ライブラリ・コネクト・ワークショップ2010: 図書館マーケティング

ライブラリ・コネクト・ワークショップ2010を東京(8月26日)、大阪(8月27日)に開催いたしました。ご参加いただきました多数のみなさまにお礼を申し上げます。

~講師からみなさまへのご挨拶~

みなさま。美しい日本に招いていただき、ありがとうございます。今回は、「図書館マーケティング」についてのワークショップを行います。図書館のマーケティングについては、すでにみなさまが十分に行っておられると思いますが、企画を簡単に始めるためのツールとともに、内部的および外部的なマーケティングの重要性を他のスタッフに説明する際のポイントをご紹介します。みなさまにお会いし、図書館マーケティングに関するアイデアを聞くことができることをうれしく思います。みなさまとのディスカッションも楽しみです。偉大なフィリップ コトラー氏が言っているように、マーケティングは科学というよりも哲学ですから、何が一番うまくいく方法で、何がそうでないかはいつでも議論できるものなのです。みなさまと一緒に楽しく興味深い一日を過ごすことを期待しています。

図書館マーケティングに関するへリンスキー氏の著作物

図書館マーケティングマニュアル(日本語訳)2010年に講師として来日いただいたへリンスキー氏の図書館マーケティング・マニュアルがまとまり、日本語版ができました。このマニュアルには、世界各国で実施されたさまざまな事例がつまっています。
Marketing to get better mileage from your e-resources

図書館の電子リソースをさらに有効活用するためのマーケティング(日本語訳)
UKSGが出版した『The E-Resources Management Handbook』に掲載されたへリンスキー氏の論文です。
Zuzana Helinsky. A Short-cut to Marketing the Library. Candos Publishing (Oxford) Limited. 2008.へリンスキー氏の著書もご希望の方に差し上げています。

参加されたみなさまからの声

  • 「目標が明らかになりました。今後の業務に役立ちます。」
  • 「とても良かったです。明日から業務に活かしていきたいです。」
  • 「とてもわかりやすく、楽しく学び、考えることができました。13:00~17:00まで、話を聞くだけでなく、他の館員の方と意見をかわし、発表しあえたのがとてもよかったです。本日のことは、他の館員にも伝え、実践したいと思います。」
  • 「Interaciveで楽しい機会でした。ありがとうございます。」
  • 「とてもPositiveな講師のお話に図書館で働く楽しみと勇気がでました。ありがとうございました。」
  • 「図書館の現状がよくわかりました。他の機関の方ともお話ができ、いい刺激になりました。リアルなお話が聞くことができたので、本当に勉強になりました。」
  • 「世界の第一線で活躍されている方々の話を聞けることは、貴重な経験になります。ズザナさんの話はわかりやすく、実践的で、すぐに役立つものでした。次回にも期待しています。」
  • 「今一つマーケティングの概念がわからずに参加しましたが、お話を聞いて良く分かりました。マーケティングには勇気が必要ということが、とても勇気づけられました。がんばってみたいと思いました。よいワークショップをありがとうございました。」
  • 「参加型であったので楽しかった。マーケティングを少しでもできるところから実践していきたいと思う。」
  • 「経験豊かな講師の話と、他の図書館員とのグループワーク、どちらも多くの情報、考えを知ることができて、大変参考になりました。」
  • 「内部マーケティングの重要性がよくわかった!」
  • 「マーケティングは顧客のニーズを探り、それを満たす方法を考えることだと思っていたが、現状を分析し、『負け犬』をやめる、ということがマーケティングに含まれるというのは、新鮮なおどろきであったし、その通りだと思った。時間を捻出しないと、マーケティングも新しいサービスも実行できないので、非常に重要なアドバイスだと感じた。」

講師略歴

Ms. Zuzana Helinsky (ズザナ・ヘリンスキー)氏
ZH Consulting社、スウェーデン

ヘリンスキー氏は、図書館員の資格を持ち、国際ビジネスの幅広い経験を持っています。過去20年間、さまざまな仕事を通じて世界中の図書館にサービスを提供してきました。国際会議でしばしば演壇に立ち、セミナーやビジネス・クラスの講師としても活躍しています。

彼女は、国際的かつ革新的な購読代理店であるPrenax Global社のパブリッシャー・リレーションズ担当ディレクターを務めていました。世界各地の出版社との関係を構築・維持し、スウェーデン、米国、ドイツ、フランス、英国のオフィスにサービスを提供していました。

1990年代半ばからは、スウェーデン最大の図書館サービス会社であるBTJ社のインターナショナル・ビジネス担当マネージャーを務めていました。ここで彼女は、中東、トルコ、ギリシャ、中央ヨーロッパで100万ドル規模の新しいビジネスを立ち上げました。

1980年代半ばには、BTJの購読サービスを立ち上げ、その運営にあたりました。このサービスは1990年代半ばまでに2,000万ドル規模に成長し、BTJはスウェーデン国内の別の代理店を買収しました。それに当たり、彼女は2つのビジネス、オフィス、経営の統合と合理化を担当しました。

チェコ共和国からスウェーデンに移住後、ルンド大学で哲学と歴史学の学位を取得し、Boras Bibliotekshogskolaで図書館情報学の修士号を取得しました。ルンド大学の逐次刊行物担当部署で数年間働き、いくつかの役職を経験しましたが、当初は図書館の目録作成システムのアップグレードを担当しました。

ズザナの母国語はチェコ語で、ロシア語、スウェーデン語、英語も堪能です。また、スロバキア語、セルビア語、ポーランド語などのスラブ語のほか、デンマーク語、ノルウェー語などの北欧語でも実務が可能です。

※ ヘリンスキー氏のホームページ: http://www.zuzh.com
※ 著書:Zuzana Helinsky. A Short-cut to Marketing the Library. Candos Publishing (Oxford) Limited. 2008.
Zuzana Helinsky