著者の権利

エルゼビアは、研究論文を共有、配布し、最大限に活用したいという著者のニーズをサポートしています。エルゼビアは、オンラインレコードの管理人としての責任を負い、著者の権利に関するポリシーや手続きを徹底することで、学術論文保護しています。エルゼビアのジャーナルでが出版した自分の論文を再利用しする著者の権利は、エルゼビアの著作権に関する方針に定義されています。エルゼビアが保有するジャーナルの場合、著作権のタイプは著者の選択した出版形態によって決まります。

購読モデルのジャーナルに出版した論文:著者の権利は、著作権の移譲によって決定され、著者は自分の論文を掲載したり利用する学術的権利を保有します。

オープンアクセス論文:著者の権利は、専用のライセンス契約によって決定され、すべてのオープンアクセスコンテンツに適用されます。

どちらの場合も、論文を出版し、配布するために必要な基本的権利は同じで、エルゼビアの著者は自分の論文を幅広い学術目的に利用することができます。 

著者が自分の論文を再利用およびウェブサイト掲載についての方法は、以下で説明します。

ヘルプとサポート

著者による利用

著者が自分のジャーナル論文を利用する方法

著者は自分の論文を以下のような多様な学術的、非商業的目的のために利用できます。これらの権利は、購読モデルのジャーナルの論文またはオープンアクセス論文としてエルゼビアから論文を出版するすべての著者に適用されます。

エルゼビアの著者には、論文がエルゼビアのジャーナルに出版されていることを明記し、場合によってはScience Directに収録されている最終版へのリンクを記載するようお願いしています。

オープンアクセス論文の場合、これらの権利とは別に、読者は著者の選択したクリエイティブコモンズユーザーライセンスに定義される方法で著者の論文を再利用できます。

著者は以下のように アクセプトされた著者原稿 (AAM) または 出版された最終原稿 を利用できます
会議、ミーティング、教育目的に利用する 
所属する企業の社内トレーニングに利用する
論文を研究に使うために同僚に共有する*(いわゆる「学術的共有」)
著者の論文集を編纂する
学位論文に含める
論文の一部や抜粋を別の著作物に再利用する
派生的な著作物を制作する (商業目的を除く)

著者による共有

※ このページは、「Article Sharing」の日本語訳です。

エルゼビアのジャーナルに出版する著者は、論文の無料の原稿のコピーをレポジトリやウェブサイトに掲載することによって研究成果を共有することができます。エルゼビアが出版する論文を購読している研究者も共有することができます。これにはいくつかの簡単なガイドラインがありますが、論文のどのバージョンを共有したいのかによって異なります。

プレプリント  著者原稿  出版社版

.


.

プレプリント

  • 著者はプレプリントをいつでもどこでも共有することができます。
  • 論文が受理された場合、著者は、デジタルオブジェクト識別子(DOI)を使用してプレプリントから正式な出版社版にリンクすることが推奨されます。
  • 著者は、arXivまたはRePEc上のプレプリントを受理原稿で更新することができます。

注: 

  • Cell PressThe Lancet、およびいくつかの学会誌は、プレプリントに関する異なるポリシーを持っています。
  • 最終的な出版社版に似せる、またはそれを置き換える目的でプレプリントに追加や変更を行うべきではありません。

.


.

受理原稿

著者は、受理された原稿を以下の方法で共有することができます。

即時:

  • 非商業的な個人のホームページまたはブログに掲載する
  • arXivまたはRePEcのプレプリントを受理された著者原稿で更新する
  • 機関内での利用の目的で機関リポジトリに掲載する、または招待制の研究ワークグループの一部として共有する
  • コピーを学生または研究仲間に個人的な利用の目的で直接提供する
  • エルゼビアが契約を締結している商業サイト上の招待制のワークグループの一部としてプライベートな学術的な目的で共有する

エンバーゴ期間の終了後 :

  • 非商業的なホスティングプラットフォーム(機関リポジトリなど)で共有する
  • エルゼビアが契約を締結している商業サイトで共有する

すべての場合に、受理された原稿は以下の条件を満たさなければなりません:

  • DOIを使用して正式な出版社版にリンクする
  • CC-BY-NC-NDライセンスを付与する-これは簡単です
  • リポジトリなどのサイトで他の原稿と統合されている場合は、エルゼビアのホスティングポリシーに従った方法で共有されている
  • 出版社版に似せる、または置き換える目的でいかなる方法でも追加または変更を行ってはならない

.


