エルゼビア・ニュースレター:<2017年9月号>

■□■ 目 次 ■□■

1. 2018年ScienceDirectジャーナルタイトル変更情報 [再掲/追加情報]
2. ScienceDirectのHTTPSサイトへの移行について
3. Engineering Village新クイックレファレンスガイド(2017年8月版)
4. 現行Reaxysご利用期間終了のお知らせ
5. Reaxys新バージョンへのリダイレクト開始について
6. 2017 Reaxys PhD Prizeシンポジウムで研究成果を口頭発表する
  10名のファイナリストを決定
7.[ブック新刊情報] 
  <1> Comprehensive Composite Materials II(生体材料学全書 II)
  <2> Learning and Memory, 2e.(学習と記憶全書第2版)
8. 第19回図書館総合展 エルゼビア主催フォーラム 事前参加申込み受付開始
9. LabLinks 2017開催のお知らせ
10. ライフサイエンス ソリューションセミナー 資料公開のお知らせ
11. 今月の注目記事

----------------------------------
1. 2018年ScienceDirectジャーナルタイトル変更情報 [再掲/追加情報]
----------------------------------

2018年のScienceDirectご契約の更新手続きをスムーズに行っていただく
ために、2018年のジャーナルタイトルの変更情報をまとめた専用ページを
ニュースレターの8月号でご案内いたしましたが、9月中にアップデート
された情報を専用ページに追加挿入いたしましたので、再度ご案内いたし
ます。

・他の出版社からエルゼビアに移動するタイトル
・エルゼビアから他の出版社に移動するタイトル
・中止するタイトル
・オープンアクセスから購読モデルに変更されるタイトル
・フリーダム・コレクション/サブジェクト・コレクションのタイトルリスト
 
 詳細はこちらをご参照ください。
 → http://jp.elsevier.com/online-tools/sciencedirect/journals#2018

----------------------------------
2. ScienceDirectのHTTPSサイトへの移行のお知らせ
----------------------------------

2017年10月にScienceDirectが現行のHTTPサイトからHTTPSサイトへ
移行することになりました。この移行は、セキュリティを強化し、個人
情報の不正使用などを防止することで、お客様にScienceDirectをより安
全にご利用いただくことを目的としています。移行の実施は10月第2週
頃を予定しておりますが、これに先立ち、お客様の環境でHTTP からHTTPS
への変更時のプロキシ環境の検証を行っていただく必要がございます。

管理者の方には、手順書のダウンロードリンクを伴った英語のご案内メール
を9月15日前後にお受け取りいただいていることと存じますが、念のため
日本語の手順書を下記ウェブサイトに掲載いたしました。
ご参照のうえ、検証作業を実施いただきますようお願いいたします。

HTTP からHTTPS への変更時のプロキシ環境検証資料
http://jp.elsevier.com/online-tools/sciencedirect/admins

本件に関するお問い合わせ先はこちらから(英語)。
→ integrationsupport@elsevier.com

----------------------------------
3. Engineering Village新クイックレファレンスガイド(2017年8月版)
----------------------------------

Engineering Villageの日本語クイックレファレンスガイドを改訂いたしました。
Engineering Villageのインターフェースの変更を反映しています。

PDF版は、各製品日本語ホームページの「ユーザー向け情報」のページから
ご利用いただけます。
→ http://jp.elsevier.com/online-tools/engineering-village/users

印刷物をご希望の場合は、jp.pr@elsevier.com まで希望部数および送付先
をご連絡ください。

----------------------------------
4. 現行Reaxysご利用期間終了のお知らせ
----------------------------------

現行のReaxysのご提供期限は2017年11月30日となっています。
Reaxysの新バージョンではアジアの特許や雑誌の収載範囲が大幅に拡充され、
人間工学に基づいたインターフェースによるパフォーマンスの向上から、
最短クリックでの検索結果の取得が可能になっています。既に多くのご利用
者の皆様が新バージョンをご利用になり、大変好評をいただいています。

現行Reaxysの登録ユーザー情報、AlertおよびHistory保存データは自動的
に引き継がれています。Alert機能も搭載され、Link-in Search機能、バッチ
検索にも対応しました。新たに試薬データベースとしてSigma-Aldrich社の
データベースへのリンクも実装され、より使いやすくなりました。

