エルゼビア・ニュースレター:<2016年3月号>

■□■ 目 次 ■□■

1. ScienceDirect電子ジャーナル新タイトル情報(2016年第1四半期)
2. オンライン説明会「Scopus最新情報」2016年4月13日(水)
3. 工学研究者向けツールKnovel オンラインセミナー(英語)のお知らせ 
4. 2016年日本化学会春季大会の好評書のご案内 
5. 日本化学会第96春季年会 「Reaxys Prize Club シンポジウム in Japan 2016」
  講演資料公開サイトのご案内
6. 著者向けワークショップ開催報告・講演資料公開のご案内

----------------------------------
1. ScienceDirect電子ジャーナル新タイトル情報(2016年第1四半期)
----------------------------------

2016年第1四半期(2015年11月21日~2016年2月17日)の
電子ジャーナルの新タイトルおよびタイトル名変更についての情報をまとめ
ましたので、ご参照ください。

→ http://www.elsevier.com/jp/online-tools/sciencedirect/journals
→ http://www.elsevier.com/jp/online-tools/sciencedirect/journals/titles-alert-2016q1

----------------------------------
2.  オンライン説明会「Scopus最新情報」2016年4月13日(水)
----------------------------------

下記の日程でオンライン説明会を開催いたします。ぜひご参加ください。
・テーマ:Scopus最新情報
・日付: 2016年4月13日(水)
・時間: 1回目10:00~10:45 2回目15:00~15:45 (Q&Aを含む)
     ※ 各回の内容は同じです。
・対象: 図書館員のみなさま、研究評価業務に携わるみなさま
     ※ 現在Scopusのご契約がない機関の方でもご参加いただけます。
     ※ エンドユーザー向けの講習会は4月末に別途開催予定です。

2004年にリリースされた世界最大級の抄録・引用文献データベースScopusは
一昨年で10周年を迎えました。この間に収録コンテンツと機能の両面で大き
な進歩を遂げ、単なる文献検索ツールから、文部科学省をはじめとした世界
の政府機関にも利用される、優れた各種分析機能やプロファイリング機能を
備えた研究業績の把握に欠かせないツールへと変貌を遂げています。この説
明会では、図書館員および研究評価業務に携わるみなさまを対象に、Scopus
の最新情報、最近の動向をご紹介いたします。

主な内容:
・収録コンテンツの概要とアップデート
・論文評価指標
・ジャーナル評価指標
・著者プロファイル
・所属機関プロファイル
・検索結果の各種分析機能

下記のURLからお申し込みください。
→ http://www.elsevier.com/jp/trainingdesk

----------------------------------
3.  工学研究者向けツールKnovel オンラインセミナー(英語)のお知らせ 
----------------------------------
2016年のKnovelの開発ロードマップを中心にご紹介するオンラインセミナー(英語)
を開催いたします。Knovelの特長であるインタラクティブツールの機能強化や、
マテリアルソリューションに関する情報の改善などもお話する予定です。
ご登録いただいた方には後日セミナーを録画したものをご案内いたしますので、
当日のご参加が難しい方も、どうぞご登録ください。

・セミナータイトル:Knovel Vision and Roadmap Webinar
・日付:2016年4月20日(水)
・時間:23:00~24:00

下記のURLからお申込みください。
→ https://attendee.gotowebinar.com/register/7685045691432150019

----------------------------------
4.   2016年日本化学会春季大会の好評書のご案内       
----------------------------------

日本化学会 第96春季年会期間中の書籍展示でご好評いただきました書籍を
ご案内いたします。

Essentials of Coordination Chemistry(エッセンシャル錯体化学)
Experimental Organic Chemistry(有機合成化学の実験)

その他のタイトルはこちらから。
→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0016/264112/201604ChemMeeting_ag.pdf

本新刊に関するお問い合わせは、下記メールアドレス宛にご連絡ください。
→ E-Mail:  jp.stbooks@elsevier.com

----------------------------------
5. 日本化学会第96春季年会 「Reaxys Prize Club シンポジウム in Japan 2016」
  講演資料公開サイトのご案内
----------------------------------

3月24日~27日に開催されました日本化学会第96春季年会期間中、3月
25日にエルゼビア主催の「Reaxys Prize Club シンポジウムin Japan 2016」
を実施いたしました。シンポジウムにてご講演頂いた講師の皆様の発表資料
を、弊社ウェブサイトに公開いたしました。
研究者が日頃取り組んでいる研究内容や課題、採用される論文の
10の秘訣等をお客様と共有できる機会となりますので、是非下記に記載の資料
ダウンロード用ウェブサイトをご活用ください。
 
資料ダウンロードは、下記のウェブサイトをご参照ください。
→ http://jp.elsevier.com/events/reaxys-symposium-2016

----------------------------------
6. 著者向けワークショップ開催報告・講演資料公開のご案内
----------------------------------

日本化学会第96春季年会期間中に開催いたしました「Reaxys Prize Club
シンポジウム in Japan 2016」において、著者向けワークショップを実施
いたしました。ワークショップでは弊社パブリッシャーの観点からみた
採用される学術論文を書く上で重要な10の秘訣について、ご説明いたしま
した。講演資料(英文)を公開いたしましたのでご案内いたします。


・演題:採用される学術論文の書き方 ~10の秘訣を教えます~
・講演者:ヤン・ウィレム・バイネン
     Elsevier 化学担当 エグゼクティブ・パブリッシャー 博士

講演資料のダウンロードは、下記のウェブサイトをご参照ください。
→ http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0019/264106/05_Elsevier_JanWillem_presentation.pdf