定期にお届けする予定です。取り上げてほしいトピックス
等も随時募集しております。ご要望、ご意見等ございましたら巻末のアドレ
スにお送りください。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

----------------------------------
2. 第4回URAシンポジウム/第6回RA研究会 セッションのご報告と講演資料
----------------------------------

2014年9月に北海道大学にて催された第4回URAシンポジウム/第6回
RA研究会が催されました。スポンサードセッションの一つとして
「国際的な研究ネットワーク構築に必要な支援とは ~URA主導の事例
紹介も交えて~」と題し、開催したエルゼビアのセッションもおかげ
さまで盛会となり、さまざまなフィードバックもいただきました。
ご参加いただけなかった方のために、講演の一部の資料を公開いたしま
した。

→ http://www.elsevier.com/jp/events/ura-2014

参加者の声
・すごく興味のある内容でした。国際広報の重要性をしみじみ感じました。
・とても役に立った。国際共著がなぜインパクトがあるのか分からなかった
 ので良かった。
・様々なメトリックスとURA活動を結びつける見方が参考になった。
・国際化を進める取組を考えていきたい。
・国際的な動向、国内の異なる特徴を持つ2つの大学、分析ツール活用の事例
 がわかり易く、とくに東北大、岡山大の事例が面白かった。

----------------------------------
3. SciValバージョンアップウェビナー(英語)のお知らせ(10/14)
----------------------------------

SciValの10月リリースには、ジャーナル分野カテゴリーに従来の
All Science Journal Classification (ASJC)に加え、OECDが用いている
Field of Science and Technology (FOS) Classification、他2種類の分類法の
追加、Overview画面のリニューアルなど、さらなる機能追加が予定されています。
バージョンアップの詳細を画面を用いて本社プロダクトチームがご案内する
ウェビナーを10月14日(火)16時から開催いたします。

ウェビナー概要 (SciVal October Release Update Webinar)
→ http://www.elsevier.com/online-tools/research-intelligence/news-and-events/events 

お申し込みはこちら
→ https://elsevier.webex.com/elsevier/onstage/g.php?t=a&d=702115393 

----------------------------------
4. 世界の学術機関の最新動向をお届けする小冊子AEB最新号 『経済成長を促進』
----------------------------------

世界の学術機関の最新動向を機関リーダーの方々に発信する小冊子、
THE Academic Executive Brief 4.1の最新号テーマは『経済成長を促進』です。
地域貢献、産学官連携は多くの大学にとって大切な命題のひとつです。
本号では韓国、スウェーデン、米国、英国の各国での地域連携や可視化の事例を
紹介しています。

→ http://www.elsevier.com/jp/newsletters/aeb

・「着想から改革へ:KAISTが韓国の経済成長を推進」
 ビョン・ユン・キム、スンモー“スティーブ”カン(KAIST)
・「ルンド大学がスウェーデンの革新を体現」
 パー・エリクソン (ルンド大学)
・「ノースウェスタン大学に起業家精神を根付かせる」
 アリシア・ルフラー (ノースウェスタン大学)
・「英国のレポートが地域貢献型の大学に注目」
 ジョージ・バクスター (サルフォード大学)