Reaxys Prize Club Symposium in Japan 2014

Reaxys Prize Clubメンバーによる記念講演(日本化学会第94春季年会併設)

日時・会場

日時: 2014年3月28日(金)14:00-17:00 ※学会二日目
会場: 名古屋大学東山キャンパス 法経本館共用館3階 第2講義室(SA会場)
主催: エルゼビア・ジャパン株式会社
対象: 学会申込者(事前申込不要)、無料

プログラム広告pdf

シンポジウムは大盛況のうちに終了しました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。
ご講演いただいた先生の皆様にもお礼申し上げます。下記より発表資料をご確認いただけます。

ProfCAdachi.jpgDrHMiyamura.jpgDrTTanaka.jpgDrTIwasaki.jpgDrKTakeuchi.jpgDrKMurakami.jpg
安達千波矢先生 宮村浩之先生 田中隆行先生 岩﨑孝紀先生 竹内勝彦先生 村上慧先生
Professor Chihaya AdachiAssistant Professor Hiroyuki MiyamuraAssistant Professor Takayuki TanakaAssistant Professor Takanori IwasakiAssistant Professor Katsuhiko TakeuchiAssistant Professor Kei Murakami

DrDEvans.jpgReaxys_SAroom.jpgReaxys_Symposium_Speakers.jpgSA_sign.jpgSA_sign_DE.jpg

プログラム

14:00-

開会挨拶/Opening remarks - about Reaxys PhD Prize

David Evans PhD, Scientific Affairs Director, Reed Elsevier Properties SA

DrDEvans.jpg 
14:05-

特別講演
分子設計が拓く新しい発光分子ー高効率熱活性化遅延蛍光材料ーの登場
Materials design for highly efficient delayed fluorescence

 
安達千波矢先生(九州大学最先端有機光エレクトロニクス研究センター/
九州大学大学院工学研究院応用化学部門 教授)
Professor Chihaya Adachi, Kyushu University 

ProfAdachi
14:40-

多機能金属ナノ粒子触媒~Innovation and creation in heterogeneous catalysis inspired by Reaxys PhD Prize

宮村浩之先生(東京大学大学院理学系研究科 有機合成化学研究室 特任助教)
Assistant Professor Hiroyuki Miyamura, University of Tokyo 

DrMiyamura
15:10-

新規π拡張型縮環ポルフィリノイドの化学
~Chemistry of Novel Fused Porphyrinoids~


田中隆行先生(京都大学大学院理学研究科 助教)
Assistant Professor Takayuki Tanaka, Kyoto University 

DrTanaka
15:35-

第9族金属アニオン錯体を鍵活性種とする炭素―炭素結合形成反応
Carbon-Carbon Bond Formations by Anionic Group 9 Metal Complexes


岩﨑孝紀先生(大阪大学大学院工学研究科 応用化学専攻 助教)
Assistant Professor Takanori Iwasaki, Osaka University 

DrIwasaki
16:00-

ケイ素-ケイ素三重結合化合物ジシリンとアゾベンゼンとの反応によるSi2N2四員環ビラジカロイドの合成
Access to a Stable Si2N2 4-Membered Ring with Non-Kekulé Singlet Biradical Character from a Disilyne


竹内勝彦先生(京都大学化学研究所 助教)
Assistant Professor Katsuhiko Takeuchi, Kyoto University 

DrTakeuchi
16:25-

硫黄を鍵元素とする新規変換反応の開発について
- Development of new reactions utilizing sulfur as a key element–


村上慧先生(名古屋大学 物質科学国際研究センター 助教)
Assistant Professor Kei Murakami, Nagoya University 

DrMurakami
16:50-

閉会挨拶

Reaxys PhD Prize(Reaxys若手研究者賞)とは

Reaxys PhD Prizeは、2010年にエルゼビアが設立、若手研究者向けの国際的な賞として徐々に拡大し、今までに400を超える大学から1,700以上の応募をいただいています。5回目となる2014 Reaxys PhD Prizeの募集期間は、2013年12月16日(月)~2014年2月14日(金)です。 受賞者3名の賞金は2,000USDです。受賞者およびファイナリストはReaxys Prize Clubメンバーとなり、Reaxys Inspiring Chemistry Conferenceでの発表の機会が与えられます。 応募条件等の詳細および申請はグローバルサイトから。同賞の日本語概要ページ、歴代のReaxys Prize Clubメンバーのコメントもご覧ください。

お問い合わせ

エルゼビア・ジャパン株式会社 マーケティング 担当:神田
〒106-0044 東京都港区東麻布1-9-15 東麻布1丁目ビル4階
Tel: 03-5561-5034 Fax: 03-5561-0451
E-mail: jp.pr@elsevier.com