エルゼビア・ニュースレター:<2016年7月号>

■□■ 目 次 ■□■

1. Cell Pressから初めての化学誌「Chem」を創刊
2. ScienceDirectタイトル別バックファイルのご案内
3. ScienceDirectの論文を「共有」する方法に関する日本語情報
4. Scopus API に関するウェビナーの録音版(英語)
5. 第7回RDA総会のエルゼビア共催サイドイベントの報告記事
6. Cell Symposium: 10 Years of iPSCs 開催のお知らせ

----------------------------------
1. Cell Pressから初めての化学誌「Chem」を創刊
----------------------------------

Cell Pressグループから初めての化学誌「Chem」が創刊されました。
「Chem」は、影響力と洞察力のある研究の発表の場であり、化学とその下位
分野の基礎研究が将来のグローバルな諸問題の解決にどのように貢献できる
可能性があるのかを紹介します。

「Chem」は、化学の全分野、そして他の分野との境界線上にある研究を出版
します。著者は、投稿の際に、論文を国際連合による持続可能な開発目標
(Sustainable Development Goals)に含まれる以下のいずれかに分類する
ように求められます。
- Good health and well-being
- Affordable and clean energy
- Clean water and sanitation
- Climate action
- Zero hunger
- Sustainable cities and communities
- Responsible consumption and production
- Industry, innovation, and infrastructure
- Life on land
- Life below water

創刊号の論文は、2016年末まで無料で公開されます。

・Cell Press上のホームページ
 → http://www.cell.com/chem/home
・ScienceDirect上のホームページ
 → http://www.sciencedirect.com/science/journal/24519294
・Elsevier Connectの関連記事(英文)
 → https://www.elsevier.com/connect/cell-press-new-chemistry-journal-addresses-global-challenges

----------------------------------
2. ScienceDirectタイトル別バックファイルのご案内
----------------------------------

ScienceDirectでは、分野別バックファイルのパッケージに含まれていない
タイトルのバックファイルをタイトル別に販売しています。その多くは著名
な学会から出版されているタイトルです。

※ タイトル単位でご購入いただくことができます。
※ カッコ内は ( 搭載されている最初の巻 | 最初の出版年 | 論文数) です。
※ * が付いたタイトルは2016年に新たに搭載されたタイトルです。

- American Journal of Kidney Diseases ( 1 | 1981 | 2,821 )
- American Journal of Ophthalmology ( 1 | 1918 | 31,747 )
- Chest ( 1 | 1935 | 35,762 ) *
- Cortex ( 1 | 1964 | 1,628 )
- Journal of the American Academy of Child & Adolescent Psychiatry ( 1 | 1962 | 2,977 ) *
- The Journal of the American Dental Association ( 1 | 1913 | 30,008 )
- Journal of Cataract & Refractive Surgery ( 1 1975 | 3,220 )
- Journal of Nutrition Education and Behavior ( 1 | 1969 | 5,907 )
- Journal of Pharmaceutical Sciences ( 1 | 1912 | 31,811 ) *
- Journal of Obstetric, Gynecologic & Neonatal Nursing ( 1 | 1973 | 1,672 ) *
- Journal of the American Pharmacists Association ( 1 | 1940 | 15,890 ) *
- Journal of Vascular Surgery ( 1 | 1984 | 2,327 ) *
- Mayo Clinic Proceedings ( 59 | 1984 | 3,761 )
- Medical Clinics of North America ( 21 | 1937 | 2,308 ) *
- Ophthalmology ( 85 | 1978 | 6,171 )
- Physiotherapy ( 74 | 1988 | 3,717 )
- Psychosomatics ( 1 | 1960 | 4,437 )
- Veterinary Clinics of North America: Small Animal Practice ( 1 | 1971 | 2,515 )

各タイトルの詳細はこちらから(英語)。
→ https://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0008/189179/TbT-BackfilesElsevier.pdf

価格は機関のタイプとユーザー数によって異なります。
営業担当者までお問い合わせください。

----------------------------------
3. ScienceDirectの論文を「共有」する方法に関する日本語情報
----------------------------------

