エルゼビア・ニュースレター: 2014年6月号

1. ScienceDirect電子ジャーナル新タイトル情報(2014年第2四半期)
2. ScienceDirectバージョンアップ情報(2014年6月新機能)
3. Scopusバージョンアップ情報(2014年6月新機能)
4. Encyclopedia of the Neurological Sciences, 2nd Edition(神経科学百科事典 第2版)
5. Encyclopedia of Food Microbiology, 2nd Edition(食品微生物百科事典 第2版)
6. Comprehensive Materials Processing(材料加工全書)
7. 2014 Reaxys PhD Prizeファイナリスト発表
8. 開催報告と資料公開:ライブラリ・コネクト・セミナー2014
9. 開催報告と資料公開:エルゼビア 研究戦略セミナー2014

----------------------------------
1. ScienceDirect電子ジャーナル新タイトル情報(2014年第2四半期)
----------------------------------

2014年第2四半期 (2014年2月20日~2014年5月21日) の電子ジャーナルの
新タイトル、タイトル名変更、および2015年の中止・移動予定タイトルに
ついての情報をまとめました。

掲載ページ:
http://www.elsevier.com/jp/online-tools/sciencedirect/journals
http://www.elsevier.com/jp/online-tools/sciencedirect/journals/titles-alert-2014q2

----------------------------------
2. ScienceDirectバージョンアップ情報(2014年6月新機能)
----------------------------------

ScienceDirect(サイエンスダイレクト)が 2014 年 6 月 1 日(日)に
バージョンアップされ、以下の変更および機能強化がありました。

今回のリリースでは、ユーザーが必要な情報を見つけやすくすることに
フォーカスを当てています。

1. 検索結果、ジャーナルホームページ、論文リストが整理されました。
2. ジャーナルアラートで最新号の目次と Articles in Press を区別して
  配信できるようになりました。
3. ブック関連の機能が強化されました。
4. 詳細検索画面が変更されました。
5. 論文ページがモバイルデバイス用に最適化されました。
6. Electronic Holdings Reports がバージョンアップされました。
7. PubMed のフルテキストリンクで ScienceDirect のオープンアクセス論文を
  区別できるようになりました。

掲載ページ:
http://www.elsevier.com/jp/online-tools/sciencedirect/news
http://www.elsevier.com/jp/online-tools/sciencedirect/users

----------------------------------
3. Scopusバージョンアップ情報(2014年6月新機能)
----------------------------------

Scopus(スコーパス)が 2014 年 6 月 1 日(日)にバージョンアップされ、
以下の変更および機能強化がありました。
1. 著者プロファイルページの機能が強化されました。
2. 中国語(簡体字)インターフェースがリリースされました。

掲載ページ:
http://www.elsevier.com/jp/online-tools/scopus/news
http://www.elsevier.com/jp/online-tools/scopus/users

----------------------------------
4. Encyclopedia of the Neurological Sciences, 2nd Edition
 (神経科学百科事典 第2版)
----------------------------------
Robert DaroffとMichael J. Aminoff主幹編集による神経科学百科事典の
最新版です。内容・コンテンツともに第1版を越える充実の4巻セットは、
神経学、神経外科学、精神医学など神経科学分野のすべてを網羅し、
基礎から最新情報まで幅広く取り入れられています。

ScienceDirect上の詳細:
http://www.sciencedirect.com/science/referenceworks/9780123851581

日本語情報ページ:
http://www.elsevier.com/jp/online-tools/sciencedirect/books/2014mrw_page/encyclopediaofneurologicalsci2

※オンライン版の価格はご所属機関・ユーザ数によって異なります。
 詳しくはお問い合わせ下さい。
※2014年9月末日までにオンライン版買い取りモデル、または
 冊子体をご購入いただいた場合は、定価より20%割引となります。

----------------------------------
5. Encyclopedia of Food Microbiology, 2nd Edition(食品微生物百科事典 第2版)
----------------------------------

1999年の第1版から大幅に内容を改訂。特にDNA塩基配列決定やE. coliなど、
前版よりさらに進んだ研究領域が加筆され、関連分野の研究者はもちろん、
機能性食品の開発や食品安全性問題などに取り組む業界にとっても最新かつ
重要なコンテンツが包括的に収録されています。

ScienceDirect上の詳細:
http://www.sciencedirect.com/science/referenceworks/9780123847331

