Reaxys Prize Club Symposium in Japan 2016

Reaxys Prize Clubメンバーによる記念講演(日本化学会第96春季年会併設)は終了いたしました。

ご講演頂いた先生方、座長の皆様、長時間に渡りシンポジウムにご参加いただ皆様にあらためて御礼申し上げます。
シンポジウムでは講演内容に多数のご質問をいただき、活発な質疑応答でより深く研究内容に関する情報を参加者の皆様と共有させていただくことができました。また次回開催が決まり次第ご案内申し上げます。

日時・会場

日時: 2016年3月25日(金)13:30-17:00 ※学会二日目
会場: S5 会場(同志社大学 京田辺キャンパス 恵道館  2階 203教室)
主催: エルゼビア・ジャパン株式会社
対象: 学会申込者(事前申込不要)、無料

プログラム広告はこちら>> pdf

プログラム

13:30-
開会挨拶/Opening remarks - about Reaxys PhD Prize

エルゼビア・ジャパン(株)
アジアパシフィック コーポレートチーム リージョナル・ディレクター 高久 雅楽子

Ms. Utako Takaku
Regional Director of APAC, Corporate Team, Elsevier Japan KK

講演資料(PDF)

 
13:40-

基調講演
合成化学から電子材料へ ~有機半導体の合成化学~
From synthetic chemistry to electronic materials ~Chemistry of organic semiconductors~

瀧宮 和男 先生 

(国立研究開発法人理化学研究所 創発物性科学研究センター 超分子機能化学部門 創発分子機能研究グループ
グループディレクター 博士(工学))


Dr. Eng. Kazuo Takimiya, Group Director
Emergent Molecular Function Research, Group Center for Emergent Matter Science, 
RIKEN Center for Emergent Matter Science

講演資料(PDF)

  
14:40-
ポストリチウム二次電池の開発 ~マグネシウム二次電池の創製に向けて~

Beyond Lithium-Ion Battery Technology : Rechargeable Magnesium Batteries          

マセセ・タイタス・ニャムワロ 先生 
(国立研究開発法人 産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域 電池技術研究部門 次世代蓄電池研究グループ  研究員 )


Mr. MASESE Titus Nyamwaro, Researcher
Advanced Battery Research Group, Department of Energy and Environment, Research Institute of Electrochemical Energy,
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)

講演資料(PDF)

Masese_sama_photo.jpg 
15:00-
非晶質ニッケルナノ粒子触媒による還元的炭素 ー 炭素結合形成反応; 塩の副生を伴わない卑金属粒子の還元的調製法
Amorphous Ni Nanoparticles Catalyst for Reductive C—C Bond Forming Reaction
– Salt-free Reduction of Nonprecious Transition-Metal Compounds –


百合野 大雅 先生 

(北海道大学大学院 工学研究院応用化学部門 有機工業化学分野 有機合成化学研究室 助教 博士(理学)

Dr. Mr. Taiga Yurino, Assistant Professor
Division of Applied Chemistry, Faculty of Engineering, 
Graduate School of Engineering, Hokkaido University

講演資料(PDF)