.

出版社版

出版社版の共有に関するポリシーは、購読論文とゴールドオープンアクセス論文で異なります。

購読論文:

  • あなたが著者の場合は、論文のフルテキストではなくリンクを共有してください。何百万もの研究者がScienceDirect上の正式な出版社版にアクセスすることができます。リンクによって、ユーザーは利用可能なベストのバージョンを発見、アクセス、引用、利用できるようになります。
  • 修士論文および博士論文の正式な申請の一部として出版社版が含まれている場合は、授与機関によって公開することができます。DOIリンクを使用してScienceDirect上の正式な出版社版にリンクしてください。
  • あなたがScienceDirectを購読している図書館に所属している場合は、その契約に基づいてアクセスできる他の研究成果をプライベートで共有する権利も持っています。機関での授業および内部トレーニング(コースパックおよびコースウェアプログラムでの使用を含む)および助成金申請に論文を含めることができます。
  • それ以外の共有は契約に基づいてのみ許可されます

 ゴールドオープンアクセス論文:

  • 著者が選択したエンドユーザーライセンスに従って共有することができます。CrossMarkロゴ、エンドユーザーライセンス、ScienceDirect上の正式な出版社版へのDOIリンクを含める必要があります。

.


.

ヘルプとサポート 

定義

主な用語の定義

以下は、エルゼビアのポリシーに使用される主な用語のリストです。

論文の種類:

  • プレプリントの定義:プレプリントとは、著者自身が執筆した研究結果と分析であり、査読や出版社による付加価値(書式、コピーエディティング、技術的な改善など)は加えられていません。
  • アクセプトされた著者原稿(Accepted Author Manuscript: AAM)の定義:アクセプトされた著者原稿(AAM)とは、出版するために受理された論文原稿の著者版であり、投稿、査読、編集者とのやり取りを通じて著者が加えた変更が含まれます。しかし、コピーエディティング、書式、技術的な改善、ページ番号の付与など、出版社による付加価値は加えられていません。
  • 出版済みジャーナル論文(Published Journal Article: PJA)の定義:出版済みジャーナル論文(PJA)とは、ジャーナルに掲載された、あるいは掲載予定の論文の最終版です。コピーエディティング、書式、ページ番号付与など、出版社によるすべての作業を終えています。

商業利用とは:以下のように、有料、無料を問わず、営利目的で論文を使用または掲載することを意味します。以下のようなジャーナルが提供するサービスのを代行することも含みます

従業員の著作物を顧客に利用してもらうことを目的とした企業によるオンライン掲載(製薬会社、処方医師など)。

オンライン掲載した論文に直接広告を結び付けて商業的に宣伝することや、論文の配信またはアクセスに対して料金を請求すること。

組織的な配布とは:論文を集約してオープンに配布したり、ジャーナルの提供するサービスを代行することを意図した以下のような方針または仕組みを意味します。

  • 有料、無料を問わず、メーリングリストやリストサーバーを通じた(同僚以外の相手に対して)組織的な論文の配布。
  • 製薬会社など、営利目的の第三者による論文のリンクの掲載、。所属研究者や助成研究者の著作物を集約し、広く配布することを目的とした、研究機関、資金提供団体、政府の原稿投稿方針または義務化。
  • 特定の分野の研究者が著した著者版原稿(AAM)を集約、広く配布することを目的とした分野別リポジトリ。