The Academic Executive Brief Volume 2 Issue 1 2012

aeb_cover_2.1.jpg特集:頭脳循環


英語版  英語版(PDF)   日本語版(PDF)

Attracting talent in a global academic world: How emerging research universities can benefit from brain circulation
グローバルな学術界における優れた人材の誘致:新興の研究大学が頭脳循環の恩恵を得る

ジャミル・サルミ(JAMIL SALMI)、世界高等教育専門家

Today we in India are experiencing the benefits of the reverse flow of income, investment and expertise from the global Indian diaspora. The problem of "brain drain" has been converted happily into the opportunity of "brain gain." — Manmohan Singh, Prime Minister of India Introduction As colonized nations in Africa, Asia and the Middle East gained independence in the 1950s and 1960s, one of the first decisions of...
現在、インドは、世界各地に移住したインド人からの収入、投資、専門知識の逆流の恩恵を受けています。「頭脳流出」の問題は、幸運にも「頭脳流入」のチャンスへと変わりました。-マンモハン・シン(Manmohan Singh)、インド首相
はじめに
1950年代から1960年代にかけて独立したアフリカ、アジア、中東の旧植民地諸国の新政府は、多くの場合、まず国立大学の設置に着手しました。各国の主要大学で、新しい国家の建設に必要な専門家やリーダーを育成することが求められました。しかし、50年後の結果は残念なものでした。シンガポール国立大学(NUS)のような少数の例外を除き、発展途上国のトップクラスの公立大学は、当初の期待に応えることができませんでした。

Zhaojun_Sun.jpg 

China: Building an innovation talent program system and facing global competition in a knowledge economy
中国:組織的な革新人材計画と知識経済における世界競争

ユ・ウェイ(Yu Wei)、チャオジュン・スン(Zhaojun Sun)、北京大学

The number and quality of a nation's innovation talents reflect its core competitiveness; consequently, in this knowledge-economy era, they are the priority resource countries around the world are competing for. China has a great demand for innovative talents, yet suffers the worst brain drain in the world Although the full-time equivalent of research and development (R&D) professionals in China reached 1.152 million in 2009,...
革新的な人材の数と質は、国の競争力に影響を与えます。つまり、この知識経済の時代には、彼らこそ世界各国が求める最も価値あるリソースです。中国は、革新的な人材を強く求める一方、世界最悪の頭脳流出に苦しんでいます。中国の研究開発(R&D)従事者数は、2009年に115.2万人(フルタイム相当)に達し、米国に次いで世界第2位ですが、中国人労働者1,000人当たりのR&D従事者数(フルタイム相当)は1. 5人にすぎず、OECD諸国を大きく下回っています。

UK study reveals that internationally mobile researchers are significantly more productive
国際的に移動する研究者の高い生産性を英国の調査が立証

アンドリュー・プルーム(Andrew Plume)、エルゼビア

In 2011, the UK Department for Business, Innovation and Skills commissioned Elsevier to produce the International Comparative Performance of the UK Research Base: 2011. The report assesses the performance of the UK's research base in comparison with seven countries: Canada, China, France, Germany, Italy, Japan and the US. It also looks at trends that may affect the UK's standing in key areas such as research output, knowledge transfer, human...
2011年、英国ビジネス・イノベーション・技能省(BIS)は、「英国研究基盤の業績に関する国際比較(2011年版)」の作成をエルゼビアに委託しました。この報告書は、英国の研究基盤の業績を、カナダ、中国、フランス、ドイツ、イタリア、日本、米国の7カ国と比較、評価するものです。また、研究成果、知識移転、人的資本、生産性などの主要分野における英国の地位に影響を与える可能性のある傾向にも注目します。

US research enterprise powered by international postdocs
外国人ポスドクが支える米国の研究事業

キース・ミコリ(Keith Micoli)、ニューヨーク大学

The Academic Executive Brief interviews Keith Micoli, Postdoctoral Program Director at New York University Langone Medical Center and former chair of the National Postdoctoral Association. (Note: Within the article postdoctoral scholars are referred to as postdocs, while "international" refers to a non-US citizen.) How many international postdocs are there currently in the US? Micoli: One of the most frustrating things I've...
The Academic Executive Briefが、ニューヨーク大学ランゴーン医療センターのポスドク・プログラム・ディレクターで、全米ポスドク協会元会長のキース・ミコリ(Keith Micoli)氏にインタビューしました。
現在、米国には何人の外国人ポスドクがいますか?
ミコリ:私がポスドク政策に関わってきたこの10年間で、最も不満なのが、ポスドクに関するデータの収集方法に一貫性がないことです。米国人ポスドクと外国人ポスドクに関する情報は、別々の2つの調査で収集され、場合によってはポスドクの定義も異なります。また、研究資金を提供する団体も、研究助成金を受けている個人の立場については重視していません。したがって、米国の科学的労働力を構成しているのはだれかという知識が抜け落ちています。