Reaxys Prize Clubシンポジウム in Japan 2017

《本シンポジウムは3月17日で終了いたしました。ご参加頂き大変有難うございました。》

Reaxys Prize Clubメンバーによる研究発表シンポジウム(日本化学会第97春季年会併設)

本年も日本化学会春季年会のコラボレーション企画にて恒例となりました「Reaxys Prize Clubシンポジウム in Japan 2017」を開催いたしました。本シンポジウムでは著名な研究者からの講演をはじめ、Reaxys PhD Prizeのファイナリストからの日々取り組んでいる研究の成果の発表をはじめに、エルゼビアの著者向けワークショップでは、アクセプトされやすい英語論文について御紹介いたしました。
ご参加頂きました皆様には、心より御礼申し上げます。
ご都合でご参加頂けなかった皆様からも発表内容を閲覧いただきたく、ご案内申し上げます。

※一部のセッションでは、発表資料非公開のものもございます。

[実施概要]日時・会場

日時: 2017年3月17日(金)13:30-17:00 ※学会2日目
会場: 慶應義塾大学 日吉キャンパス 第4校舎 独立館 D101  / Map
主催: エルゼビア・ジャパン株式会社
対象: 学会申込者(事前申込不要)、無料

プログラムのPDFはこちら>> pdf

プログラム

※プログラムには事前の告知なく若干の変更が入る可能性がありますことを予めご了承願います。
時間セッション名/演題/講演者講演
資料
講演者写真
13:30-

<開会挨拶>
 Opening Remarks

中村 栄一 先生 
(東京大学 総括プロジェクト機構 大学院理学研究科 化学専攻 
「革新分子技術」総括寄付講座 特任教授)
Dr. Eiichi Nakamura, 
Project Professor, Department of Chemistry (UG), 
Department of Chemistry (GR), 
Graduate School of Science, The University of Tokyo      

   PDF_ICON
  (744KB)
    UTokyo_DrNakamura 
13:40-
<特別講演> 
 Special Speech Session

特殊ペプチド創薬イノベーション
Pseudo – natural Peptide Drug Discovery and Innovation

菅 裕明 先生 
(東京大学 大学院 理学研究科 化学専攻 教授)
Dr. Hiroaki Suga, Professor
Department of Chemistry, Graduate School of Science,
The University of Tokyo
    UTokyo_DrSuga 
14:30-
 <招待セッション>
    Invitation Session

自己集合が導き出す新しい多面体型錯体群

Extended Goldberg polyhedra embodied by self-assembly

藤田 大士  先生
(東京大学大学院工学系研究科 応用化学 特任研究員/
 科学技術振興機構(JST)さきがけ研究者)
Dr. Daishi Fujita
Chief Researcher/JST-PRESTO 
Researcher, Fujita Lab, The University of Tokyo
   UTokyoJST_DrFujita 
14:55-
<Reaxys Prize Clubメンバーからの講演セッション 1.>
   Speech from Reaxys Prize Club Members - 1
                                                                                                             
巨大環拡張ポルフィリンの芳香族性
 Aromaticity of Giant Expanded Porphyrins

米田 友貴 先生 

(千葉大学大学院薬学研究院 創薬科学講座 助教) 
Dr. Tomoki Yoneda, 
Assistant Professor, Department of Physical Chemistry, 
Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Chiba University
 
PDF_ICON
(2.32MB)
    Dr. Yoneda's photo 
15:15-
<Reaxys Prize Clubメンバーからの講演セッション 2.>  
    Speech from Reaxys Prize Club Members - 2   

光をエネルギー源とする有機分子への二酸化炭素取り込み反応      
Incorporation of Carbon Dioxide into Organic Molecules Utilizing Light 
as Energy Source
                           
増田 侑亮   先生
(京都大学大学院 工学研究科 合成・生物化学専攻)
Dr. Yusuke Masuda
Department of Synthetic Chemistry and Biological Chemistry, 
Graduate School of Engineering, Kyoto University

   PDF_ICON
  (2.37MB)

    DrMasuda_KyotoU 
15:35-
<Reaxys Prize Clubメンバーからの講演セッション 3.>  
   Speech from Reaxys Prize Club Members - 3   

マレーシア産コプシアアルカロイドの全合成
Total Synthesis of Malaysian Kopsia Alkaloids

中 島 誠也 先生
(東京大学大学院薬学系研究科 /千葉大学大学院薬学研究院 / 
 理化学研究所 博士研究員) 
Dr. Masaya Nakajima, 
Postdoctoral Researcher, Graduate School of Pharmaceutical Sciences,
Faculty of Pharmaceutical Sciences, The University of Tokyo /
Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Chiba University/
RIKEN, Japan.

   PDF_ICON
 (4.54MB)
   DR_NAKAJIMA_PHOTO  
15:55-
<Reaxys Prize Clubメンバーからの講演セッション 4.>    
Speech from Reaxys Prize Club Members - 4   

ナノ空間で誘起される発光増強現象
Emission enhancement phenomena induced in restrictive nano spaces

石 田 洋平 先生
(北海道大学 大学院工学研究院 材料科学部門 助教)

Dr. Yohei Ishida,
Assistant Professor, Faculty of Engineering, 
Hokkaido University

   PDF_ICON
 (6.50MB)
   DrIshida_photo   
16:15-
<著者 向けワークショップ>
   Author Work Shop

アクセプトされやすい英語論文とは? ~出版社の立場から
How to Get Published in International Journals?
– From a Publisher’s Viewpoint


高橋 昭治
(エルゼビア・ジャパン株式会社 リサーチソリューションズ 
 ソリューションコンサルタント)

Mr. Shoji Takahashi, Solution Consultant,
Research Solutions, Elsevier Japan KK





資料
非公開
 
16:50<質疑応答>/Q&A Session  (全セッションに対する質疑応答)
16:55-
17:00
<閉会挨拶>/Closing
 Ms. Anna Ferretti, PhD, Scientific Affairs Assistant RELX Intellectual Properties SA
展示※ 慶應大学 日吉キャンパス 日本化学会書店展示コーナー 小間番号90 
エルゼビア・ジャパンブースにて、Reaxysをはじめ、エルゼビア製品の展示デモおよび新刊書籍、売れ筋書籍のサンプル展示を行います。是非お立ち寄りください。

Reaxys PhD Prize(Reaxys若手研究者賞)とは

Reaxys PhD Prizeは、2010年にエルゼビアが設立、若手研究者向けの国際的な賞として徐々に拡大し、今までに500を超える大学から2,500以上の応募をい ただいています。8回目となる2017 Reaxys PhD Prizeの募集開始は2017年1月を予定しており、受付の締め切りは同年3月13日となります。受賞者3名の賞金は2,000USDです。受賞者およびファイナリストはReaxys Prize Clubメンバーとなり、上海にて開催予定のReaxys PhD Prize Symposiumでの発表の機会が与えられます。

応募条件等の詳細および申請はグローバルサイトから。同賞日本語概要ページはこちら→日本語概要ページ

お問い合わせ

エルゼビア・ジャパン株式会社 
リーサーチソリューションズ 大学政府機関担当マーケティング 駒村
〒106-0044 東京都港区東麻布1-9-15 東麻布1丁目ビル4階
Tel: 03-5561-5034 Fax: 03-5561-0451
E-mail: jp.pr@elsevier.com