Reaxys Prize Club Symposium in Japan 2015

Reaxys Prize Clubメンバーによる記念講演(日本化学会第95春季年会併設)

日時・会場

日時: 2015年3月28日(土)11:30-13:30 ※学会三日目
会場: S6 会場(日本大学 理工学部船橋キャンパス 14号館2階1424教室)
主催: エルゼビア・ジャパン株式会社
対象: 学会申込者(事前申込不要)、無料

プログラム広告はこちら>> pdf

プログラム

11:30- 開会挨拶/Opening remarks - about Reaxys PhD Prize

David Evans PhD, Scientific Affairs Director, Reed Elsevier Properties SA

DrDEvans.jpg 
11:45-

特別講演
分子世界と実世界を結ぶ道
Chemistry Connecting the Molecular and the Real World

中村 栄一 先生 (東京大学大学院理学系研究科教授)
Dr.Eiichi Nakamura, Department of Chemistry, The University of Tokyo

講演資料(PDF)はこちら

12:25-
機能分子の自在修飾を指向した遷移金属触媒を用いる芳香環コアのアミノ化
Adding handles to classical functional molecules: Development of transition-metal-catalyzed amination 
          
村上 慧 先生 (名古屋大学 物質科学国際研究センター 助教)
Dr. Kei Murakami, Research Center for Material Science, Nagoya University

講演資料(PDF)はこちら
 
12:45-
分子の集合と多面体:自己集合の幾何学的制御  
Molecular Assembly and Polyhedra:Geometrical Control of Self-assembly

藤田 大士 先生 
(東京大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 助教)
Dr. Daishi Fujita, Assistant Professor, The University of Tokyo

講演資料(PDF)はこちら
13:05-
カーボンナノチューブの内部空間を利用した新物質創製 
Synthesis of novel nanostructured materials using the inner space of carbonnanotubes

大町 遼 先生 
(名古屋大学 物質科学国際研究センター 助教)
Dr. Haruka Omachi, Assistant Professor, Department of Chemistry,Graduate School of Science, Nagoya University


講演資料(PDF)はこちら

16:50閉会挨拶 
展示※ 日本大学 理工学部船橋キャンパス<<スポーツホール>> 小間番号66 
   エルゼビア・ジャパンブースにて、Reaxysデモを実施しております。是非お立ち寄りください。

Reaxys PhD Prize(Reaxys若手研究者賞)とは

Reaxys PhD Prizeは、2010年にエルゼビアが設立、若手研究者向けの国際的な賞として徐々に拡大し、今までに500を超える大学から2,200以上の応募をい ただいています。6回目となる2015 Reaxys PhD Prizeの募集期間は、2014年12月15日(月)~2015年2月16日(月)です。 受賞者3名の賞金は2,000USDです。受賞者およびファイナリストはReaxys Prize Clubメンバーとなり、スイスのグリンデンワルト開催予定のReaxys Inspiring Chemistry Conferenceで発表の機会が与えられます。

応募条件等の詳細および申請はグローバルサイトから。同賞の日本語概要ページ、歴代のReaxys Prize Clubメンバーのコメントもご覧ください。

お問い合わせ

エルゼビア・ジャパン株式会社 マーケティング 担当:駒村
〒106-0044 東京都港区東麻布1-9-15 東麻布1丁目ビル4階
Tel: 03-5561-5034 Fax: 03-5561-0451
E-mail: jp.pr@elsevier.com