このメールをブラウザでご覧になる方は こちら から


Newsletter #14 | March 2011 |
"Reaxysは有機化学に関する情報を探すベストツールです。
検索の自由度の高さ、入手可能な情報の強力さに大きな魅力を感じています"
教員, Canadian University

>   1月のアップデート:新機能&操作性の向上
>   ReaxysとIDBS電子ラボノートとの相互運用
>   Reaxysオンライン講習会録音版
>   検索のヒント − 効果的な検索方法: 官能基の変換方法
>   イベント情報

ご意見・ご質問に関しては、ご遠慮なく こちらまでご連絡ください。

Reaxys Forumについてお知らせ: Reaxys.comから、フォーラムをご利用いただけます。Reaxysで検索する際にログインした状態であれば、画面上部のナビゲーションバーの「Forum」タブをクリックするだけでフォーラムに入ることができます。検索方法に関するして意見交換したり、他のユーザーがReaxysをどのように活用しているかを知ることができます。是非一度アクセスしてみてください。

  1月のアップデート:新機能&操作性の向上

Reaxysは研究者の日々変化するニーズにお応えするため、継続的はアップデートを行っています。2011年に入ってから以下のように、いくつかの新機能が搭載され、また操作性の向上のための改良もなされています。

>   互変異性体検索機能の追加:反応検索や物質検索の際に、互変異性体を同時に検索できるようになりました。検索オプションから"Include tautomers"を選択してください。
>   化合物の名称から構造式作画機能の改善:化合物の名称を入力する際に、前方一致・後方一致・部分一致のオプションが選択可能になりました。
>   被引用論文リスト表示機能の追加:Reaxysのレコードの出典論文を引用している論文のリストが表示可能になりました。

>> 最新のアップデートに関する詳細はこちらから

  ReaxysとIDBS電子ラボノートの相互運用

Reaxysの検索結果を電子ラボノートに記載した実験結果と統合することができるようになりました。 

IDBSの電子ラボノートは実験データを容易に管理可能なソリューションとして、R&D部門で広く活用されています。

電子ラボノートとReaxys併用することにより、実験によって得られた結果とReaxysに収録されている既に公知のデータをスムースに比較することができます。

これは多くの研究者にとって重要な展開となるでしょう。なぜなら複数のインターフェースと情報源を行ったり来たりするフラストレーションが解消され、調査のプロセスがスピードアップされるからです。
薬物動態研究者は、ある代謝物がいつ公表された文献で言及されているかを容易に知ることができます。また、その代謝物に関する物性地についての情報を得ることも可能です。

ドラッグデザインを研究している化学者は特許や文献で報告されている化合物の物性値と社内に蓄積されている情報をすばやく比較することができるでしょう。
電子ラボノートに化合物の調製方法を記録している合成化学者は、文献で実証されている方法とを比較し、適切な合成ルートを見出すことができるでしょう。

今回のIDBSとエルゼビアのパートナーシップは、お客様からのリクエストにより実現したものです。IDBSとエルゼビアは今後も密接に開発を続け、Reaxysと電子ラボノートの更なる機能性向上を継続します。この連携が、研究の効率化に貢献できることを願っています。

>> 詳しい情報はこちらか

 
  検索のヒント
研究者はある時は広い検索結果を得たいと考え、またある時はできるだけ限定的な集合を作成したいと考えています。

塩化スルホニルをスルフィン酸に変換する方法を部分構造検索を利用して検索する事例を利用して、官能基の変換方法をより効率的に調査するにはどうしたらいいかを考えてみましょう。

>> 続きはこちらから
  イベント情報Events

3月26日(土)より開催予定であった日本化学会年会が、3月11日発生の東北地方太平洋沖地震により中止決定しております。同時に弊社出展予定の付設展示も中止となりました。

東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様やそのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。


  お問い合わせ先

〒106-0044
東京都港区東麻布1-9-15
東麻布一丁目ビル4階
エルゼビア・ジャパン株式会社  マーケティング  担当:田中
Tel: 03-5561-5034 (代表)
Fax: 03-5561-5047
E-mail: jp.pr@elsevier.com
日本語ホームページ: http://japan.elsevier.com

 
  Reaxysオンライン講習会録音版

エルゼビア・ジャパンでは新たな試みとして、製品のオンライン講習会を実施しています。
この度、Reaxysの反応検索について3種類の録音版を作成し、サポートページに掲載いたしました。
検索式の作成、結果の見方などをパワーポイントとナレーションでご紹介しています。5分程度の短い内容ですので、是非一度ご覧ください。
オンライン講習会のラインナップは今後拡充していく予定です。ご希望のテーマなどございましたら、こちらまでお知らせください。

> Reaxysでの反応検索方法@ 化合物名称からの構造式の作画

> Reaxysでの反応検索

 

方法A 検索結果の閲覧

> Reaxysでの反応検索方法B 検索結果の活用

 

1 If you wish to update your personal details or unsubscribe from receiving emails from Reaxys, please click here to change your email subscription preferences. Reaxys ツョ is a registered trademark owned and protected by Elsevier Properties SA and used under license. Copyright ツゥ 2011 Elsevier B.V. All rights reserved.

 




Forward to a Friend