新バージョンの使い方資料はこちらから。
→ http://jp.elsevier.com/online-tools/reaxys/documents/Reaxys_searchguide2017.pdf

新しいReaxysインターフェースへのアクセスはこちらから。
→ https://new.reaxys.com/

----------------------------------
5. Reaxys新バージョンへのリダイレクト開始について
----------------------------------

多くのご利用者がすでにReaxys新バージョンへ順調に移行しております。
移行措置の一環として、10月以降は現行バージョンURLにアクセスをして
も自動的に新バージョンへリダイレクトされる機能が実装される予定です。
まだ新バージョンをお試しいただいていないお客様は、この機会にぜひ
新バージョンをご利用ください。

----------------------------------
6. 2017 Reaxys PhD Prizeシンポジウムで研究成果を口頭発表する
  10名のファイナリストを決定
----------------------------------

本年7月に選出された45名の化学者の中から、2017 Reaxys PhD Prizeの最終
選考に進む10名のファイナリストを発表しました。ファイナリストは、2017
年10月19日~20日に上海で開催される年次Reaxys Prizeシンポジウムにおい
て研究成果を口頭で発表する機会を与えられます。
上海のシンポジウムにおける口頭でのプレゼンテーションが、Reaxys PhD
Prizeの最終審査となり、Reaxysアドバイザリーボードのメンバーで構成さ
れる審査委員会によって3名の受賞者が選ばれ、シンポジウム最終日の10月
20日のバンケットで発表されることになります。

日本の大学からの1名のファイナリストを含む10名のファイナリストについ
ては、ニュース頁にてご紹介しています。
→ http://jp.elsevier.com/press-releases/2017/20170927-2017-reaxys-phd-prize10finalists

----------------------------------
7.  [ブック新刊情報] 
   <1> Comprehensive Composite Materials II(生体材料学全書 II)
   <2> Learning and Memory, 2e.(学習と記憶全書第2版)
----------------------------------

<1> Comprehensive Composite Materials II(生体材料学全書 II)

2000年刊行の前版以降の研究応用技術の進歩を網羅しています。複合材料
による性能強化と一般理論からはじまり、ポリマー、金属、セラミック
および炭素による複合材料の基礎、製造と応用例までを各複合材料の違い
を明確に整理しながら、丁寧に解説。新素材を用いた事例や気候変動や自
然環境への対策強化、再生可能資源からの母材利用など、現代社会で重要
な複合材料の技術を多数紹介しています。

収録内容、価格等の詳細はこちらから。
日本語→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0017/265301/2017-7_CompCompositeMaterial2-E_170807.pdf
英語→ http://www.sciencedirect.com/science/referenceworks/9780081005347

<2> Learning and Memory, 2e.(学習と記憶全書第2版)

新しい情報を取得するプロセスである学習と、将来の利用のために情報を
保持するメカニズムである記憶について、専門知識が整理された9年ぶり
の新版です。睡眠と記憶の関連性についての研究情報が大幅に更新され、
学習と記憶システムの特徴、ニューロンのメカニズム、学習および記憶障
害、高齢者の記憶低下といった主題について詳しく解説。神経科学の用語
集も充実し、複雑な内容を迅速に理解できるよう構成に工夫がなされてい
ます。

収録内容、価格等の詳細はこちらから。
日本語→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0018/265302/2017-8_Learn-and-Memory2-E_170807.pdf
英語→ http://www.sciencedirect.com/science/referenceworks/9780128052914

※オンライン版の価格は所属機関タイプとユーザー数によって異なります。

Elsevier Online Book Connect(無料)の購読申込みはこちらから。
→ https://onlinebooksconnect.elsevier.com/

----------------------------------
8. 第19回図書館総合展 エルゼビア主催フォーラム 事前参加申込み受付開始
----------------------------------

エルゼビアは、11月7日(火)~9日(木)にパシフィコ横浜で開催される
第19回図書館総合展で、エルゼビアフォーラムを開催します。
事前参加申込みの受付を開始いたしましたので、ご案内いたします。

【エルゼビアフォーラム】
演題:How technology changes the way research is done
   ~ from Open Science, Science Social Networks to Machine Learning ~
     
