The Academic Executive Brief Volume 2 Issue 2 2012

aeb_cover_2.2.jpg特集:チームサイエンス

英語版  英語版(PDF)   日本語版(PDF)

Ambitious and agile: The University of Bremen's institutional strategy for advancing research strengths at a mid-sized university 積極性と機動力:中規模大学の研究力を高めるブレーメン大学の戦略

ロルフ・ドレクスラー(ROLF DRECHSLER)、アキム・ウィーズナー(ACHIM WIESNER)、ブレーメン大学

The University of Bremen produces internationally competitive research, ranking especially high in volume of third-party funding for that research. Bremen has been notably boosted in its development by its capacity for internal cooperation and communication.
ブレーメン大学は、 設立後わずか40年でドイツのトップクラス に成長しました。現在、2012 〜2017年の大学戦略を遂行中で、学内 協力とコミュニケーションを大幅に強化し つつあります。

Guidance for team science leaders: Tools you can use
チームサイエンスのリーダーたちへ:役に立つツールのご紹介

ホリー・J・フォーク‐クレズィンスキ(HOLLY J. FALK-KRZESINSKI)、エルゼビア

The author explores recent findings about team assembly and composition, as well as trust and communication, and offers related tools leaders can use to implement effective practices in team science.
チームサイエンスのリーダーは、生産的な 学際研究を行う最も有効な方法を理解す る必要があります。この記事では、(1)チー ムのメンバー集めと構成、(2)信頼とコミュ ニケーション、という2つの分野に関して 最新の研究結果をご紹介します。リーダー の方々にチームサイエンスの効果的な実 践に役立てていただけるツールもご紹介 します。

The Malaysian experience: A new approach in managing multi-disciplinary research projects
マレーシアの経験:学際研究プロジェクトを管理する新しいアプローチ

モハマド・ジャイラニ・モハマド・ノル(MOHD JAILANI MOHD NOR)、マラッカ・マレーシア技術大学

Realizing that R&D excellence cannot happen in bits and pieces, the Ministry of Higher Education has launched a comprehensive initiative to create synergistic efforts in promoting R&D excellence throughout Malaysia. To secure the new incentives, all parties interested in conducting research in Malaysia, including university administrators, research offices, research groups and individual researchers, must now work together in multi-disciplinary and multi-institutional teams.
マレーシアでは、国家高等教育戦略計 画(NHESP)が策定され、高等教育省 (MOHE)内で研究開発を推進する国家 的な取り組みが始まりました。高等教育省の新しい奨励策を活用するに は、大学管理者、研究室、研究グルー プ、個人の研究者など、マレーシアでの 研究に関心を持つすべての関係者が協 力し、複数の学術分野、複数の機関に わたるチームを構成する必要があります。

Big Science teams built on research discovery and networking systems
研究発見とネットワーキングのシステムを土台とする大規模研究チーム

マイク・コンロン(MIKE CONLON)、フロリダ大学、クリスティ・L・ホームズ(KRISTI L. HOLMES)、ワシントン大学セントルイス校

In modern science, like never before, it often takes a top-notch team to maximize the discovery process and compete effectively for essential funding opportunities. Forming a world-class team requires a rich and varied type of research discovery, one in which member scientists have both a broad and deep awareness of what is going on in their discipline. To fully understand the 21st Century landscape of science, we now need networks to better collect, observe, disseminate, and evaluate what is going on in science. One such interdisciplinary network is VIVO, which comprises more than 100 institutions representing more than 1 million scholars and support staff across more than 25 countries.
科学界で起きていることを詳 細に理解するには、情報を収集し、観察 し、発信し、評価するネットワークが必 要です。そのような学際ネットワークの1つが、世 界の100以上の機関に属する学者100万人 が参加し、25か国にサポートスタッフを 擁するVIVO(http: //vivoweb. org)です。

Science at the interface: UoH's quest for innovation and excellence
界面における科学:革新と卓越性を追求するハイデラバード大学

ラム・ラマスワミー(RAM RAMASWAMY)、ハイデラバード大学

Many academic leaders believe that the most exciting developments of any given field lie along its boundaries with other disciplines. This article describes the various multidisciplinary centers established by the University of Hyderabad after it received a grant of approximately US $6 million to focus research in Interfacial Studies. Making faculty members think more about the ways in which disciplines can mesh has encouraged UoH colleagues to venture into exciting and unexplored regions of the academic landscape.
2002年、インドの大学助成委員会(UGC) は、業績の高い一部の大学に対して助成 を強化する方針を導入し、それらの大学 を(やや皮肉ですが)「優秀になる可能性 のある大学」に指定しました。この方針に 基づき、大学助成委員会はハイデラバー ド大学に約600万米ドルを提供し、「界面 的な研究」に力を入れるよう奨励しまし た。この曖昧な定義は、できるだけ多く の教員に助成金増額の恩恵を受けてほし いという期待の反映でした。