エルゼビア・ニュースレター: 2012年3月号

1. プロスパーネット/スコーパス若手研究者賞2012 応募募集のお知らせ
2. Encyclopedia of Human Behavior 2e.(人間行動学百科事典 第2版)
3. SciVerse ScienceDirect新クイックレファレンスガイドのご案内
4. 日本不整脈学会の学会誌「Journal of Arrhythmia」を発行
5. 日本呼吸器学会の学会誌「Respiratory Investigation」を発行
6. SciVerse ScienceDirect/Scopusバージョンアップ情報(2012年3月新機能)
7. 京都大学、SciVerse Scopusを使用した大学研究開発力の分析結果を公表
8. 日本化学会春季年会でReaxysセミナーを開催
9. 著者/査読者向け日本語ホームページをリニューアル

----------------------------------
1. プロスパーネット/スコーパス若手研究者賞2012 応募募集のお知らせ
----------------------------------

ProSPER.Net Scopus Young Scientist Award(プロスパーネット/スコーパ
ス若手研究者賞)は、アジア太平洋地域における若手研究者による持続可能
な開発のための研究活動を奨励する賞です。2008年の新設以来毎年実施され、
本年よりアレクサンダー・フォン・フンボルト財団の奨学金の対象となりま
した。2012年の募集カテゴリーは、次の3分野です。
・Sustainable Infrastructure、Sustainable
・Consumption and Production
・Health with a focus on Poverty Eradication

締切は5月15日。受賞者には、ProSPER.Net-Scopusより賞金USD$1,000が授与
されるほか、アレクサンダー・フォン・フンボルト財団の奨学金として、
ドイツの研究グループと6ヶ月~最長18ヶ月間で共同研究を行うための旅費、
滞在費が奨学金として支給されます。また、受賞者の氏名及び所属機関は広
く公表されます。貴学内の若手研究者のみなさまにぜひご紹介ください。

詳細情報はこちらから。
→ http://japan.elsevier.com/ysa2012/

----------------------------------
2. Encyclopedia of Human Behavior 2e.(人間行動学百科事典 第2版)
----------------------------------

18年ぶりの新版です。人間の思考、感情、その行動の背後にある生理学的機
能、行動や反応について包括的にまとめられています。さらに、生理心理学、
知覚、人格、異常心理学や臨床心理学、認知と学習、社会心理学、発達心理
学、言語学などの応用的な背景における最新のトピックも収録しています。

・タイトル詳細情報(価格情報を含む)はこちらから。
 → http://japan.elsevier.com/products/sd/hb.html
・SciVerse ScienceDirectホームページはこちらから。
 → http://www.sciencedirect.com/science/referenceworks/9780080961804

※ 2012年7月31日までにオンライン買い取りモデルまたは冊子体でご購入い
  ただいた場合は、定価より20%割引となります。

----------------------------------
3. SciVerse ScienceDirect新クイックレファレンスガイドのご案内
----------------------------------

SciVerse ScienceDirectクイックレファレンスガイドの新版(2012年4月版)
を作成いたしました。旧版(2010年9月版)以降のバージョンアップ内容を
反映しています。

PDF版は、日本語ホームページ「利用者向け使い方ガイド」のページからご
利用いただけます。
→ http://japan.elsevier.com/sdsupport/#user_guides

印刷版は、4月中旬に完成予定です。印刷版をご希望の方は下記サイトから
お申し込みください。完成次第、発送いたします。
→ http://japan.elsevier.com/qrgrequest/

※ 新学期のガイダンスの日程などでお急ぎの場合は、別途
  jp.pr@elsevier.com までご相談ください。

※ SciVerse Scopusクイックレファレンスガイドも改訂中です。PDF版は
  4月中旬、印刷版は4月下旬の完成を予定しております。

----------------------------------
4. 日本不整脈学会の学会誌「Journal of Arrhythmia」を発行
----------------------------------

2012年より「Journal of Arrhythmia」がエルゼビアから発行されます。
本誌は、日本不整脈学会およびAsia Pacific Heart Rhythm Society(APHRS)
のオフィシャルジャーナルです。年6回の発行です。

・日本不整脈学会のホームページはこちらから。
 → http://jhrs.or.jp/
・Asia Pacific Heart Rhythm Society(APHRS)のホームページはこちらから。
 → http://aphrs.asia/
・Journal of Arrhythmiaのタイトル情報(価格など)はこちらから。
 → http://www.elsevier.com/locate/issn/18804276 
・ScienceDirectのホームページはこちらから。
 → http://www.sciencedirect.com/science/journal/18804276

----------------------------------
5. 日本呼吸器学会の学会誌「Respiratory Investigation」を発行
----------------------------------

2012年より「Respiratory Investigation」がエルゼビアから発行されます。
本誌は、日本呼吸器学会のオフィシャル・ジャーナルです。年4回の発行です。

・日本呼吸器学会のホームページはこちらから。
 → http://www.jrs.or.jp/
・Respiratory Investigationのタイトル情報(価格など)はこちらから。
 → http://www.elsevier.com/locate/issn/22125345
・ScienceDirectのホームページはこちらから。
 → http://www.sciencedirect.com/science/journal/22125345

----------------------------------
6. SciVerse ScienceDirect/Scopusバージョンアップ情報(2012年3月新機能)
----------------------------------

3月18日にSciVerse ScienceDirectとSciVerse Scopusのバージョンアップが
あり、各種の機能強化が行われました。

・SciVerse ScienceDirectバージョンアップの詳細情報はこちらから。
 → http://www.elsevier.com/jp/online-tools/sciencedirect/news/sd_release_201203.pdf
・SciVerse Scopusバージョンアップの詳細情報はこちらから。
 → http://japan.elsevier.com/scopussupport/scopus_release_201203.pdf

----------------------------------
7. 京都大学、SciVerse Scopusを使用した大学研究開発力の分析結果を公表
----------------------------------

京都大学大学院経済学研究科の依田高典教授による、SciVerse Scopusを使
用した大学研究開発力の分析結果が公表されました。依田研究室は、文部科
学省の21世紀COEプログラムのうち8分野を対象に研究成果の促進効果を調査
し、量または質の観点から、5分野において当該プログラムが研究成果の促
進をもたらしたという結論に至りました。

・プレスリリース日本語版
 → http://japan.elsevier.com/news/newsreleases/index.html#19
・プレスリリース英語版
 → http://www.elsevier.com/wps/find/authored_newsitem.cws_home/companynews05_02251

----------------------------------
8. 日本化学会春季年会でReaxysセミナーを開催
----------------------------------

日本化学会第92春季年会の委員会企画として開催したReaxysセミナーを盛会
のうちに終えることができました。最近の合成反応研究におけるデータベー
ス活用の重要性や、実際の研究活動にどのようにReaxysを活用しているかを
ご紹介いただきました。ご参加いただいたみなさまにお答えいただいたアン
ケートでも高い満足度が得られたという結果となりました。

慶應義塾大学の垣内史敏先生、佐藤隆章先生、大阪大学の大橋理人先生の
発表資料はこちらから。
→ http://japan.elsevier.com/news/events/rx2012/

----------------------------------
9. 著者/査読者向け日本語ホームページをリニューアル
----------------------------------

日本語ホームページの著者/査読者向けのページをリニューアルしました。
出版のプロセス全般の情報や、著者/査読者向けの情報、本社からのニュー
スレターへのリンクも掲載しています。今後も著者向けの原稿執筆時の注意
点をまとめた動画など、コンテンツのさらなる充実をはかっていく予定です。

著者/査読者向けページはこちらから。
→ http://japan.elsevier.com/publishing/