※オンライン版の価格はご所属機関・ユーザ数によって異なります。
 詳しくはお問い合わせ下さい。
※2014年9月末日までにオンライン版買い取りモデル、または
 2014年8月末日までに冊子体をご購入いただいた場合は、
 定価より20%割引となります。

----------------------------------
6. Comprehensive Materials Processing(材料加工全書)
----------------------------------

材料加工と製造に関する論文や研究報告を集約した完全版。工業原料から
加工までの技術とノウハウを豊富な分析結果とともに紹介、従来の学術理論と
応用と共に、最新の知見をわかりやすく提供しています。凝固・粉末化・
蒸着・塑性加工や、工場・加工機械の設計、加工技術の分析評価、高温実験、
成分の特性や反応におけるプロセススケールの作用などがカバーされています。

ScienceDirect上の詳細:
http://www.sciencedirect.com/science/referenceworks/9780080965338

※オンライン版の価格はご所属機関・ユーザ数によって異なります。
 詳しくはお問い合わせ下さい。
※2014年9月末日までにオンライン版買い取りモデル、または
 2014年8月末日までに冊子体をご購入いただいた場合は、
 定価より20%割引となります。

----------------------------------
7. 2014 Reaxys PhD Prizeファイナリスト発表
----------------------------------

6月23日(月)にファイナリスト45名が発表され、Reaxys Prize Clubの
新メンバーに登録されました。9月21日(日)~24日(水)にスイスの
グリンデルワルトで開催予定のReaxys Inspiring Chemistry Conferenceでの
発表の機会が与えられます。

また、ファイナリストの中から、近日中に3名の受賞者が選出されます。

日本の大学のファイナリストは以下の方々です(五十音順、応募時の所属):
大町 遼 さん(名古屋大学)
高橋 講平 さん(東京大学)
Shaowei Hu さん(東京工業大学)
福島 知宏 さん(京都大学)
堀部 貴大 さん(名古屋大学)
溝口 玄樹 さん(北海道大学)
百合野 大雅 さん(京都大学)

グローバルサイト:
http://inspiringchemistry.reaxys.com/phdprize

日本語概要ページ:
http://www.elsevier.com/jp/online-tools/reaxys/phdprize

----------------------------------
8. 開催報告と資料公開:ライブラリ・コネクト・セミナー2014
----------------------------------
ライブラリ・コネクト・セミナー2014を東京(6月2日)、大阪(6月6日)にて
開催しました。ご講演いただいた甲南大学の甲元一也先生および参加者の
皆様にお礼申し上げます。

発表資料および参考資料を弊社ホームページに公開しました。
ご活用いただけますと幸いです。

参加者の皆様の声(抜粋):
・甲元先生のお話のような内容は、通常のセミナーでは聞けないものであり、
 現場の活用事例として大変役立ちました。製品紹介の部分も、
 業務上の広範に活かせるものとして助かります。
・甲元先生のお話が印象的でした。リテラシー教育に関して、
 図書館員としてどんなことができるか考えさせられました。
 また研究者支援についても興味深く話を伺いました。
 図書館だけでなく大学全体で取り組んでいけたらと思います。
・これまでもScopusを利用してきましたが、ほんの一部の機能しか使えて
 いなかったことがよくわかりました。研究者・教員としての活用法や
 考え方について知ることができ、大変有意義なセミナーでした。
・教員は身近にいるのですが、教員が学生にどのような指導をしているのか、
 なかなか聞くことができません。今回は貴重なお話をきくことができ
 良かったです。Mendeleyも良さそうなので、文献管理ツールを紹介する際は
 押したいと思います。

発表資料:
http://www.elsevier.com/jp/lc2014

----------------------------------
9. 開催報告と資料公開:エルゼビア 研究戦略セミナー2014
----------------------------------
6月24日(火)に大学・研究機関を強くする国際共同研究促進をテーマとして
研究戦略セミナーを開催しました。

米国カリフォルニア大学サンディエゴ校 国際担当ディレクターの
Ms. Michell L Hermasと、京都大学 南西地区URA室 室長 兼
シニア・リサーチアドミニストレーターの東眞氏にお話しいただき、
パネルディスカッションでは東北大学研究推進本部 ユニバーシティ・
リサーチ・アドミニストレーター 特任准教授の清家弘史氏をモデレーターに
お迎えし、議論をより深めていただきました。

また、Elsevier本社の研究分析サービス総責任者Said Tahaより、
国際共同研究に関するグローバルトレンドについてご説明しました。
弊社の研究マネジメント支援サービスの最新情報もご案内しました。

発表資料:
http://www.elsevier.com/jp/research2014