   テクノロジーはどのように研究方法に影響を及ぼすか
   ~オープンサイエンス、ネットワークサイエンスから機械学習まで~

<事前参加申込みサイト>
http://jp.elsevier.com/events/library-fair-2017

日時:11月7日(火)15:30~17:00 (90分間)
会場:パシフィコ横浜 第8会場 展示会場2階 E206(定員100名)
   パシフィコ横浜地図: http://www.pacifico.co.jp/visitor/access/tabid/236/Default.aspx
講師:Dr. Anders Karlsson Vice President, Global Strategic Networks, Elsevier
    ※英語→日本語への逐次通訳が入るセッションとなります。
第19回 図書館総合展 主催社公式サイトはこちらから。
→ https://www.libraryfair.jp/forum/2017/5893

----------------------------------
9. LabLinks 2017 開催のお知らせ
----------------------------------

11月13日(月)に科学者とエルゼビアのCell Press編集部の共催で、東京
大学 弥生講堂にて「LabLinks 2017 」(参加費無料)を開催します。
本カンファレンスでは、幹細胞を用いた疾患モデルと治療方法について、
有識者をお招きしてご説明いただきます。現在、事前参加申込みを受付いた
しております。是非ご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。

日時:2017年11月13日(月) 9:00~18:00
会場:東京大学 弥生講堂
    地図: http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/map.html
共催:有識者の皆様、エルゼビア Cell Press編集部
参加費:無料

尚、カンファレンスでの講演者情報および事前参加申込みに関しましては、
下記ウェブサイトをご参照ください。
→ http://info.cell.com/lablinks-2017-stem-cells-in-disease-modeling-and-therapeutics

----------------------------------
10. ライフサイエンス ソリューションセミナー 資料公開のお知らせ
----------------------------------

エルゼビアは9月5日(火)と7日(木)にライフサイエンスソリューション
セミナーを開催し、新しくなったReaxysやエルゼビアのプロフェッショナル
サービス(※)のご案内のほか、実際にReaxysをご利用いただいているアステ
ラス製薬様および塩野義製薬様をお招きしご講演いただきました。当日使用
いたしました資料を下記サイトにて公開いたしましたので、是非ご活用くだ
さい。

※プロフェッショナルサービス:
独自データとエルゼビアデータの統合や受託解析、ライフサイエンス関係のレポート
作成などのサービス

資料公開サイトはこちら。
→ http://jp.elsevier.com/events/life-science-solution-seminar_2017

----------------------------------
11. 今月の注目記事 
----------------------------------

Cell Pressが9月に発行した科学誌およびウェブサイトに掲載された記事から、
もっとも注目を集めた記事3件をご紹介します。

タイトル: Mice on ketogenic diets live longer and healthier in old age
(日本語訳:マウスもケトジェニックダイエット - ケトン体が寿命を延ばす)
発行日: 2017年9月5日/米国発
 ・Cell Metabolism, Cell Press
  http://www.cell.com/cell-metabolism/fulltext/S1550-4131(17)30489-8
 ・ScienceDirect掲載記事はこちらから:
  http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1550413117304898
 ・ニュースサイトはこちらから(英文):
  https://www.eurekalert.org/pub_releases/2017-09/cp-mok083017.php

タイトル: Water-based lithium-ion batteries without explosive risks now a reality
(日本語訳:4.0Vの高電圧と爆発しない安全性を両立させた水性リチウムイオン
      バッテリーの開発に成功 )
発行日: 2017年9月6日/米国発
 ・Joule, Cell Press
  http://www.cell.com/joule/fulltext/S2542-4351(17)30034-X
 ・ScienceDirect掲載記事はこちらから:
  http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S254243511730034X
 ・ニュースサイトはこちらから(英文):
  https://www.eurekalert.org/pub_releases/2017-09/cp-wlb083117.php
 ・ニュースサイトはこちらから(日本語):
  https://news.goo.ne.jp/article/gigazine/trend/gigazine-49822.html

タイトル: Electric eels leap to deliver painful, Taser-like jolt
(日本語訳:電気ウナギは、陸上生物に対して水中からジャンプして直接電撃を
      浴びせ攻撃することが判明。)
発行日: 2017年9月14日/米国発
 ・Current Biology, Cell Press
  http://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(17)31072-2
 ・ScienceDirect掲載記事はこちらから:
  http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0960982217310722
 ・ニュースサイトはこちらから(英文):
  https://www.eurekalert.org/pub_releases/2017-09/cp-eel090717.php

###

以上、最後までお読みいただき有難うございました。