論文を他の研究者と共有することは研究の重要な一部であり、責任のある方
法で正しく共有していただくことが重要です。このたび、ScienceDirectの
オンラインヘルプに、ScienceDirectの論文を共有する方法を紹介したペー
ジが用意されました。論文および利用者のタイプに応じて、論文をどのよう
な方法で共有できるのかについての情報を整理して提供しています。

・ScienceDirectオンラインヘルプへの直接リンク
 「Sharing publications (journal articles and book chapters)
 → http://help.sciencedirect.com/flare/Content/sharing_pubs.htm
・ScienceDirectオンラインヘルプの日本語訳
 → http://jp.elsevier.com/online-tools/sciencedirect/users#box-id-169546

----------------------------------
4. Scopus APIに関するウェビナーの録音版(英語)
----------------------------------

Scopusは、Scopusのデータをみなさまのウェブサービスやアプリケーション
に統合するための各種のAPIを提供しています。たとえば、Scopus APIを使
用することによって以下のようなことが可能になります。
・横断検索サービスにScopusの検索結果を組み込む
・自機関に所属する研究者による論文の情報をまとめて取得する
・論文の被引用数をウェブページに表示する

7月21日に、Scopus APIに関するウェビナーが行われました。Scopus APIの
利用に関心がある方は、ぜひご覧ください。
(このウェビナーはBrightTALKを使用して配信されています。ウェビナーを
ご覧いただくためには、BrightTALKへのユーザー登録が必要です。)

「What types of APIs does Scopus offer and how can you benefit?」
→ http://blog.scopus.com/webinars

Scopus APIは、ユーザー登録すればだれでも無料で利用することができます。
Scopus APIの使用事例、技術仕様、実装方法のサンプルは、エルゼビア開発
者向けサイトでご覧いただくことができます。
→ http://dev.elsevier.com

----------------------------------
5. 第7回RDA総会のエルゼビア共催サイドイベントの報告記事
----------------------------------

エルゼビアは、3月1日~3日に東京で開催された第7回RDA総会の
サイドイベントとして、ANDS(オーストラリア国立データサービス)
およびDataCiteとの共催で「Beyond Compliance in Data Management:
Best Practices and Ideas for increasing Reuse」を開催いたしました。
このサイドイベントには、多くの研究者、データサイエンティスト、
その他の専門家が集まり、正しいデータ管理の重要性と実現方法について
議論いたしました。

サイドイベントの報告記事がElsevier Connectに掲載されていますので、
ぜひご覧ください。

・Elsevier Connect記事(英語)
 → https://www.elsevier.com/connect/managing-your-research-data-to-make-it-reusable
・エルゼビア共催サイドイベントのプログラム
 → https://rd-alliance.org/beyond-compliance-in-data-management

----------------------------------
6. Cell Symposium: 10 Years of iPSCs 開催のお知らせ
----------------------------------

2006年に、山中伸弥先生と高橋和利先生による人工多能性幹細胞(iPS細胞)
の発見が科学誌「Cell」注1)に発表されました。
この画期的な発見から10周年を記念して、Cell Press社主催でiPS細胞の
研究とその応用に焦点を当てた「Cell Symposium: 10 Years of iPSCs」が
9月25日~27日の3日間で、米国カリフォルニア州 バークレイにて開催
されます。
このシンポジウムでは、山中伸弥先生をはじめ、国際的に著名な研究者
からリプログラミングの治療への応用において最新の進歩を遂げる高イン
パクトなサイエンティフィック・プログラムについてご紹介いただきます。
また、Cell Pressの編集者とシンポジウムのスピーカーによる、iPS細胞
研究の臨床解釈における倫理規定についてのパネルディスカッションも
行われます。

プログラムの詳細およびお申込みは、以下のシンポジウム公式サイトを
ご参照ください。(英語サイト)
http://www.cell-symposia-ipscs.com/

注 1)
Cell, Volume 126, Issue 4, 25 August 2006, Pages 663-676(無料公開)
http://dx.doi.org/10.1016/j.cell.2006.07.024